十人十色  

     


人生いろいろあるけれど 何とかなるよね。

健気だね  (11/10 ③)

2013-11-10 | 独り言
次女は弁慶だと言ったけど、可哀想なので誤解のないよう一応フォローしておきます。

お手伝いは毎日 1番してくれます。

ホントはお小遣いをあげるバイトなんだけど、最近は

お手伝い仕事も増え、ボランティアになっています。

前は雨戸閉め1週間30円だったけど部活で帰宅も遅いし

そのお手伝いは三女にバトンタッチ。しかし三女は背が低く届かないので長女とペアでお手伝い。


でも この2人、お手伝いを忘れてばかり。

結局次女が お小遣い稼ぎに またやりだした。

次女は雨戸を引退してから夕食の食器を運ぶお手伝いを始めていたので

2つの掛け持ち。

雨戸閉めも再度始めてからは お小遣いチェック表に印付けず、

来週から20円に値下げしてあげると言ってるし、食器運びも

何だかお小遣いを せびってこない。



「塾に行かないでも頭の良い高校に行って自慢出来る子になる。」

って言ってる。

私を喜ばせてあげたいらしい。

「自分のために勉強するんだよ。」

とは話しているけど・・・



気を遣わせてるよな~。





次女語録 (11/10 ②)

2013-11-10 | 独り言
うちの次女、何かと鋭い。

外でおとなしい分、困ったことに家じゃ弁慶です。

夫が図書館で借りてきた本の題名を見て一言ぐさり。


 『あれこれ考えて動けない』をやめる・・・ 


 「あれこれ考えて動けないんじゃなく、あれこれ考えないで動くのをやめる本を借りて読まないと

考えないで動くからダメなんだよ。逆じゃない? そう思わない?」

と、つぶやいていました。


子供に こんな風に思われ、こんなことを言わせてしまい、悲しいね。

でも、ちょっと当たっているところもあったりして。


良い上司をお持ちで・・・ (11/10 ①)

2013-11-10 | 独り言
只今、夫が精神的体調不良で休職中。


精神内科や職安やら労働関係の役所に話をしに行くと、


「大変ですね~。 体調大丈夫ですか? 他の職場がいいんじゃないですか?」

などと、言ってくれるようです。

職場の上司は

「折角、縁あって働いているんだから頑張って欲しい。」

と、引き止めてくれる会社もありました。



今回の職場の上司も、夫は良くは思っていなくて、家でも愚痴っていたけど、

「頑張って。 こっちも仕事内容等 検討し、改善するから。」

という内容を話してくれたそうです。


しかも、その上司 私にまで気遣ってくれました。

「奥さんと話しましょうか?きっと心配してるだろうから。」

って、言っていたそうです。


たぶん・・・1ヶ月休職しても ちゃんと こっちは待っていますから。奥さん安心してください。

のような内容なのかもしれないけど。


そのことを聞いてスゴく嬉しかったです。

そんな良い上司がいるのに もったいないな~。