体脂肪コントロール成功法!(FATOFF)

トップ1%のパフォーマンスを目指す 体脂肪コントロール実践者、トップ志望の格闘家、トレーナーのためのマル秘情報を配信!!

FATOFF会員 Tさまの感性=これぞFAT・OFF体脂肪コントロール!!

2013年12月18日 09時55分32秒 | メールナビ サンプル

▼▼

FAT・OFF会員Tさんのコメントを転載します
Tさんのライフワークです 

これこそが正に FAT・OFFです

 



常に自分のカラダで起こった反応を受けとめ
  ↓ 
カラダの反応から次に活かす
  ↓
これを繰り返す


これが ダイエットじゃない FAT・OFFの体脂肪コントロールです





★★ Tさんコメント ★★

先日から、かなり大きく体調を崩してしまい、
数字上はまあまあなのですが、
むくみ感やお通じの不調、睡眠障害、異常なコリ、
など中身は問題だらけです(>_<)

数字にまだ出ないのが不思議ですが、カラダの感じではプラス2キロ
ぐらい重く感じています。

そんな体調が悪い状態だからこそわかった!って感じで、
砂糖の与えるダメージが実感できました。
今日頂き物のクッキーを一枚味見してみました。
甘さ控えめとかは全然気にしていなさそうな、
砂糖(多分バターも)たっぷりのリッチなクッキーでしたので、
たった一枚とはいっても重量の1/3ぐらいは砂糖だった(;゜Д゜)のかもしれません。

食べるとあまりの甘さに口がピリピリし、
すぐに胃が不快(軽い胃もたれで動きが止まる感じ)になり、
腸も張ってきて下腹がカチカチになり、ドローインができなくなりました。
消化器の動き全般が悪くなるような感じで、膨満感は今も続いていて、
とにかくお腹全体が不快です。
これで明日のお通じも悪ければ、
砂糖は消化器の動きを鈍らせる、ことが確認できそうです。

普段甘いお菓子やパンはめったに食べないので、
普段食べつけないものを調子悪いときに食べたことで、
砂糖の作用がいつもよりよくわかったのかなと思います。
同じ甘くても果物や蜂蜜を摂ったときには、
こんな風にはならないので、全然違うカラダの反応です。
薬なんかよりも反応に即効性があり、
体質にもよるのでしょうが、自分は極力摂らない方がよさそうです。

ひょっとして今までの「なんだか調子悪い」の原因に、
砂糖が関係していたことも結構あったのかも!?
と思い当たりました。
なにげにいろんな加工食品にたっぷり入っているので、
これから気をつけようと思います。



▼▼
いかがですか?
まずは 体重が減ってるからよしとしないで 問題点 課題をしっかり
把握してるでしょ?  今の体重より2kg重いくらいの感覚ですと
つまり このまま進んでいけば 必ず2kg増になる兆しをここでキャッチしてるのです
普通は 「体調悪い割には 体重が減ってる」 
あるいは 「体重が増えてない よかった~」 これで終わりますよね?
体重が減っても危機感をもって対処してるのです
今のままじゃヤバいと

次に 甘いものを食べて体調が悪くなったことを 何でこうなったか?
をじっくり検証して次回へ活かそうとしてます
普通なら 「ああ~食べてしまった」 
あるいは「食べたから体調も悪いんだ 最悪~~」 
で落ち込んで終わりますよね?

Tさんは 体調や体重に一喜一憂してないところがFAT・OFFです
カラダと対話するとき 感情なんか必要ありません
ただありのままを受け止めて 次回へ活かすだけです

これを トライ→レスポンス→フィードバック といいます




コメント

本日配信の メールナビ無料公開

2012年04月17日 06時41分21秒 | メールナビ サンプル

~ 週間体重コントロール計画の立て方 ~ 【 FATOFF メールナビ&ニュース 4/17 】



 

このメールは FATOFF会員さま一斉配信のBCCです

 

◆第2ステージ 対応情報です◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月16日~4月22日までのテーマは

 

◆ 週間ゴールアジャストスキル

◆ 生理リズムに沿った体脂肪コントロール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

= 【FATOFF メールナビ&ニュース】 =

 

 

  

 

 

~ 週間体重コントロール計画の立て方 ~

 

★★

先週は 代謝を後回しにしてまで まずは体重を落とすワーク

に取り組んでもらいました

今週からは また徐々に代謝を上げつつ 体重も落としつつ

体脂肪コントロール進めていきますよ

 

 

 

過去の M‐シートから 1週間の体重の推移を読みましょう

増減の折れ線グラフのパターンは ほとんど同じでしょ?

基本的な生活パターンは 常にランダムってことはあり得なく

ほとんど同じパターンの1週間の推移を繰り返してるだけ

だからです

(変化があったとしても 3パターンくらい準備すれば完璧です)

 

 

 

よくある傾向は 

 

・金曜日くらいに向かっていったん体重が増えて土日で体重が減る

パターン

 

・土日で体重が増えるパターン

 

・週の前半に体重が減り その後中盤から徐々に体重が 増える

パターン

 

 

 

こういう 1週間の体重の増減パターンに沿った 週間体重減の

計画を立てればいいのです

(先週は この視点を 1日の体重の増減から 手の打ち方を

 読む方法を体験していただきました 今週は1週間の視点に

時間枠を広げてますよ)

 

 

 

1週間の体重の推移は 1日の体重の推移と同じで 増減幅が

ダイナミックな方が体重のコントロールはたやすくなります

 

反対に 増減幅の狭い推移や 一直線に月曜日から日曜日に

向かうような計画だと縮小均衡に堕ち 代謝が下がるため後半

の体重減に苦戦することになります

 

 

ダイナミックがキーなのです

 

 

 

▼▼

計画を立てたら それを実行していくわけですが 実行のポイントは

「体重が増えすぎないように」 とネガティブ思考で進めるんじゃなく

毎週同じパターンで落ちてる曜日を見つけ出し この日にもっと体重が

落ちるように この日の落ち幅を大きくする工夫をすればいいのです

 

さらに この前後で調整すればもっと体重が落ちます

 

 

その際の思考はこれです

http://blog.goo.ne.jp/yutafatoff/e/64997403fd84a14d2a36d0bc1d5f0a0a

 

 

★★

どの日にエネルギーを集中して体重減のリズムを作ったらいいか?

思考に迷ったら  迷わず相談ください

 

その際 最低でも 3週分の曜日別体重の推移のデーターもよろしく

お願いします

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の課題

 

・今週の日々の目標数字を立てましょう

 ダイナミックなメリハリで立ててください

 

ポイントは 

1 体重を落とす日

2 体重を停滞させる日

3 体重が増えることを容認する日

 

この 3つをはっきりさせ それぞれを数字で示すことです

 

 

立ててたら 計画を返信ください

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月16日~4月22日までのテーマは

 

◆ 週間ゴールアジャストスキル

◆ 生理リズムに沿った体脂肪コントロール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

▼ FATOFF cafe 

http://ameblo.jp/fatoffcafe/

調理の工夫の実務&エクササイズを学んでください

 

*   畑中明子は FATOFF公認コーチ&トレーナーです

 

--------------------------------------------------

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■有限会社 FATOFF  

                      

神奈川県相模原市千代田3-13-3 

■佐々木 豊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 


コメント

有料プログラム メールナビの本日配信版を 無料公開します

2012年04月07日 00時06分24秒 | メールナビ サンプル

~ 成功に至れる思考! 成功に至れない思考! ~ 【 FATOFF メールナビ&ニュース 4/6 】



毎日何百人もの会員さまと メールの対応してると 

成功に至れる思考パターンと 成功に至れない思考パターンが

どんな傾向か 一発で分かるようになってきます

 

カラダを変えることが出来る人 と 変えることが出来ない人の

違いのことです

 

本当にちょっとしたことなんですが 明らかに結果が違ってくる

思考パターンを紹介しますので 「あっ!」と気づけた方は

是非 思考パターンを改めてください

 

 

 

▼▼

成功に至れない思考パターンから紹介します

 

自己評価を 必ず改善点から行う方は ずーとカラダを

変えることができないのです

 

ぼくは常々 1週間の自己評価にしても日々の自己評価に

しても 反省から入らないように と言っています

反省から入るのと 改善点から入るのは同じ理屈です

 

これはダメな自分のあら探しです

 

すると ダメな自分というセルフイメージを 脳みそに自分で

刷り込んでる作業になってしまってます=この改善点が改善

される確率は低いのです 仮に改善されても一時的なもので

忘れたころに同じような 改善点がまた起動してしまうように

無意識が働きます(ホメオスタシスが同調しちゃいます)

 

 

 

▼▼

一方 アスリートも 一般の方の体脂肪コントローラー

(目標体重まで向かってる方 体型を変えてる方)の方も同じ

ですが  どんな些細なことでも 小さいことでも よかった点を

大げさに評価できる方は マジで伸びてしまうのです

 

「オレって(私って)すげーでしょ」くん です

 

この思考じゃないと 自己更新を続けていけないのです

 

 

 

▼▼▼

改善点を見つけて その問題点を解決するという思考に慣れて

しまってるのでしょうが  この思考での改善効果は せいぜい

120%です  効率が良くなるだけです

 

一方 自分の良さを伸ばす方向に視点を向けれる方は 改善や

改革じゃなく 自己革命を起こせます

この場合革命効果は 500%とか 1000%の次元です

 

 

 

 

戦略やマネジメントの視点で言えば 自分の強みに集中できる

タイプは革命的な自己更新の可能性を秘めてます

 

自分の弱みの改善に集中するタイプは鳴かず飛ばずの成果しか

上げれないという傾向です

 

ビジネスでも同じでしょ? 真面目でコツコツ努力して 常に

自己反省を続けるタイプは 大出世しないでしょ?

オペレーションの効率を上げてるだけだからです

 

 

自分の良さや強み(ちょっとしたよさでもいいんです)をまず探す

タイプの意識は未来に向かっています

 

自分の問題点や改善点をまず探すタイプの意識は過去に向かって

います

 

未来は新しい自分を創ることが出来るスペースですが

過去はまだ未達成の自分のままなのです

 

どちらに目を向けるべきかわかりますよね?

 

だからこそ 先に、優先的に、よかったところを少しでも見つけて

ここを伸ばしていく 広げていくことにエネルギーを集中させるのです

ここに思考を集中させるのです

 

 

▼▼

そして この場合の自問のセルフトークは決まっています

 

 

エラーセルフトークは「なんでこうなってしまったのか?」という

質問を自分の脳みそに投げて犯人捜しをします

 

原因探しのセルフトークですが 原因を探しても改善は出来ますが

革命を起こすアイデアは原因探しや そこから上がってくる問題解決

では到達できないのです

 

 

GOODセルフトークは「どうしたらゴールに到達できたか?」

「どんなよかった点をもっと伸ばすか?(広げるか?)」この質問

です

 

ここから導かれる回答は 原因探しからは到底たどり着けない

アイデアなのです

 

 

▼▼

いかがですか? この違いが分かりますか?

実は 自分を変えることが出来ないタイプの方は 上の文を読んで

違いが見えない(読めない)という傾向にあります

 

上の文を読んで 「あっ!」と気づけた方は 当然 未来に向かって

カラダを変えて行ける可能性を秘めてるということなります

 

「自分の小さなよさ探しに成功して ここを広げる視点を持ち始めた

ということになるからです」

 

なるほど! やっぱりわたしは 自分の改善点ばかりに目が行って

たな~ と思えた方は 是非 思考を切り替えていきましょう

 

 

いますぐ!

 

 

 

カラダを変える とか 成功を手にする っていうのは 実はこんな

ところに岐路が潜んでたのです

 

ぼくは この思考法を<勝利の女神の微笑>と呼んで

非常に こだわっていますし重宝しています

 

 

 




コメント

11月スタートクラスの 本日のメールナビを公開します

2011年11月16日 09時13分40秒 | メールナビ サンプル

~ 体脂肪コントロールの成功は矛盾を超えること ~ 【 FATOFF メールナビ&ニュース  11/16 】


このメールは FATOFF会員さま一斉配信のBCCです

 

 

◆第1ステージ  対応情報です◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月3週(11月14日~11月20日)の課題テーマは

 

◆  有酸素運動の習慣化

◆  お腹の重さ と 体重の関係を観察

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

= 【FATOFF メールナビー&ニュース】 =

 

 

 

 

 

 

 

 

~ 体脂肪コントロールの成功は矛盾を超えること ~

 

 

★★★

カラダをまわし 代謝を維持しながら 余分な脂肪を燃やし続けるには

 

 

 

● 食事は 

 

1、次の食事までに胃の中が空っぽになってること

2、必要栄養素が確保できてること

 

この2つの条件が必要です

 

 

 

● 運動は

 

1、運動量を確保すること

2、次の運動までに疲労が抜けてること

 

この2つの条件が必要です

 

 

 

 

 

ただ、この2つの条件は 矛盾してるところが問題です

 

次の食事までに胃の中が空っぽになってるようにだけ意識すると 

必要栄養素が確保できません

 

必要栄養素を確保しようとすると 胃の中が空っぽにならない状態で

次の食事を重ね、代謝がドンドン下がっていきます

 

 

運動も同じです ノルマとしての 運動量を確保し続けると必ず

慢性疲労状態で 日々を送ることになります

 

疲労を抜くことばかりに集中しすぎると 運動量が確保できません

 

 

 

脂肪燃焼は この矛盾した2つの両方を確保できないと途中で停滞し、

挫折しやすくなります

 

 

 

 

でも 矛盾なので 両方確保するのは難しいです

だから なかなか目標体重や目標体脂肪に到達しないし、到達

しても なかなか維持できず リバウンドしてしまうのです

 

 

そこで 戦略的な発想が必要になります

 

まず 大事なことは  体重を落とす=余分な脂肪を落とすため

の条件、世界共通の条件は?

 

 

軽めの食事(食べすぎない) と よく動く習慣(必要運動量確保)

が絶対条件となります

 

結果的に 消費カロリー > 摂取カロリー  が条件ということです

 

 

 

 

この条件を満たした上で 2つの矛盾のどこで線を引くか?

ここを戦略的に考えます(そういうカリキュラムに編集してあります)

 

● 胃の中が空っぽになってから食事 ←---→ 必要栄養素確保

● 運動量確保 ←---→ 疲労が抜けてから次の運動 

 

 

 

 

★★ 重要1

 

軽めの食事(食べすぎない) 習慣確保のために

まずは 多少栄養不足になっても まずは 胃の中が空っぽになって

から食事を摂る ということだけに集中します

この習慣が定着して はじめて必要栄養素確保を考えます

 

必要栄養素確保から入ると 食べすぎ傾向になりやすいからです

 

この ←---→ やじるし の左よりの線からスタートして だんだん真ん

中で線を引けるようにコントロールしていきます

 

先週の取り組み課題のことですね 第1ステージ~第2ステージの最初

の2、3ヶ月はこの方向で進めます

 

お腹が重い=代謝が下がってるので 体脂肪コントロールが進んで行

かない ことをカラダに覚えこませましょう

 

 

この何週間で 気付けた方も多いと思いますが お腹が重い状態では

運動効果は出せないのです つまり、お腹の軽さ と 脂肪燃焼の運動

は常にセットになってないと うまく脂肪燃焼に点火できないということです

 

 

 

 

 

★★ 重要2

 

運動のスタートは 食事の取り組みとは反対になります  

よく動く(必要運動量確保)習慣確保のために まずは 多少疲労が

残っていても まずは 最低限の運動量は確保する ということだけに

集中します  この習慣が定着して はじめて疲労を抜くためのコント

ロールを始めます

 

疲労をためない方向から入ると 運動量が確保できない問題がクリア

できないからです

 

この ←---→ やじるし の左よりの線からスタートして だんだん真ん

中で線を引けるようにコントロールしていきます

 

今週の取り組み課題のことですね 第1ステージ~第2ステージの最初

の2、3ヶ月はこの方向で進めます

 

ここは食事と反対ですが 運動量がまず確保できないと何も始まらない

からです

 

 

 

 

 

 

▼▼

1、有酸素運動への取り組み始まりましたか?

2、食の感覚の観察~改善策まで打てましたか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月3週(11月14日~11月20日)の課題テーマは

 

◆  有酸素運動の習慣化

◆  お腹の重さ と 体重の関係を観察

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

--------------------------------------------------

▼ FATOFF cafe 

http://ameblo.jp/fatoffcafe/

 

 

調理の工夫の実務&エクササイズを学んでください

--------------------------------------------------

 

 


 

コメント

代謝の全体像

2011年07月14日 08時14分03秒 | メールナビ サンプル
★ メールナビ サンプル
 
 
 

= 【FATOFF メールナビ&ニュース】 =
 
 
 
 
 
 
~ 代謝の全体像 ~  
 
 
 
3つの代謝の切り口とは?
 
 
1、お腹の重さ
2、疲労度
3、チューニング
 
 
ですが これら 3つはひとつのものなのです
ひとつの代謝というかたまり を 3つの切り口から評価してるという
ことなのです
 
 
よくある間違いは これら3つの切り口を別々に扱う方です
こららの3つの関連性を考えないで 代謝改善に取り組んでも なかなか
結果は出ません
 
3つはひとかたまりなのです
 
 
 
 
3つがひとかたまりということを 工場の生産性 を代謝に例えて
表現してみますね 


生産性とは  ある時間内にこなせる仕事量のことです
 

 ★
今までと同じ作業量で、給料が下がるとモチベーションが低下する
から生産性が下がるのは分かりますよね?

これは栄養不足で代謝が下がってる状態と同じです
 
 
あるいは 同じ工場で100人で効率よく作業できてた中に さらに
100人の増員がありました  人数が多すぎて生産性が下がるの
は分かりますますよね?
 
これは 栄養過剰で代謝が下がってる状態と同じです
 
 
この場合は 200人が働きやすくするために 工場を大きくする
ことが生産性を上げることにつながりますよね?
 
食べ過ぎると カラダが大きくなる法則と同じです
 
 
給料が増えて お金に余裕が出て 工場を増床するのも同じですね
食べ過ぎると カラダが大きくなるのです
 
 



今までと同じ給料で 休みがなくなり作業量が増えたらどうでしょう? 
疲れが溜まって生産性が落ちますよね?

カラダもそのままです 休みがないと疲れが溜まって代謝が下がります




あるいは 給料も今まで通りで 休みがしっかりあっても  工場で稼動
してる機械が傷んだり 故障したりすると やっぱり生産性は下がりますよね?


カラダにあてはめてみると  筋バランスが崩れたり、上手くカラダが使えて
ないと チューニングが崩れてるので 代謝が下がってるのです
 
 
 
 
この時期は 外で動くと脂肪燃焼より 消耗が激しくなるので効率よく
脂肪が燃えないと ブログに書きました
 
カラダが消耗して代謝が下がってるから 効率よく脂肪が燃えないのですが
 
この改善は 休養 と 栄養補給 です
 
 
これを 工場に例えると
 
 
工場のエアコンが壊れて 暑い室内での作業
あるいは 工場で稼動してる機械が傷んだり 故障して 生産性が落ちる
のと同じ状況です
 
 
 
 
 
 
いかがですか?
代謝のイメージが構築されましたか?
 
工場内の生産性を上げるために 工場の環境を整え従業員が働き
やすくすること=代謝を上げるです
 
体内の自動作業が稼動しやすいように 3つの切り口から環境を整える
ことなのです
 
 
 
お腹の重さ → 食べ過ぎないこと
 
疲労度 → 必要栄養素確保 睡眠確保 休みを作る
        有酸素運動のメリハリリズム
 
チューニング → 上の2つの意識と 筋肉が動きやすい状態を準備する
 

 
コメント

<ケアストレッチの視点 2 > メールナビ公開

2011年05月09日 08時38分56秒 | メールナビ サンプル
 
 
 
~ 代謝回復=ケアストレッチの視点 2 ~

 
 
 
このストレッチに関して Tさんから質問を頂きましたので ぼくとの
やり取りを公開します  情報を共有してください
 


帰省の際にされていたストレッチは、レスリング仕様(そういうのがある
かわかりませんが)なのですか?
 
筋トレ時のインターバルで行う乳酸除去ストレッチの参考にしたいです
その時々でカラダの求めるものが違うので、バリエーション(選択肢)が
あると良いなあと思ってます。
 
 
 


基本的には どの筋トレにはどのストレッチという組み合わせじゃなく
伸ばしたい場所に近いストレッチがあれば そのストレッチで狙う筋肉を
確実に伸ばせるようにカラダの使い方を工夫する  
カラダからアジャストしていくという方向なんですよ
ストレッチの種目でアジャストしていくという方法をとってません
 
だから 特にぼくの場合 バリエーションが少ないと思います
同じストレッチでも伸ばす場所を変化させながら対応していきますので
 


レスリングの場合 首の筋力が尋常じゃないので 首まわりのストレッチ
を四六時中行ってました
 
あとは背筋  これはねじりストレッチで ねじりながら背骨を伸ばしたり
丸めたりして 狙う筋肉を確実にストレッチしていきます 首も同じです
 
それと 腰のストレッチは 通常のヒップストレッチと 腰のストレッチ
(イチローストレッチの座ったバージョンです)
 
首ストレッチ ねじりストレッチ 腰ストレッチ 二の腕裏(右腕のみ) 
の4つを何度も繰り返しただけですよ~
 
 
 


おっと!そうでした。 ストレッチもゴールからのアジャスト!ですね。
 
筋肉を鍛え、でも疲労が残らないように代謝UP。
たんぱく質摂取(脂肪が必ずついてくる)と同じ、『矛盾』の模索ですね。
 
意識を変えてもっと工夫してみます(^O^)/
 
 
 


佐々木さんにメールをすると、
方向が修正されますね~
 
今日は早く帰れたので、
そうだ!と
ちょうど18時から同じ時間で、
町田教室のメニューを
佐々木さんからレッスンを受けているイメージで
してみました。
 
当然、生レッスンには、全然及びません。
内容も筋トレで出来ないものもあり、
また、???というものありで。
 
ですが、
佐々木さんからいつも言われていた
『ラフに~。ベストよりベター』
あれ?これだったのかも、、と思えた瞬間がありました。
 
修正されましたよ~
 

 

コメント

<ケアストレッチの視点 1 > メールナビ公開

2011年05月09日 08時37分53秒 | メールナビ サンプル
5月8日分の FATOFF メールナビ サービス(有料)を公開します
 
メールナビは 毎週の課題テーマに沿って FATOFF会員さまに
日々配信される メールナビゲーション サービスです
 
 
 

~ 代謝回復=ケアストレッチの視点 1 ~
 
 
 

このGW休暇中に 和歌山の少年レスリングの練習に2日間参加
しました 
 

前回(正月)は 1日しか参加しなかったのですが、翌日から恐ろしい
ほどの筋肉痛で代謝が下がり 1週間ほどお通じも鈍くなってしまう
ダメージでした
 
ぼくの場合 お通じが代謝のバロメーターですので ここのリズムを
壊されることには常にすごく神経質になります
 

こんな状況での 今回は2回の参加です
(この恐怖と嫌悪が想像できますか? 笑 でもチャレンジです
 負けたままでは終わらない! ぼくの信条です リベンジ開始!)
 
 *負けとは 代謝を大幅に落したことです
 
 
 

正月と同じ轍は踏まないために 代謝が下がらないための対策を
立てまくりました
 

前回は ただ練習に参加しただけだったので まずはここの改善から
  ↓
今回は 前回筋肉痛になった箇所に当たりをつけて 予め徹底的に
ストレッチで準備運動しました
  ↓
その後 練習中も 全身+前回筋肉痛になった箇所を徹底的に
ストレッチでケアしました
  ↓
練習後は 過剰なほどの水分補給と 筋肉痛の予兆=筋肉が
縮みはじめたら その箇所をその都度徹底的にストレッチでケア
 
こんな感じで 事前準備→本番処理→事後処理 を意識的に
行い ケアモードにエネルギーを注ぎこんだのでした
 

結果として 筋肉痛は皆無
副産物として 長距離運転のダメージが最小に抑えられ(たぶんここ
10年間の中で(大型連休明けの体調としては)今朝も最高の体調
です 
 
 
 

疲労回復→リフレッシュ→代謝アップ は
 
1、ストレッチでケア
2、過剰なほどの水分補給
 
この2つが こんなにも効果あるものなのですね~~
改めて 基本の基本こそが大切なことを知った次第でした
 
 
 

 
コメント

メールナビ 無料公開! ~ 貴重ですよ (^^)v ~~

2011年03月01日 19時49分20秒 | メールナビ サンプル
 
 
 
 
 
~ 体脂肪コントロール 全ての過程に共通の法則 ~
 
今週のメールナビは 体脂肪コントロールにとって一番大事なことかも
 
 
 
FATOFFエクササイズは 実は体脂肪コントロールの原理や法則を全て
含んでいます
 
よって エクササイズ(カラダの組み立て方)の原理を しっかり体感できたら 
体脂肪コントロールがうまく進まない時も そのヒントは全て カラダが教えて
くれると知ることになります
 
  
 
FATOFFエクササイズの基本のストレッチは 以下4つ
 
・太ももストレッチ
・お尻のストレッチ
・肩のストレッチ
・二の腕のストレッチ
 
 
FATOFFエクササイズの基本の筋トレは 以下4つ
 
・クランチ
・バックエクステンション
・スクワット
・腕立て伏せ
 
  
「体脂肪コントロール トレーニング」でも これらのエクササイズを紹介して
いますが 実は どのエクササイズを選択するか? というのは 大した問題
ではないのです
 
つまり、上の8つのエクササイズが重要というわけではないということです
 
これら 8つのエクササイズを ハラで操作する という部分もこの8つのエク
ササイズと比べたら 少し大事なことではありますが極論すれば ハラも大
した問題ではありません
 
  
 
じゃあ 何が重要なのか??
  
 
エクササイズを行う際の 「カラダの組み立て方」に全ての法則が組み
込まれてるのです
  
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  
1、ゴールから逆算してカラダを組み立てる=エクササイズを進める
 
2、エクササイズ前後 と エクササイズの途中で 正しく組み立ってる
  のかを 必ずチェックする
 
3、見た目のエクササイズのカタチからスタートはしますが これでエクサ
  サイズが完了することはなく その後マイパターンへと修正が必要
 
4、常に比較するのは 自分のカラダだけ
 
5、エクササイズしてる自分のカラダとカラダの状態を実況解説しながら
  エクササイズを進める(もちろん声に出す必要はありません)
 
6、カラダを組み立てる途中で必ず 矛盾の壁に阻まれますが この矛盾
  を1つ上の次元で解決する思考が チューニングを仕上げるために常に
  要求されます(毎回必ずです どのエクササイズも例外なく)
 
7、チューニングゴールのは その先のどのゴールの一貫性と直接つなが
  ってるのか? ここを常に意識する
  
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
 
このような法則=エクササイズ操作能力が組み込まれてます(ブログでは
これを ソフトウエア と呼んでいます)  目に見える 8つのエクササイズ
は 他のどのエクササイズでも代用可能です  何でもいいのです
 
でも 全てのエクササイズを操作するソフトは この7つ以外にはありません
 
  
そして これら7つの操作能力は 食習慣の組み立て や 運動習慣を
組み立てる際の 運転技術=ソフトと全く同じ法則なのです
 
明日からはら 追ってここを解説していきます
 
 
 
 
 
★★ 本日の課題
 
 
DVD 4「リセットエクササイズ」 と DVD 7「ハラの土台作り」を
今週は徹底的に行っていきましょう
 

 

 

 

   
 
 
 
 
コメント

体脂肪コントロール 全ての過程に共通の法則

2011年03月01日 10時21分55秒 | メールナビ サンプル
本日は FATOFFDVDご購入者=FATOFFDVD会員さま用の 
エクササイズ メールナビ の第1回目を 無料公開します
  
  
  
  
  
  
= 【FATOFF メールナビ&ニュース】 =
 
 
 
コメント

メールナビ サンプル 「雪が積もって 有酸素運動できない~~」

2011年02月15日 11時33分17秒 | メールナビ サンプル
Kさんの事例の前に 
 
 
今日のように雪が積もって有酸素運動できない時の思考の
訓練を紹介します
 
 
本日 FATOFF会員さまに配信した 有料の情報ですが
今回は サンプルとして 無料公開いたします
 
どうぞ 参考にしてください
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
  
 
~ 八方ふさがりはありえない! ~
 
 
今朝のように 雪が積もってると 以下のようなセルフトークが湧いて
きやすくなるでしょうが、、
 
「雪が降って 外を歩けないから脂肪燃焼出来ないよぉ~~」
 
こんな 発想はありえないです~~
 
 
 
 
 
外歩けないなら
 
 
★室内で有酸素運動すればいいんです
 
★有酸素運動がムリなら 筋トレで消費を稼げばいいんです
 (筋トレの消費量は 有酸素運動の 1.3倍~2倍くらいかな)
 
★有酸素運動も筋トレもムリなら FATOFFエクササイズ DVDで
 消費を稼げばいいんです
 (FATOFFエクササイズ60分連続で 有酸素運動10分~20分
  くらいの換算です)
 
★運動が出来ないなら 食習慣の精度を上げて 摂取カロリーを抑え
  て代謝を上げることで 消費と摂取の差をつければいいのです
  (必要栄養素はしっかり確保 無駄な栄養素をトコトンカット)
 
★運動も食事もムリなら代謝の循環を促進されることで消費カロリー
  を稼げばいいのです
 
 
 
こうやって 突発的な雪などで今日予定してた体脂肪コントロールの
課題が出来なかったら 「ああ~ 最悪~」 とか 「予定が狂った~」
と嘆くヒマはありません
 
何かが封印されたら 大チャンスです 知恵と工夫の働かせどこです
幸い FATOFFの体脂肪コントロールは 3つの切り口からのアプローチ
です
 
1、食習慣の組み立て
2、運動習慣の組み立て
3、カラダの組み立て
 
 
どれかが欠けても どれかで補えるようになっています
3つとも 封印ということはありえないからです
 
 
 
「ああ~ 雪か~ 予定してた 歩きが出来ないなあ~ 
 じゃあ 今日はどの角度の精度を上げて 歩きを補おうかなあ~~」
 
という発想でいいのです
 
 
こういうときに 前頭前野にドーパミンを流すことこそ 成功中毒者の
兆候なのです
 
脳みそはこういう時に使いましょう~~
 
 
 
 
例えば FATOFFのノウハウは わざと封印課題を与えて組み立てました
 
 
・運動器具を使わないなら どんな運動でどう効果を出せるか?
・サプリメントや健康食品を使わないなら どんな食事でどう効果出せるか?
・有酸素運動の量を300分以下に抑えても効果の出る方法は何か?
・全てのダイエットノウハウを否定しないで 有効利用できる方法は何か?
・太ってる人(10kgオーバー以上)を対象にしない方法なんてあるのか?
・ダイエットのセオリーから外れた方法で組み立てれないか?
 (ダイエットセオリーは 期間は3ヶ月以内で勝負する が暗黙了解)
・・・・
 
 
まあ~ まだ他にも 最初からわざと制約をかけえたからこそ出てきた
ノウハウがFATOFFの発想です
 
当然 上の課題は今も日々自問してますので日々更新されています 
現在進行形の課題です
 
これをみたら分かると思いますが こういう時の解決法は 思考の次元を
ひとつ上げるんですね 処理するフォルダーをひとつ上の次元にする とも
いいますね
 
どっちが正しいか? という二元論ではないでしょ?
一方が正しくて 一方が間違ってるという発想ではなく ひとつ次元を上げ
たら 両者の活躍の場を与えてあげる という発想になります
 
 
 
 
雪が降って歩けない ⇔ 雪が降ったら歩けたのに→運動が出来なかった
 
の二元論じゃ解決策はなく ただイライラして代謝が下がるだけです
 
そうではなく 雪が積もって歩けないなら もうその現状を恨んでも意味は
ないのです そうではなく 歩けなくても効果の出せる方法はないのかな?
と自問しながら 思考の次元を上げていきましょう
 
 
良い ⇔ 悪い
出来る ⇔ 出来ない
 
の二元論じゃなく 両者をWin Win(どっちにも光が当たる)という発想です
 
 
 
 
 
 
★★ 本日の課題
 
天候で外を歩けないときの 工夫を創造しましょう~~~
 
コメント