kisetsunokazeni

ときには空を見上げて深呼吸。無駄と思える時間も必要な時がある。

犬生もいろいろ

2019-01-07 16:30:22 | 
おとうと犬を抱っこして歩いていたら

見慣れない大型犬がお散歩していて

どうやらおとうと犬に興味津々

まだ若くて利発そうなそのわんこは

近づいていくとおとうと犬をフンフンし始め

時々ジャンプして遊ぼうと誘ってる

聞くとそのわんこは

このあたりに2年ほど前にできた大きな動物病院で飼っていて

定期的に献血をしているのだという

犬種はわからなかったけど

確かに体ががっしりしていて献血にはもってこいの体格

ふだんは病院の職員さんが交代で連れ帰って

お散歩したりおうちでくつろいだりしているようで

けっこう甘えんぼさんらしい

けど

こんなに若くて元気でいろんなことに興味あっても

献血するときはちゃんとじっとしているんだろうし

それで多くのわんこたちの命を助けてるって思ったら

本当に尊い命だなぁって思わされた

その子が望んだかどうかはわからないけど

動物病院でいいケアを受けて

職員さんたちに愛情いっぱいもらって

その見返りに献血ならば

悪いってことはないかもしれないね


今の時代

人の生き方も様々だけど

わんこの生き方も様々

でもわんこの場合は自分で生き方を決めるってことはほとんどできないから

わたしたちは責任をもって育てないといけないし

その中で「様々」な生き方をしてほしいと

心から思ったお散歩中の出会いでした



遊びに来てくださって、ありがとうございました
『犬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 年頭にあたり・・・ | トップ | 春は遠い・・・ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (カト)
2019-01-08 14:54:25
こんにちは。

献血のためのワンちゃんがいるんですね。
そのおかげで助かるワンちゃんがたくさんいるんですね。すごくいいお話ですね。なんだかジーンとしました。

本当に犬も猫も生き方は選べないですよね。
飼い主がしっかり責任をもって育てないとですね。
お返事(カトさんへ) (わんずまま)
2019-01-08 20:11:25
コメントありがとうございます。

そうなんです。最近はあちこちの動物病院でそういうワンちゃんがいるらしく、うちのかかりつけ医のところにもいます。
わんこたちはわかってないかもしれないけど、本当にありがたいし、尊いことだなぁって思います。
それに採血がいやだったら暴れちゃうだろうから、おとなしく献血できているなら、その子には合った「お仕事」なんでしょうね。

どんな生き方でも、笑顔でいられるのが一番。人もペットも共に笑顔でいられるように、私たちが責任もっていかないと、って思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事