わたしのいる時間

日々の記憶

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なみだ

2007-08-27 19:06:27 | 遍路日記 土佐の国その1
2005お正月遍路の記録。

2005.1.7
29番国分寺へ。
山の上のお寺は山を登らないと、たどり着かないけれど
平地にあるお寺は遠景からは何処にあるか分からない。
気がつけば、角を曲がるとある。
土佐の国分寺は柿葺きの本堂や銅板葺きの大師堂、
苔が美しい庭がある。

お寺に入った頃
乳母車を曳いたおばあさんと一緒になりました。
いつも通りロウソクを灯し
お線香を香炉に…
そのおばあさんは火の終わったロウソクを落とし、
香炉の灰をきれいにかいていました。
灰をかくとか 今まで考えた事なかったので
丁寧なおばあさんだなと思った。
納経も終わり、境内で休憩。
見るつもりも無かったのですが
先ほどのおばあさんが
大師堂で柵に取りすがるようにお参りしていました。
なんだかせつない。
何をお参り、願っていたのでしょうか。
コメント

お接待

2007-08-27 19:04:05 | 遍路日記 土佐の国その1
2005お正月遍路の記録

大日寺にお参り後、物部川に掛かる戸板島橋を渡る。
橋を渡り歩いていると
自転車に乗ったおじいさんが近づいてきた。
おじいさんはぶっきらぼうに
ジュースでも呑めと200円を渡してくれた。
お礼の納札を出そうとしているうちに
さーっと自転車で行ってしまう。
呆然と見送ってしまった。


歩き遍路の道を歩く。
農業用水が走っている。
高知市内にはいるまで田園地帯を歩いた。
コメント

28番 大日寺

2007-08-27 18:40:59 | 遍路日記 土佐の国その1
2005お正月遍路の記録。

2005.1.7
今日の目標は高知市内まで歩きたい。
お遍路の休みもあと3日ほどなので
帰りの1日を残して2日間でどこまで歩けるかな。
国民宿舎海風荘からは、昨日国道から歩いてきた道ではなく
民家の間を港に降りて行く道を教わって降りる。
階段状の道、猫と挨拶する。

道の駅 夜須。
昨日の宿が岬の先端に見える。




徳島の日和佐から歩き続けたR55ともはなれ野市町へ。
用水脇をあるきながら28番大日寺へ。
へんろ標識を追いながら古い遍路道を歩く。
ふと気付くと大日寺の山門まえにたどり着いていた。



28番大日寺。
本堂や大師堂は比較的新しいものの、
山門や納経所、納経所まえの中門は
歴史を感じさせる手入れの行き届いたものだった。
石垣も美しい。
奥の院、爪彫薬師堂にもお参りする。
コメント

夕日

2007-08-26 10:55:53 | 遍路日記 土佐の国その1
2005お正月遍路の記録です。

2005.1.6
区切り打ちおへんろ6日目。
お正月という時期がら、休業中という所もあるので
宿はあらかじめ決めて予約しておきました。
今夜の宿は安芸市内ですが
予定より進んでいるのでキャンセルして進む事にしました。
そうなると、25キロ先の夜須町より
もう少しがんばって28番大日寺の近くまで歩きたい。

歩き始めると、昨日までの快晴とは違い
今日は天気があまりよくなく
連日の歩き疲れも重なって
気分まで沈みがちになってきました。
それでもR55ぞいを海を眺めながら歩きます。

海を眺めながら、気分を変えながら歩いても
今日はなんだか無理そうです。
早めに宿を決めて休む事にしました。
安芸を過ぎて夜須町の国民宿舎に電話しました。
遍路道から少し離れるけれど
少しでもがんばって歩いたので。
電話で聞いた道を歩くと
山の上の宿でした。
歩きたくないといいながら何故こんな高台の宿に…
宿に着く前からパラパラと雨が当たっていたけれど
お風呂に入っている間に本降りになったようでした。
宿に入ってよかった。
風呂に入って休憩すると先ほどまでの疲れがなくなり
気分も元気になりました。
宿は岬の高台にあるので景色は抜群でした。
雨も上がって綺麗な夕日が眺められました。


カラダがしんどくて気分もブルーで、今日は歩けなかったけれど
こんな綺麗な夕日が見れたのだから
休憩も大事だとおもった。
今回の区切り打ちは、前半がハードだったから疲れが溜まったのだ。
実際、今日撮った写真は数枚。
ほとんど夕日の写真でした。余裕なかったなー。
歩く事、進む事だけでなく
景色や建物など余裕をもって楽しみながら歩きたい。
そんな事を感じさせてくれた一日でした。
コメント

27番神峰寺

2007-08-26 09:53:49 | 遍路日記 土佐の国その1
2005お正月遍路の記録です。

1月5日
今日はお昼からになりますが、
27番神峰寺を打ちます。
真っ縦登れるかなぁ。

安田川を渡り、神峰寺を望む。
あの山の上ね。
今晩は麓の宿に泊まるので
荷物を預かってもらう。
身軽になって真っ縦へ。

最初は緩やかな車道を行く。
振り返ると海がキラキラ輝いている。
やがて山道になるが空は青く澄み渡っているので
しんどさはない。
冬のお遍路は暑くなく、天気も安定しているし
いいなと思う。
さっきまで寂しいとか言ってたけれど。
あっけなくお寺の駐車場に到着。
山道を歩いていたかと思うと
時折車道に出たり、
あれが真っ縦だったのかなと思う。
もっとしんどい道を想像していた。
車道の無い時代なら本当に
這いつくばって登るような道だと思う。
道はキツいが距離が短い。
でも楽にこした事はないです。はい。

お寺は山の斜面にそれぞれのお堂があり
また階段はキツいけれど、美しいお寺です。
お寺の裏手、さらに登ったところにある
神峰神社にも行きました。
神社手前の石段はかなりの急坂。
真っ縦より恐いものがありました。
お寺にお参りしても、ここまで訪れる人は少ないのか
ひっそりとした雰囲気です。
神峰山の公園になっているようで
遊歩道や展望塔などありました。
時間も遅くなり、太陽も傾いてきたので
帰る事に。
ゆっくりは出来なかったのが残念です。
それでも、お大師さまが腰掛けたという岩には行きました。
海まで見渡せますが、
大岩の下は崖状になっているのでちと恐い。

神峰寺の山門。
石の上でセルフタイマーで撮ろうと思ったら
カメラがひっくり返って傷付いてしまった。

今晩の宿は有名なおばあさんの宿です。
お風呂が熱く、薄めても薄めても熱くて入れなかった。
神峰寺のことを『お山』と呼んで
大事にしてるのが分かりました。
コメント (2)

白山登山 3

2007-08-26 08:45:34 | Weblog
8月18、19日と霊峰白山に登って来ました。

流れ星を見た。
ご来光を拝みに行く支度をして外に出たとき
スーと大きく、長く。
いくつもの星を飛び越して大きく流れた。

19日の日の出予想時刻は5:10。
ケビンを3:30ごろ出た。
辺りは真っ暗なので
頭に着けたヘッドライトだけがたより。
真っ暗なので歩きづらく、時間が掛かる。
4:00をまわり空が白みだしてきた。
雲海の上あたりが赤く染まりだす。
これだけでも起きたかいがあるなぁ。
展望台にはもう何人か着いて日の出を待っている。
途中追い越された人達か。
そのまま室堂まで歩く人達もいたとおもう。
雲海の間から稜線が見える。
左から剣岳、立山連峰雲がつづき
槍、穂高しばらく雲がつづき
八ヶ岳、また雲があって御岳山。
富士山は御岳山の影だそうだ。
いいなー。
ご来光は槍ヶ岳のすぐ左から上がった。
小槍を浮かび上がらせて登っていった。




下山コースは南竜から甚之助小屋へゆっくり
景色を楽しみながら下った。

夏、白山登山にはいい季節だと思う。
お花畑や緑が綺麗だし。
また来たいな。
コメント

白山登山 2

2007-08-23 20:15:16 | Weblog
8月18、19日と白山に登ってきました。

山頂、御前峰にある奧宮の社。

白山室堂にある奥宮。

白山奧宮御朱印。

白山の最高峰、御前峰登頂後
室堂に残してきた友人と宿の時間を考えて下る。
登りより、下りの方が苦手ー。

室堂から先ほど登ってきた五葉坂を下り
弥陀ヶ原の途中からエコーラインに入る。
五葉坂は登りもキツかったけど
下りもやっぱキツいわ。
エコーラインはお花畑の中を歩く。
クロユリを探すが見当たらない。
時期が遅いらしい。見たかったなー。
それでもピンクの花や紫のリンドウ、キキョウなど
咲いている。
トリカブトも咲いていたぞ。
しばらく行くと南竜の谷間がガスの合間に見えた。
別山に続く谷間に南竜ヶ馬場はある。
その景色に息を呑んだ。

ヨーロッパの山間部のような風景。
唐松の木立と緑の湿原(笹でした。)
スイス風の山荘。
白山という山のなかにこんな牧歌的な
風景を抱いていたのかと感動。
最後には転り落ちるような坂道をおりる。


今回の白山登山の直接のきっかけは
金沢の山岳会の企画で白山でギターコンサートをというもの。
太田真佐代さんというギター奏者のコンサートでした。
彼女の友人であるMちゃんとは登山仲間。
そんなきっかけもあり念願の白山に来られました。

コンサートじたい登山の後という事もあり
7曲ほどでしたが、山の中で聞くのは
ふんわりとした気分でいいものでした。

コンサートが終わると真っ暗な道をケビンまで歩きました。
夜空をあおぐと満天の星達。
街中では星達をつなぐ星座として星が見えますが
無数の星達で星座の星がつなげない。
それほど星達が見えました。
落ちてくるよう。手を伸ばせば届くよう。
夜空の真ん中にはぼんやりと白く雲のようなものが掛かっています。
聞くと天の川だそうです。
来てよかったーの一言。
下界ではお盆過ぎの猛暑の中
白山山頂では寒いほど、
防寒の格好で星を眺めました。
もちろん流れ星も。
わたしはいっこも見られなかったー。
残念でした。
コメント

白山登山 1夏休み

2007-08-22 19:07:36 | Weblog
8月18、19日と白山登山に行ってきました。
すっごくいいと聞きながら
登ったことがなかった白山。
石川県の人は子供の頃一度は登るらしく
話を聞くと
『あー 小さいとき登ったわ。」
感想
 やっぱ すっーげー良かった。

行程
 3:30集合
 4;00出発
  金沢から白山登山口バス停 市ノ瀬まで自家用車
 5:00市ノ瀬着
 5:30 
  市ノ瀬からバスにて登山口別当出合へ
 6:30
  登り始め
 7:15
  中飯場着 休憩 7:30出発
 9:00
  甚之助避難小屋着
 9:30
  南竜分岐着
 11:00
  黒ボコ岩着
 12:30
  室堂着
 13:30
  御前峰(山頂)着
 14:00
  室堂出発 
 16:00 
  南竜ヵ馬場着

集合はまだ夜中。前日早くに布団に入ったのに
メールの着信音で寝入りばなを起こされてしまう。
それから緊張と『眠らねば』というので
余計眠れない。
一緒にいった友人2名も同じく緊張と興奮で眠れなかったらしい。

市ノ瀬から別当出合は交通規制中。
バスに乗り換える。
みちはヘアピンカーブの連続。
バスで正解。
6:30登り始める。

甚之助避難小屋付近から景色が変わる。
南竜分岐で9:30
今日の宿泊先は南竜で、このまま南竜に進むと早く着いてしまう。
体力的にも余裕があるので
今日のうちに室堂、山頂に向かう。
分岐からは黒ボコ岩コースをとる。
お花畑の中を尾根伝いに登るのだが
最後の黒ボコ岩の手前がつづらおりの急な岩場になる。
景色が良いと思うがガスが掛かっていてみえない。
時折、ガスがひいてお花畑と広大な景色がみえる。
それでも日陰の無い所なので
太陽が出ないのは吉だったのか。

黒ボコ岩を過ぎると弥陀ヶ原。
視界が開けた瞬間ため息が出た。
広大な湿原、向こうに山頂 御前峰がそびえている。
先ほどまでの苦しかった登りがあったから
こうして美しい風景を眺めているのだと思った。
エコーラインとの分岐からは五葉坂。
険しい岩場が延々続く。
登り始めは御前峰の稜線が眺められるけれど
登るにつれ目の前の岩場ばかりしか見えない。
これを越えなければ室堂にはたどり着かないのだ。


やがて室堂。
バテている友人一人を残し
もう1人と山頂へ。
室堂までの坂もきつかったが
山頂までもかなりキツい。
それでも室堂に残った友人に
荷物を預かってもらったので背中は軽いけれど。
山頂までもうすぐという所で白山奥宮の社の屋根が見える。
もう少し がんばろう。

こうやって書いているとキツいがいっぱい。
なのに思い出してみると
キツいけれど楽しい。気にならない。
基本Mですから?

山頂での気分は最高!



コメント

夏の夕暮れ

2007-08-11 18:34:18 | Weblog
今日も暑かった
コメント

今日の風呂

2007-08-04 22:20:44 | Weblog
金沢市東山、大和温泉。
少し緑茶色のお湯。
ご近所さんのお風呂やさん。お年寄り率高。居心地◎。
\370 瓶牛乳\90
コメント