felizmundo's website

月の満ち欠けに時の流れを感じながら、皆でそれぞれの持ち時間を楽しく意味あるものにしていきたい。

ウサギの耳のそばに日本の着陸機がいるの?雨後に出た月

2024-01-21 17:33:33 | 惑星・天体ニュース

   今日は雨の1日。月は出ているはずだが、みられないだろうか?と思って食事の用意をしながら外を見てみると、止んでいるような・・・。見に外にでてみると、いつのまにか雲ひとつない快晴になっていた。快晴と言っても、西空に太陽が沈み、青空は暗い空になりかけていた。

   

   月を拡大してみた。

   

    スリム着陸地点として選定されたのは「神酒の海」。地図上では、着陸地点は南緯13.5度、東経25.2度らしい。上の写真にちょうどウサギさんが顔を右横に倒した姿になっているが、この下の小さめの耳のあたりらしい。着陸点付近のクレーターの名はSHIORI.これは、スリムのチームのメンバーが国際天文学連合(IAU)へ提案し、承認されたそので、日本名になっているのだ。ココを読むと、面白いが、日本名は他にもいろいろなクレーターについていることや、「しおり」と名付けた理由について「スリムの着陸技術は、月探査の新時代を切り開くことが期待されています。スリムが、歴史のターニングポイントに挟まれる『栞(しおり)』となるよう願いを込めました」とのスリムチームの説明も記されていました。

    月に、日本の宇宙関連事業の人々の作ったものがいるとなると、月を見上げる気持ちもちょっと変わりませんか?人間って、ずいぶんいろいろなことに手を染めているんですよね。感心します。

   願わくば、智恵を他の世界の人々と仲良く、SDGs精神で、みんなの幸せや豊かさにつながるように月の利用を進めてくれることを願っています。 ねぇ、お月様。お月様も、それを望んでいますよね。

コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 祝・小型月着陸実証機「SL... | トップ | 雲いっぱいの空に月が浮かん... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ブドリ)
2024-01-21 22:32:26
今日は雨の後、天気予報通り晴れてくれて、きれいに月が見られましたね。

月面着陸はよくやりましたね。
実は宇宙開発にはあまり興味がないんですよね。
科学技術の発展に興味がないわけじゃないけど、各国が好き勝手やって、宇宙にどんどんゴミを送り出してるだけのように思えるし、実際にスペースデブリが増え続けているわけですしね。
ISSで手を繋いでいたのに、結局は離れ離れになって、争いの火種が宇宙にも広がってるます。
人間には手を出さない領域もあっていいのになぁ、と思ってます。
Unknown (felizmundo)
2024-01-22 12:00:28
>ブドリさん
  人間には手を出さない領域もあってもいい。同感です。私は臓器移植あたりから、疑問です。クローン研究や、遺伝子組み換え、試験管ベービーも。生成AIも、行き着く先で人間が進歩するのか疑問です。
  仕事柄翻訳ツールも使いましたが、教育にそれを持ち込むと、いつのまにか翻訳を使えばいい~ということになり、プロがいなくなります。翻訳ツールも間違いがあったりニュアンスが違ったりして、便利だけど注意が必要です。それをチェックする能力をしっかり人間が養わないと大変な未来になると懸念します。
  でも、実はわたしも、すっかり漢字は忘れるし、計算は計算機まかせになっているのが怖い!

コメントを投稿

惑星・天体ニュース」カテゴリの最新記事