ささやんの天邪鬼 座右の迷言

世にはばかる名言をまな板にのせて、迷言を吐くエッセイ風のブログです。

入力道具考

2017-12-30 16:21:34 | 日記
パソコンが届いた。通販で注文したノートパソコンが届いた。注文したのは昨日のことだから、1日で届いたことになる。このところ中国の通販サイトで注文することが多く、なかなか届かずにやきもきさせられることがしばしばだったから、この配送の迅速さには「さすがは日本だなあ!」と感激して、せっかちの私でも小躍りするほどである。

届いたのは、ASUSという台湾メーカー製のローエンドノートPCで、ブログを書くために購入した製品である。これまではandroidタブレットに、USB接続の無線キーボードをつないでブログの文章を打っていたのだが、入力機器を一体型(=クラムシェル型)にして、新年とともに気分を変えてみたかったのである。

というのは、半分は嘘で、実際は、(欲しいと思っていたノートPCが)格安の値段で販売されているのを見つけて、思わず飛びついてしまったというのが正しい。スペックはRAMが2G、ROMが32Gだから、低スペックもいいところで、これではWindows10の更新すらできない。更新できないことがネックになって売れ残り、値下げせざるを得なかったのだろう。「でも、そんなのを買ったって、使い物にならないのではないか」と言う人がいるかも知れないが、心配はご無用である。このウィンドウズ機は、OSを更新しなくても、文章入力マシンとしての機能は立派に果たしてくれるのである。このスペックでOSを更新しようとすると不具合が発生するということなので、むしろ更新はしないほうが良い。このマシンを手にして私がまず第一にしたことは、「自動更新」を「手動」に切り替えることだった。

そもそも更新とは、マイクロソフトがパソコンメーカーと手を組んで仕掛けた陰謀、もしくは罠だと私は思っている。その昔、androidの最新バージョン5.0が出たことがあった。私はこの最新バージョンに飛びつき、OSをさっそくこのバージョンに入れ替えたのだが、結果はと言えば、動作が極端に遅くなり、それまで使っていた機種は使う気になれなくなって、結局、新機種を買い替えざるを得なくなった。つまりOSの更新とは、現行の機種を古びた使えない物にするための罠なのだから、罠に掛からないためには、更新できないのはむしろ好都合なのである。

さて新たに手にしたこのノートPCには、フリーソフトのMeryとLibreOfficeをインストールした。この文章もこの道具立てで打っている。キーボードの打鍵感は悪くなく、スペックの割にはきびきび動いてくれるので、当分はこの道具立てでやっていこうと思っている。

飽きっぽい私のこと。いずれこの道具立てにも飽きるときが来るに違いない。その時はこのパソコンに、軽量OSのLinux(ubuntu)を導入しようと考えている。これにも飽きたら(と、私の構想は膨らむばかりだが)、ポケットサイズのガジェット「ポメラ」に、Linuxを組み込んでみようと考えている。ポメラといえば、キーボードの優秀さで定評のある小型の入力機器である。この機器をPC化すれば、きっと素晴らしいポケットPCが出来上がるに違いない。

と、まあ、来る年を間近にして、変な形で夢を膨らませている天邪鬼の爺である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 原発問題 政治と経済の論理 | トップ | 変えられるものと変えられな... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (ゴマメのばーば)
2017-12-30 20:16:23
パソコン、お詳しいんですね。
先だって、パソコンが不調の際、タブレットからブログへアップする方法を教えて頂きましたが、まだ出来ておりません。
教えて頂きました記事をコピーして、ちょっと いじってみましたが、アップはアップでも「ギブアップ」でした。
パソコンの基本的な知識が不足しているのです。
お正月に、孫が来ましたら、コピーを見せて、マスターしたいと思っています。
来年1月いっぱい、ブログを お休みいたします。
2月には また始めようと。
ささやん様には ご自愛の上、良き新年をお迎えくださいませ。
有難うございます (ささやん)
2017-12-30 21:44:16
ゴマメのばーば様
コメント有難うございます。頭がヒマになると、ガジェットのことばかり考えてしまうのは、頭の構造が単純に出来ているからかも知れません。
1月は休刊とか。朝の時間を持て余しそうですが、2月の再刊を楽しみに待つことにします。
ばーば様もよいお年をお迎えください。パソコン関連の話題がお孫さんとの会話のきっかけになれば、幸甚です。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事