ちいさいおうち

50代バツいち。お母さんだったり、おばあちゃんだったり、時にはひとりが好きだったり。

小説「デンジャラス」

2018-02-14 21:09:51 | 小説
今日はお休み
仕事でのそり滑りで
くたくたです

用事があったので
ちょっとお買い物に

疲れているこんな日は
本を買おう

ということで
桐野夏生さんの「デンジャラス」



谷崎潤一郎も好きな小説家。

面白くて午後からずーっと読んで
読みきっちゃった

御徒町凧さんの
産みの母なのね。
お父さんが村上龍って‥すごい!

高校生の頃
「限りなく透明に近いブルー」読んだわー

谷崎潤一郎
生誕130周年だそうです。



どれも面白そう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バレンタインのために | トップ | 映画『羊の木』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事