峰野裕二郎ブログ

私の在り方を問う

since 2005

母が逝く

2012年12月30日 | 家族

先月の29日、母が逝った。
突然倒れたあの日からちょうど半年、それは子や孫に今生での別れを覚悟をさせるための母の恩だった。
「もう、いいね」と言って、母は静かにその人生の幕を閉じた。

母には、山よりも高く海よりも深い恩を受けた。感謝しても感謝しても感謝し切れないほどの恩を受けて今日の私が在る。感謝の外ない。

おふくろ、いろいろとありがとう。大丈夫だよ。なんにも心配いらないからね。

コメント (2)