ハニカミ王子、ハンカチ王子、オレ八王子

ロードレーサー、畑中勇介オフィシャルブログ

READY STEADY CYCLING ROAD いわゆるプレオリンピック。

2019年07月24日 | 日記

こんばんは。

王子です。オレ8です。

さて、先週末はREADY STEADY CYCLING ROADを走ってきました。

来年のオリンピックの為、同時期に行われるテストレース、いわゆるプレオリンピックです。

カテゴリーは国際レースのUCIカテゴリーに登録され、一部ナショナルチームには本番でも優勝候補に挙げられるような選手も参加する意外とマジなレースです。

スタートは武蔵野の森、そこから府中の街中を突っ切り、多摩地区は尾根幹を走り、我らが相模原市から道志を通り、富士スピードウェイへ。そこからさらに三国峠等を周り、また籠坂峠から富士スピードウェイへ降りるという、トータル190キロのレース。

パレード走行の時点でたくさんの観客の声援が聞こえます。

初めて自転車レースを観戦する人たちからも「オォ」「すげー!」「速い!」と聞こえてきます。まだ速く走ってないけどねw

自転車レースは実は結構凄いんだぜ!!

少しでも本番に向けて盛り上がってもらい、さらには自転車レース自体に興味を持ってもらえるこのようなイベントはとてもありがたいですね!

でもね、レースが始まってすぐにこう思いました。

「やべ、思ってたのの数倍きつい…」

スタート前、日本人選手との話では、最初の逃げに乗りたい日本人が多い、日本人同士の消耗合戦は避けようと。しかし、予想に反して、一番の強敵、イタリアナショナルチームがガンガン動いてきます。

いつもの練習コースの相模原ではたくさんの方が応援してくれていました。

しかし、もうそんな凄い非日常、貴重な経験も全て普通の全力なレースに取って代わられてしまい、むしろ「この先は狭い!」とか、地元の力を生かして力をうまく使って走るギリギリの走行となりました。

事実、勝負所と読んでいた富士スピードウェイに入る前、道志道でたくさんの選手が遅れて行きました。。

オレ8はどうにかのクリア。

一番先頭で勝負している選手たちが神に見えましたが、よく考えると数名は本当に神がいるのでちょっと複雑です。

ばらけた集団の最後尾で富士スピードウェイを走り、そのまま超級山岳、三国峠でしっかりと遅れて独走となりました。

フォトbySatru KATO

もうただ坂を走ってるだけの写真ですねw

顔は普通風ですが、この場面は「地獄や、これは地獄や!!」と考えていた区間です。

山中湖畔あたりではわざわざここに応援に駆けつけてくれたいつもの自転車ファンの方が名前を呼んでくれます。

もう本当に地獄の中の声援、いつでも辞めたいような瞬間には本当に助かります。

ゴールまでは日本チャンピオンの入部選手にペーシングしてもらい、最後尾グループで完走。リザルト上でもリアルにビリグループでした。

あまりにも辛くて、ゴールした選手全員に本当に敬意を評します。もちろん自分にもw

もうキツすぎてゴール後は「うがぁ」とか「きっつ!」とか連呼していました。

あまりにも開放感が多く、コンソメパンチを買って食べました。

翌日はもう本当に自転車に乗りたくなかったのですが、地元のサイクリングイベントに「ゲスト選手」として参加、多くの日本人チームとフランスナショナルチームが参加して、一般のサイクリストの方と走るイベントだったらしいのですが、まず選手がほぼ例外なくベロベロ。

後、しっかりと情報がないまま、当日の指示で走ったライドはなぜか一般の方に先立ってゲスト選手が一斉にスタートしろと言われ、なぜかそのままヒルクライムイベントのゴールへ。。。

あれ、なんだこれw

着替えて待っていると参加者の皆さんが登ってきました。

一緒に走るイベントだったのでは?と思いつつ、なんか悪い気がしてきて同じく色々理解していなかった選手たちとお見送りと交流w

自転車レースが広く認知はされていない日本でこの規模のレースをやると流石に綻びが見えます。

レース中も何件かあったようです。日本独自のスタイルだったり、まぁ知らないから仕方ないけど、通常の自転車レースではありえないような事も。

でも片山右京総監督を始め、たくさんの方が関わって実現したレースであり、たくさんのボランティアの方々に支えられたレースであり、また本番に向けてさらに盛り上がっていけるようにという意味で大成功のレース、イベントだったのではと思います。

初めて自転車レースを見た方々にとっても来年の本番が楽しみになってもらえたのでは?と思います。

わたくしはというと、疲労が強すぎてもう自転車とか乗りたくないと思いつつも、、、

好きですねーw

明日も2000メートルでチバリヨー

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 超豪華!チャンピオンとチャ... | トップ | 天空の宿からこんにちは。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿