十人十色  

     


人生いろいろあるけれど何とかなるよね。

影の濃薄

2019-01-12 | 独り言
影が薄いことを悩んで泣いていた三女さん。

「影が濃くなりたい」
と言っていた。

影が薄い人は聞くけど、影が濃い人は聞かないね。

本人は本気で悩んでいるのかもしれないけど、影が薄いのはダメなのかな?

教室の座席は真ん中くらいらしいけど先生に「◯◯いるか〜?」と言われたらしくショックを受けていた。

クラスの男子に近くにいたのに気付かれず、ぶつかってしまい「いたのかよ。影薄くて分かんなかった」
みたいな発言をされ気にしてしまった。

確かに三女は色白、細め、顔も特徴ない?韓国っぽいと言われるらしい。

運動、学力、性格、見た目ともに目立たない。

これじゃあ、影は濃くないよね。

近くにいた長女と次女が励ましていた。

目立ちすぎると、いじめられたり色々面倒だよ。

学校では目立たないように笑顔でニコニコしてた方が良いんだよ。

そしたら悪くは言われないし優しい子で通るんだから。

◯◯の子なんだから目立たないよ…

三女は子供の頃から1人遊びが好きだった。
バイトするようになってからはお小遣いがあるから1人外食をよくする。

マックとかじゃなく、今時の言葉で言えばガチ勢っていうのかしら?

制服姿でいきなりステーキやら、ラーメン屋でラーメン、餃子、チャーハン、唐揚げ食べたり、普通に定食を食べに行ったり。

私にもできないわ〜笑

しかもディズニーシーも1人で行けちゃう子

本当スゴイ。

1人が楽だと思っている子がクラスの一軍的な生徒になれないね。

嫌われているわけでもなく友達も少ないけど遊びに行く子だっているんだし、それで幸せではないかな?

女子高生も大変ね。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 勝訴 | トップ | 晴れ姿 »

独り言」カテゴリの最新記事