こばやんの釣道場

釣りのことならお任せあれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

響灘小藻路の釣り・・・残念

2013-01-23 21:37:11 | 日記




        平成25年1月20日(日)小潮

 朝4:45に起きて、若松安瀬に行き、6:00大漁丸に乗り、藍島の波止場に3名 大藻路で3名降ろして、最後に自分は小藻路の2番に降りた。
 まだ朝は暗いので マキエと仕掛けを作り、明るくなるまで一服!
 仕掛けは 「銀狼 06  道糸 2号  ハリス 1.2号  ウキ B  チヌ針 2号」 3ヒロぐらいからはじめた。
 何故か当たりは全然無く、あらーと思っていろいろ仕掛けを換え、やっとアタリ。上げると、ふぐ ふぐ ふぐ ・・・ デカふぐ そして、べら。天気は良いし、風も無く、なんとなく良い状況なのに・・・
 今日は小藻路は誰もいないので、いろんなところで釣ってみたのだが、まったく駄目で結局元に戻って10~15M位遠投して(嫁に電話して教えてもらう。)マキエをかぶせると、一気にウキが消しこんだ。ちょっと待って会わせると竿に乗りチヌ独特の引きをあじわい、あがってきたのは30cm位のメイタ。
 「今からじゃー」と思いきや本日この1枚のみ。帰りの船で大藻路に乗った人が45cmくらいのチヌ2枚釣っていた。船長に聞くと、今はぼちぼちと言う感じやね。次は釣るぞ・・・と、いつも通りのコメント  


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

五島列島の釣り

2013-01-06 16:25:33 | 日記



平成25年1月3.4日(木・金)

 12月に釣りに行きたかったが、土日が何故かしけて、全然釣りに行かれず、年末も大分に行こうと思ったが、またもやしけ!!
年が明けて、3~4日に五島に潮騒丸でやっと行ける事になった。
 
  AM2:00  北九州発
  AM6:35  三咲フェリー乗船
  AM9:30  有川着

 船長が車で迎えに来ていて、それに荷物を積み込んで15分ほどで港に着いた。それから船に荷物を積みかえていざ出発 20分ほどで磯につき マキエと仕掛けを作り、釣り開始
 本日は、ガマ口太に道糸2号 ハリス1.7号 ウキB ウキの下にガン玉Bをうちハリスには何もうたず エサは”生いきくん”で釣りはじめ
た。潮は左から右にゆっくり流れていて、いい感じだ。一緒に行った井田さんにアタリ・・・浮いてきたのは、手のひら大のクロ、その後も
コンスタントに釣っていた。そのうちに 自分にもアタリ・・・でも手のひら大のクロでリリース。風が強いので、ウキを3Bに換え、ハリスの下にガン玉4号をつけた。ちょいちょい止めながら流していると、やっと 足の裏ぐらいのクロが釣れだした。しかし、ウキがスパッと入るときはハリががりするのだが、ウキがジワジワ入るとクロがハリががりしない。くいがしぶく すぐにはきだすような感じだ。その後、全遊動にかえて、又 釣りだした。足の裏はキープし、手のひらはリリースした。
 






 夕方になってからは、少し型が良くなって本日最大は、40CM弱だった。夕方5時30分に回収となって、港に帰り、民宿潮騒に行く。部屋に入って着替え、風呂に入り夕食だ。食事処に入ると、もう船長はビールを飲んでいた。奥の席に座り、ビールを頼み井田さんと乾杯!
食事は、サザエのつぼ焼き、カマスの塩焼き、フライ なまこ 刺身 それと船長自慢の牡丹鍋だ。船長は釣りよりもいのししを撃つのが趣味でそれでこの民宿は牡丹鍋が出てくるらしい。隣の3人組は山口県から来ている常連さんだ。だいたい2泊3日でくるようだ。釣り人というのは釣りの話をすると、皆で盛り上がる人種のようで、船長が「もう、お開きにしようや」と言うまで盛り上がった。朝6時朝食というので昼の弁当を頼んで、部屋に戻り、消灯





 朝6時に目が覚め、朝食を取り弁当をもらって防寒着に着替え車に乗り、港に行き出発  今日は、あいの島の平瀬という磯に乗った。
今日に仕掛けは ガマ エリネス1.5号 道糸2号 ハリス2号  潮は左から右へゆっくり流れていた。まずは瀬際から釣り始めるけれど、全然あたりなし。そして竿2本ぐらいの所で流しているといきなりアタリ。結構な型だったけれど手前でハリはずれ、それから潮が少しずつはいりだした。初めは全遊動で釣っていたが 0Cに換えて沈める事にした。それから、ゴン潮になり、かなり遠くであたりだした。それでも
最大40CM弱だった。そして2時に回収。民宿で着替えて3時40分の三咲フェリーで帰る。全体的に今から良くなるようだ。又近い内、船長に会いに行きたい。

  瀬渡し 4,000円   民宿  6,000円




あいの島全景





今回の釣果





潮騒丸

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加