洋楽フリークス

洋楽、HR/HMのCD,ライヴレポート等。
2009年、娘を出産後更新をお休みしています。

VOL.3-2 元祖BAD BOYS ROCK N' ROLL~GUNS N' ROSES

2006年08月20日 22時47分15秒 | 私の洋楽歴
さて、前置きとは全く関係なく、いきなり本題に入りますが、
約1年半前に記事にしたGuns N' Rosesですが、
最近、Yumiko的注目株のAvenged SevenfoldのメンバーもGN'Rから影響されていると知りまして。
特にVo.のM.Shadowsさんに至っては、あの名盤『Appetite for Destruction』よりも
『Use Your Illusion』シリーズがすばらしいといっているではないですか。

ということで、久しぶりに聞きなおしてみたくなりました。

思い起こせば、アルバムが発売されたのは1991年、Yumiko、まだ高校生だったんですが、
初めてアルバム発売日に、CD屋さんに出向き、山積みになっていたそのCD2枚を
少ないお小遣いをはたいて購入したのであります。
初☆初日お店で購入CD、という思い出の品なのであります。
すごく、特別なことをしていると、にわかに興奮した記憶があります。

ユーズ・ユア・イリュージョンI【Use Your Illusion Ⅰ(1991)】
ガンズ・アンド・ローゼズ
ユニバーサルインターナショナル

このアイテムの詳細を見る


1. Right Next Door to Hell 
この勢いの良いOpeningは「これからどんなすごいことになるんだろう?!」
 という期待をすごく抱かせてくれました。

3. Live and Let Die 
ポール・マッカートニーの曲なのに、Axlの曲になってるwww
 PVみたいなのんがあったように記憶するけど、チェックのスカート
 (じゃなくてチェックのネルシャツを腰に巻いていただけかも)のAxlが印象的でした。

4. Don't Cry 
決して好きなタイプの曲でないのに、耳に残ってしまう。
 この曲のPVが発表されたときには、この曲の作曲者であるIzzyは既にGN'Rを抜けていて、
 PV中に「Izzy、どこいったの(帰って来い、だっけ?)」の文字が一瞬流れるのを観て、Izzyファンだった私はすごく寂しくなりました。

5. Perfect Crime 
ちなみに私はこの手の曲が大好きなんです。
 勢いだけじゃなくて、曲の展開もお洒落だわぁ~と思います。
 これ、途中に流れる声ってAlice Cooper?

9. Double Talkin' Jive 
私が1枚目で一番好きな曲。すべてがかっこよすぎでしょ。

12. Garden of Eden 
曲も好きですけど、この曲のPVが大好きです(→コチラ
 Axlを始めとするメンバーのハッチャケっぷりがおもろい!


ユーズ・ユア・イリュージョンII【Use Your Illusion Ⅱ(1991)】
ガンズ・アンド・ローゼズ
ユニバーサルインターナショナル

このアイテムの詳細を見る


5. Get in the Ring 
これって確かMotley CrueのVince(だっけ?)と喧嘩した勢いで
 歌っちゃってるナンバーですよね、確か。
 最後のAxlのセリフが、普段ほんまに言うてそうな言葉だなぁ、と感じたのを覚えています。
 何気にYumikoはそのセリフ部分を覚えようと努力して、汚い言葉を覚えてしまいました。

9. Locomotive 
私が2枚目で一番好きな曲。当時親友で一緒に予備校にも通っていた、
 「普段聴く音楽はJ-Pop、自分でピアノやクラリネット、バイオリンを演奏します」
 っていうお嬢な子がいたんですけど、いろいろいきさつがあって、
 彼女をハードロックの道に誘い、彼女がハマリ始めたころにこのアルバムを貸したら、
 エライこの曲を気に入りまして、「そうだよねー、カッコいいよねーリフが!」
 と盛り上がったのを覚えています。いい思い出です。

11. Estranged 
A7XのShadowsさんはAxlに、というかAxlが作るこの手のバラードに
 強く影響を受けているように感じるのは私だけだろうか。
 この曲の展開臭い曲が、A7Xの曲にもあるような気がするんですけど。
 かく言う私も、当時はこの長~いバラードを好んで聴いていました。
 "November Rain"よりもこっちの方が好きでした、いつ終わるねん!という気はしますが。

12. You Could Be Mine 
聴き飽きるほどに聴いたかも(笑)
 かの有名なシュワちゃんの映画、「ターミネーター2」の主題歌ですね。
 映画の雰囲気とすごくマッチしていて、かつ曲の展開も歌謡曲ばりに練りこまれてて、
 絶対ヒットするわ!という感じの曲です。


それにしても2枚組でアルバムを出して、ほぼ捨て曲なし!というのはすごいと思う。
今、久しぶりに聴きなおして、改めてそう思う。
確かに、『Appetite for Destruction』に比べれば、
リリースされたときのインパクトは雲泥の差かもしれないけど、
楽曲の多様性はこっちの2枚組(曲数が多いから当たり前か)の方があるよね。

それにしても、当時、Izzyが抜けちゃったのは残念だったなぁ。
その時点で私にとってのGN'Rはひと段落ついた、みたいな感覚になりました。
でも、最近のGN'RのTourではIzzyもちょっとだけ参加しているみたいだし、(バズもwww)
長らく発売を待たされているNew Albumも年内(って今年はあと4ヵ月しかないんですけど)
発売みたいだし、いろいろと楽しみになってきました。

来年のサマソニでヘッドライナーで来ないかなぁ~

コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« VOL.27 日本での評価が低すぎ... | トップ | 甲子園、すごかったですね »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Tomoko)
2006-09-02 03:13:49
Yumikoさん、おかげんいかがですか?

とりあえず退院されたようで安心しました。

仕事復帰は、しばらくは体力が戻るまで大変かもしれませんが、ゆっくりもどしてくださいね。



さてさてガンズ!彼らは不思議なフェードアウトの仕方でしたよね(笑)

誰かが死んだわけでもなく、解散したわけでもないのに、もう伝説のバンドになってる・・でも、これでいいのかなと思います。

健全(?)にロックと共に年を取り続けてるボンジョビと違い、やっぱり彼らはこの時代で一区切りついちゃったのかなぁとか。

下手に復活とかすると、「前のアルバムのほうがよかった」って絶対比べられちゃうと思うし・・



それにしてもアクセルは、本当に魅せるステージを演出してましたよね。あのエンターテイメント性はすごいって思います。



私もあの二枚組また聞きたくなっちゃった(笑)
確かに、最近のAxlは、ですよねー (yumiko-98)
2006-09-02 11:34:55
Tomokoさん、ご心配いただいて、ありがとうございます。



私も確かに往年のGunsは観たいけど、今のGuns(というかAxlバンド?)を観たいかというと・・・(;o;)

微妙な感じです、観たいけど、がっかりするかも、とか思っちゃって。

そう考えると、Bon Joviって解散や主要メンバーの確執もなく(メンバー脱退はありましたが)、良質なRockを提供し続けているってのはスゴイ子とだなぁとおもいます。

そして、いちばんすごいと思うのは、Jonのルックス!歳を重ねるごとにはますますかっこよくなっていっているような気が・・・。



Axlはといえば・・・触れんときます・・・Σ(´Д`lll)

過去の映像を見て、楽しんでおきます…

コメントを投稿

私の洋楽歴」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

Guns N' Roses (The Song Remains The Same)
エアロスミスの映像を調べていたら出てまいりました1992年のGuns N' Ro