kisetsunokazeni

ときには空を見上げて深呼吸。無駄と思える時間も必要な時がある。

爪切り問題

2018-09-08 13:19:34 | 
前回の爪きりで

流血の惨事になってしまった

おとうと犬

あれからわたしも爪切りはちょっと怖くなったけど

だからといって爪が伸びるのは止められない

なので

部分的だけど相当伸びてきた爪が・・・

最近お散歩にやる気がないのは

もしかしてこのせい?とか考えると

やっぱり早急に爪切りが必要

でも、どうするか・・・

まあかかりつけ医に頼むっていう方法もあるけど

先生も「すんなりやらせてくれるか抵抗するかはやってみないとわからない」って言ってたし・・・

で、いままでのやり方を見直してみたら

あまり時間をかけたくないから

いつも一回でできるだけ切って、みたいな感じ

でもそれだとまた事故が起こるかもしれないから

ちょっとずつ何度もやってみたら?って考えて取り出したのが

爪やすり

今までうまく使えなかったから放置してたけど

これなら時間はかかるけど少なくともひどい流血の惨事になることはない

ってことで

さっそく挑戦

相変わらず爪切り嫌いのおとうと犬は

きっと抵抗するだろうから先にカラーを装着

最初は何されるかわからず「?」って感じだったけど

爪をぐっと持ったらさっそく大暴れ

なので落ち着くのを待って  って、それほど落ち着きはしないけど・・・

さっそくやすりをかけてみるけど

そうっとやってたら日が暮れるペース

なので

目当ての爪をしっかりキッチリ抑えて

バリバリ削ってく

すると

まあ爪切りでカットするようにはいかないけど

まあまあ短くなった

おとうと犬も最初は抵抗してたけど

違和感はあるだろうけどそれほど抵抗もしなくなり

まあ何とか今日の目標の3本が終わる

して最後は床に立たせ

爪が床に当たるかどうかチェックすると

まあいい感じに浮いてるので

終了!

もちろんこれだとこまめに削る必要があるけど

今は安全第一なのでそれでよし

ああよかった!と後片付けしてふと自分の左手を見たら

親指の爪が半分だけものすごく削れて

残念なことになってた

おとうと犬の爪を削ってるつもりが

自分の爪も削ってた~  むしろ自分の爪のほうがたくさん削れてたかも・・・?

このままだと凶器になりかねない感じだったので

あわててその部分を自分のやすりで研ぐ

なので

親指だけお子様の爪みたいになっちゃったけど

しかたない・・・

しかもそこでふと思ったんだけど

おとうと犬にやすり使ってる間は

わたしの爪も毎回こんな感じに・・・?

これは新たな対策が必要ってことが判明して

せっかくいい方法見つけたのにものすごくがっかりした

飼い主なのでした~

爪切りに関しては永遠にうまくいかない気がしてきた・・・
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 心配はつきないけれど | トップ | 何が彼をそうさせるのか・・・ »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事