体脂肪コントロール成功法!(FATOFF)

トップ1%のパフォーマンスを目指す 体脂肪コントロール実践者、トップ志望の格闘家、トレーナーのためのマル秘情報を配信!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ユーラシア

2006年12月19日 00時23分53秒 | 
12月18日月曜日  の「体組織」「食事」「運動」


     体重 55.7g     体脂肪率 8.2%
除脂肪体重 51.1kg    体脂肪量 4.6kg


 8時   トースト コーヒー 
14時   ごはん 焼き魚 煮物 じゃこおろし 味噌汁 
19時   ごはん サラダ グラタン 味噌汁 ビール350ml
22時   ビール350ml
23時   泡盛~~~

   

代謝 ( 中裏 )


有酸素運動  ( 計20分 )
筋トレ      ( 計0分 )
ストレッチ&コアトレーニング ( FATOFFコンディショニングEX 計0分 )








今年1年は かなり突っ込んで 日本史と世界史を研究した。


歴史を学ぶと 人間とか生命の流れ、方向が垣間見えるから
FATOFFのノウハウに生かすためにも 歴史を研究している。
(まあ~ なにより 好きなんだけど… 理屈じゃなく 好きなんです 笑 )


我々が無意識の衝動に突き動かされる行動やクセ と 集合無意識
の衝動が民族や国家、さらに帝国の流れなら 両者にはかなり 共通
の法則が流れているから という理由もあります。




テーマは はっきりしていて 日本史は 「大化の改新」以前の日本の
風景を探った。

世界史は、ユーラシア大陸史(移動を日常とする 遊牧系帝国の歴史)
の風景と そこに絡む 日本という視点からの風景を探ってみた。


探っていくと 両者にはシルクロード経由じゃない 共通点がたくさんある。
たぶん 死ぬまで続く 研究になるだろうが 笑  かなり 面白い!!


だって、知れば 知るほど 教科書で習った 歴史像とは まったく違う風景
がどんどん見えてきます!




歴史に消された 事実があまりにも多く、言葉や文字 それを教育に絡めた
時の メリット、デメリットを痛感した。



ぼくは レスリング、サンボと 中央アジアが極端に強い競技に25年以上
かかわってるけど  カザフ、ウズベキ、モンゴル、ロシア、イラン、もっと西に
広げて、アゼルバイジャン、アルメニア、グルジア、… なぜ この競技で 
これらの国が強いのか?  歴史から見て かなり理解できた。


日本の神社の成り立ちや 天皇制のからくりも 「大化の改新」以前を探って
いくと 一気に見えなかった部分があぶりだされてくる!



なんの事だか ??? わからないと思いますが、関連事項として、今年の
冬至は 22日だそうです!


FATOFFで言えば 今年の12月22日が「ゼロポイント」です!
一年の終わりとして 冬至を祝いましょう~~~
(ここは 上に書いた歴史の話と 冬至がかなり密着した関係だからです 笑 )









FATOFF ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.fatoff.jp/top.htm





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ここ3日の記録 | トップ | リバウンド! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
早速のご回答、ありがとうございます! (紫頭)
2006-12-19 21:41:23
「試合前のイライラは解放せず、試合まで溜め込む」とは驚きでした。「いかに溜め込まず、平常心でいられるようにするか?穏やかでいられるようにするか?」という仙人の様な心境に持ってく必要があるのかと思っていたからです。
 
 先生から頂いた“メンタルリハーサル”の方法、通常の状態でも非常に難しいと感じていたのに、これをさらに“試合前のイライラ”がある状態で同時に可能にするなんて…。すみません、今の私では考えるとちょっと頭が混乱しています。
 本人のイライラに対して、「私自身がどう接すればいいか」も考えていましたが、接しない方がいいんですねぇ。(笑)

 
 「代謝(中裏)」については、とても分かりやすい説明でイメージが掴めました。でも、それを実際に自分の体で感じるようになるまでには、まだまだ程遠いです…。
  
 自分の体の中で四季を感じている人って殆どいないんじゃないでしょうか?私は「自分の体にも地球と同じ周期がある」ということを理解せずに過ごしてました…。
 学生の頃は一年の始まりは4月1日という感覚がありますし、夏は夏休みがあるのでダラけてしまう。大人になってからは、1年中が一緒くたになってしまっている気がします。夏至・冬至を気にしたことは一度もありません(私だけでしょうか…笑)。気温の一番高かった日が夏至、寒かった日が冬至、そんな気すらしてしまいます。

 何だか、取り留めのない事を長々と書いてしまって、すみません。先生が伝えたい事の一かけらも理解できてないかもしれませんね…。

 
Unknown (ささき)
2006-12-21 00:20:58
あはは~ なるほど!

一方では 平常心のメンタルコントロールして
もう一方では 減量と試合前特有のストレスを抱えてイライラしてる!

どっちも 共存しながら 試合に向かっていくんです!


矛盾って実は本質なんです 笑



まあ~ 当然! 試合前のイライラにまわりが気使っても 何もフォロー出来ないばかりか 当事者(選手)がここぞとばかりに その気づかいに 甘えてくるから 甘やかさないで 突き放してあげてください! 笑


その イライラは メンタルセットで自分で解決するか? 試合で放出するか? どっちかなんだ!と

つまり、自分次第! 自分でしか解決できない問題なんです~~


試合前に イライラしてても 放っておいて下さい 当たり散らしたら ぼくに相談して下さい 笑


張り倒しときますから あはは~~





コメントを投稿

」カテゴリの最新記事