家庭菜園・気ままOLのベランダ園芸 「植えてみましょう」

マンションのベランダ園芸日記、野菜・果物など食べられるものを中心に栽培しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

二十日大根を収穫しました。

2014年02月02日 | ダイコン

 昨日アップした二十日大根を、実は先週収穫しました。
 ちっちゃいですが、朝食のサラダや付け合せには一口大でちょうどいいのではないでしょうか。


 で、早速食べました。ゴマ豆腐にオリーブオイルを掛け、その上に「さくらんぼ」をトッピングしました。
 味は、フツーの二十日大根でした。
 彩が楽しいですね。
コメント

二十日大根、さくらんぼ

2014年02月01日 | ダイコン
 昨年の11月上旬に二十日大根を種蒔きしました。
 前から二十日大根は植えていましたが、せっかくだからかわいいものを、と考えこの「さくらんぼ」の種を購入しました。

 種の袋を見ているだけで楽しくなります。でも、実際にこんなにきれいに出来るかどうか。


 これが今年1月に大きくなったものです。
 真っ赤です。少しくすんだ色なのは育て方の問題でしょうか。
 二十日大根は簡単でいいですね。それに、かわいい品種は育てるのも楽しいです。
コメント

小松菜を種蒔きしました

2013年10月06日 | 葉もの


 冬から春先に収穫を目指して葉もの野菜の種をまくことにしました。
小松菜です。これまでは野口種苗研究所の「早生丸葉小松菜」の種を使っていたのですが、買ってから3年経ち、種の残りも少なくなってきたので、一般に売られているものを購入しました。

 播種後、4日で芽が出てきました。3粒播いて2つ芽を出しました。
前にも書きましたが、いっぺんに播くと収穫時期が一緒になって、家庭で使うには量が調節できないので、1週間おきに種蒔きをすることにしました。





 本葉が大きくなったらプランターに植え替える予定です。
この2~3年、小松菜は収穫まで行くのですが、ホウレン草はいつも失敗、今年は端からホウレン草はあきらめることにしました。
 他の方のブログや雑誌を見ると、ホウレン草は「簡単」みたいですが、私とは相性が悪いのでしょうか。小松菜も栄養価もたっぷりなので、小松菜でいきます。
コメント

秋の蝶

2013年10月05日 | 花・観賞用植物


 涼しくなって、植物が元気を取り戻してきました。
この夏の暑さは以上でしたね。

 ランタナも花をつけました。
そこに蝶々が。何という蝶かはわかりません。
しばらく花の蜜を吸っていました。
近づいても逃げる様子がありません。
よっぽど美味しい蜜なのでしょうか。
コメント

鉢の中に生態系が出来上がっていました!?

2012年11月18日 | パンジー
 水菜、小松菜は順調に育っています。これはまた後でご報告します。

 パンジーでまだ、ポリポットに入ったままの苗があったので、鉢に定植しようと、枯れてきたガザニアの鉢を掘り返しました。

 すると…


 わかるでしょうか。


 カブトムシ(!?)の幼虫のようです。
 普通に考えれば害虫ですね。でも、駆除するのはちょっと抵抗があります。一匹ぐらいなら、いいかと思い、そのまま苗を移そうとしました。


 でも、一匹ではありませんでした。6匹はいました。怖くなったので、そのままパンジーを移植してしまいました。


 よく考えると、ガザニアが枯れたのも幼虫の仕業かもじれません。パンジーは大丈夫でしょうか……心配になってきました。
コメント

秋の種播き。

2012年11月12日 | シュンギク
 夏の反省を踏まえて、秋の種蒔きをしました。実は既に10月14日に済ませています。

 異種の作物をあまり多く同じプランターに播かない、相性の悪い品種を同じ鉢にしない、一株のスペースを確保する、種蒔きの時期、温度を考える、など。夏の教訓を考慮しました。

 播いたのは、二十日大根、小松菜、レタス、水菜、ネギ、シュンギクです。6種類、ちょっと多いかもしれませんが、鉢を分けて植えています。

 本当はミニ白菜も植えたかったのですが、夏のようにわけがわからなくなってしまうと思い、我慢しました。

 経過は後日アップします。
コメント

絵になるスミレ!?

2012年11月11日 | パンジー
 秋植えの野菜の前に、先日苗を買ったパンジーを紹介します。通販の雑誌を見て一目ぼれ。だけど、実際はどうかと心配していたのですが、写真の通りかわいいパンジーでした。通称「絵になるスミレ」というそうです。

 フリルのような覆輪の花がきれいだと思います。







 紫、青、水色(白っぽく見えます)、黄色の4種。野菜もいいですが、花もいいですね。
コメント

夏の反省③植物の相性

2012年11月10日 | ナス
 写真は9月になってから咲いた向日葵です。8月になってから種をまいて秋咲きにしました。5本ほど本葉まで成長したのですが、花を咲かせたのはこの1本だけです。


 花はきれいでした。

 さて、2年連続して失敗したのがナス、埼玉丸青ナスです。日当たりはそんなに悪くなかったのですが、20センチくらいで成長が止まってしまいました。
 同じプランターに、同じナス科のトマトを植えていたのがいけなかったのでしょうか。因みに、前にブログに書いたようにトマトもひょろひょろ伸びて、実をつけたのは1つだけでした。

 他に同じプランターにプリンスメロンとネギも同居。
 一時、コンパニオンプランツを調べたりしたのですが、いつの間にかすっかり忘れていました。

 ということで、秋はあまり多種を同じプランターに植えない、成長するスペースを確保する、発芽適温にあわせて種を播く。以上に注意して秋の種まきをしました。これについては次のときにアップします。
 
コメント

夏の反省②

2012年11月06日 | エダマメ
 夏植えがうまくいかなかった理由と考えられるもう一つの理由は、同じ品種もたくさん(これも密植ですね)してしまったこと。
 大き目のプランターを使っているのですが、例えばその中にトマト、プリンスメロン、ナス、ネギの4種類を植え、尚且つそれぞれ4株づつ(ネギはワケギ・タイプで細いので20株くらい)植えていました。

 欲張りはよくないということでしょう。植物の必要なスペースも考えてあげないといけないですね。

 写真は9月下旬に咲いたマンジュシャゲです。
コメント

夏の反省①

2012年11月04日 | トマト
 11月になって秋本番です。
 さて、この夏のベランダ菜園、失敗の連続でした。成功したのはエダマメくらいです。
 失敗の代表がトマト。順調に茎は伸び続けていたのですが、花がなかなか咲かず、実もひとつついただけです。それも最終的には実が裂け、収穫できませんでした。

 原因の一つは、密植。プランターに、プリンスメロン、ネギとナスを一緒に植え、その上隣のプランターのブドウが覆いかぶさり、日陰になってしまいました。
 下のほうの葉は落ち、栄養が取れなかったようです。

 作物を絞るべきでした。秋植えの反省にします。

 写真は唯一ついた実、青いけれど大きくなり、次に赤くなってきたのですが、収穫の時期を逸したのか、実が裂けてしまいました。



コメント