奥山文弥のフィッシングカレッジ

魚の生態、水辺自然環境。釣りを介した人との出会い。家族・親子の釣りが楽しい。東京海洋大学フィッシング・カレッジの情報も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2月のフィッシングカレッジのご案内

2009-01-20 | フィッシング・カレッジ
フィッシング・カレッジ2009
2月講座のお知らせ
東京海洋大学
サケ科魚類の話
ニジマスについての基礎知識

 日時:2009年2月9日(月) 午後6時半より

場所:東京海洋大学品川キャンパス 7号館1F 多目的交流研修室

参加費:無料。どなたでも参加出来ます。

申し込み不要。当日は遅れないように大学に来てください。参加者多数の場合、立ち見になることもあります。あらかじめご了承ください。


講座概要

第1部  サケ科魚類に未来はあるか 講師 井田 斉(北里大学名誉教授)

第2部  ニジマスの基礎知識    講師 奥山文弥(東京海洋大学客員教授)

お誘いの言葉(奥山文弥) 

 第1部ではサケ科魚類の権威の井田先生が、現在のサケ・マス事情についてお話します。海水温の上昇や海流の変化に伴い、北洋を回遊し、母線回帰するサケの遡上に変化が見られます。また保護しているサケの利用実態は?養殖、放流、輸入によって魚の生態と日本人の食生活がどのように変わってきたかという興味深いお話になることでしょう。
 第2部はニジマスの話です。釣り彫りの魚としてなじみの深いニジマスですが、本来はサケと同じ、海を回遊し母線回帰する魚です。日本に帰化して100年余。国策として養殖が始まったのですが、日本の食生活が変わったため、食用としては人気がなくなっているのも事実です。しかし釣りの対象魚として脚光を浴び始めました。
 今やメイプルサーモンとして高級魚に変わりつつあることも奥山がお話ししましょう。




釣行会


2月15日(日)集合午前8時

開成水辺フォレストスプリングス

小田急線新松田駅より徒歩15分。



美味しくてよく引くメイプルサーモン釣りです。


釣り方  ルアー・フライフィッシング
    (レンタルタックルあり、1500円)

引きが強いのでバラシやラインブレイクにご注意ください。

フライフィッシングを経験されたことのない方は、指導しますのでやってみませんか?講師・奥山文弥(FFF公認キャスティングインストラクター)

フライフィッシングの映画リバーランズスルーイット(ブラッドピット主演)もぜひご覧ください。レンタルDVDが出ています。



募集人数は20名

参加費 一般・学生4500円(保険料込)
    子供2500円(保険料込)




お申し込み

メールにて奥山まで

okuyama@isis.ocn.ne.jp
うまく連動しない場合はコピー&ペーストしてメールをください。







この記事についてブログを書く
« ワカサギのフィッシングカレ... | トップ | フォームフロートフライ »
最新の画像もっと見る

フィッシング・カレッジ」カテゴリの最新記事