洋楽フリークス

洋楽、HR/HMのCD,ライヴレポート等。
2009年、娘を出産後更新をお休みしています。

ハウステンボスと台風との追いかけっこ

2006年09月17日 23時59分59秒 | 旅行
<16日(土)>

以前から予約してたハウステンボスへ向け、11時台博多発のJR特急”ハウステンボス号”に乗車する。
天気予報では台風が来ますよ、って言っているのに、列車は満席。
「アホなんは、私らだけと違うかったねぇ。」
と言いながら、列車に乗った。

途中、佐賀県内では、徐行運転をしていた。
台風はまだこの時点では来ていなかったけど、前線の影響で大雨だったみたい。
予想よりも長く乗車させられたのと、ハウステンボス号には車内販売がない、
ということで、腹へるわ、ノド渇くわで大変でしたが、
ハウステンボス駅の1駅手前の”早岐(はいき)”駅で佐世保行きの列車と
車両を切り離す作業をします、ってことだったので、ちょっと時間があるかなぁ
と思い、Husbandとホームに出て、車窓から見えた自動販売機へ向かう。
「どれにする~?」と余裕こいて選んでいたら、後ろから
ガシャ、ガタン!
と音が聞こえ、車両が切り離されたのがわかった。さて、そろそろ乗らねば・・・
って、おーい、電車、いないやん!
見事にHusbandのリュックサックは走り去っていきました・・・
あ、1駅しか離れていなかったので、すぐに早岐の駅員さんに言って、
リュックをキープしてもらうよう、連絡をつけて大事にはなりませんでしたが、
ハウステンボス駅についてから、受取窓口のお姉さんに「くすっ」と笑われました、あはは。

さて、翌日は台風でハウステンボス見物でもなかろうとわかっていたので、
JR全日空ホテルにチェックイン(15時からだったけど、14:00前に入れてくれた)
した後、14:00からハウステンボスへ入園(入国、というらしい)した。

”カナルクルーザー(園内移動手段水上編)”に乗り、レストラン街で腹ごしらえをしてから、
”観光丸”とやらに乗ってみようということに。

↑大村湾をゆっくりしたスピードで遊覧します。
そして、この船のメインイベントは、乗客に帆船ならではのアトラクションを、というもの。


↑船の先っぽ、みんな歩いています。下には網は引いてあるけど、
海が見えており、足の置き場もないし、コワイっす、私たちは見ているだけw。
その他「地震や火事で逃げ出す時に便利なロープの結び方」講習をしていました。
しかし、そんなシチュエーションはアリ、なんだろうか??

その後、オランダ宮殿を再現したパレス ハウステンボスを見学。
とりあえず、乗り物乗っとくか!ってなことで、
”ミステリアスエッシャー”、”フライトオブワンダー”、”ホライゾンアドベンチャー”と、片っ端から。
ちなみに”天星館・天星ホール”っていうのは閉館していましたよ。

この期間中は「チーズフェア」なるものをしていて、それをキーワードにした
イベントやレストランメニューが出されているようで、
せっかくだからと、チーズワーフというレストランでチーズフォンデュセットをオーダー。
あまりワインが効いていなかったけど、満足できる費用(4,800円/2人)対効果でした。

その後は、ドムトールン(塔)に昇ってハウステンボスの夜景を楽しみました。
20:45~園内に花火が上がるとのこと、あと、1時間余りあったので、
花火が上がるところで、場所取りをしに行こうということになり、
打ち上げポイントのほぼ正面のテーブル席をKeep。
2人でビールやカクテルを飲みながら、花火までの時間を過ごしました。
最終的にはビール大カップ3本、カクテル1杯をあけてました(^o^;)

花火は15分あるかないかというところでしたが、BGMに合わせて打ち上げられる花火は綺麗でした。
なにせ、ベストポジションで見たから、かもしれませんが。

ホテルに戻り、ハウステンボスのオフィシャルホテル(?)では唯一温泉が引いてあるという温泉に入りに行きました。
みんなも花火を見ていたんでしょうか、大浴場は大混雑でした。
温泉はNaCa塩化物泉(?)ということで、まず、傷口にはしみるし、
鉄のような鉱物の味としょっぱい味が混ざったような味がするし、
色は茶色い濁り湯(最初は無色透明、空気に触れると変色するらしい)だし、
塩素無し・加水無し・かけながしだし、いかにも効きそうなお湯。
実際に翌日、足に出来ていた傷が綺麗になっていたり、肌はすべすべになって、
むくみも取れていたり、といいことずくめでした。

部屋から外を見ながらHusbandと
「な~んか風が強くなってきたねぇ。」
なんてのんきな会話をしながら眠りに(すぐ!)ついたのでした・・・爆睡!!


<17日(日)>
朝から温泉をのんびり楽しんでから、ゆっくり和食の朝食を食べ、
11:00ギリギリにチェックアウトしようと準備を進めていたら、HUSBANDから、
「なんか、フロントに聞いたら、JRの特急、全部止まってるって!」
と耳を疑う報告が。
とりあえず、ホテル内のショップで慌てて2人分の合羽を購入し、
チェックアウト後、コンシェルジュに今後の交通機関の見通しを聞くも、
「まだ、”運休見込み”が立っていない状況です。」とのこと、相当混乱している様子。

購入した合羽を羽織り、JRハウステンボス駅までダッシュ!
11:00過ぎでしたが、この時点でハウステンボスから駅までかかる橋の上では
突風が吹き荒れ、傘をささずに合羽を着て移動したのが大正解でした。

JR駅ではけたたましくアナウンスが・・・
「JR九州全線の特急が運休中です。博多や長崎空港へ行くには、
佐世保に出て、高速バスにご乗車ください!」

ちょうど10分後に佐世保に出る電車があったのでそれにとびのりました。
アナウンスによると、佐世保に出る電車ももうこれが最後になるかも!とか。

普段はこんなに混雑すること、ないんやろなーと思いながら、Seaside Linerというワンマンローカル線に乗ること約20分、佐世保駅着。

大混雑の乗客はほとんどが高速バス乗り場に向かうことが想定されていたことから、
あらかじめハウステンボス駅員に聞いてチェックしておいた階段近くのドアを出た瞬間、
階段~改札~「高速バス乗り場はどこですか?!」~横断歩道~高速バス乗り場まで
超ダッシュ!(←病み上がりとは思えない、西宮えびすの福男並みダッシュでした・・・)

高速バスチケット売り場に並ぶ・・・既に長蛇の列が出来ていたけど、
後ろにはSeaside Linerの乗客が続々と並んだ(走っておいて良かった・・・)。

この時点で12:00過ぎ、窓口にたどり着くと”佐世保~北九州間運休”、
”佐世保~熊本間運休”の文字が・・・(´・ω・`)
「え~っと、福岡まで大人2人。」
「14:40発まで満席ですね~、その時間になると、運休の可能性がありますけど、払い戻しできますんで、一応予約しておきますか?」

「・・・っていうか、それしか選択肢、ないですよね・・・。」

この佐世保バスセンターで2時間半も過ごすのか・・・

否!!!

My Husbandと相談して、
「せっかく佐世保まで来たんだし、本場の佐世保バーガーでも食べてみますか!」
バスに乗ってLog Kit(ログキット)という大阪にも数店舗支店のある、有名な佐世保バーガー屋さん本店へ。
(たぶん、本店です、名物のおばさん、丸田さんもいらっしゃいましたから・・・)

な、なんと注文してから1時間待ち!
↓写真は店内の様子です。

注文後、必ず
「出来上がり直前になったら呼びますので、車の中で待機していてください。」
って言われるんです。
で、私たち。
「あのー、歩いて、来たんですけど・・・・」
「・・・え?Σ(´Д`lll)」

そりゃ、暴風雨の中、バスで歩いてくる人なんていないんだろう。

「あ、じゃぁ、カウンターで待ってて結構ですよ。」
「じゃ、ドリンクを先にください。」
スペシャルサイズは、500mlは余裕で超える大きさでしたけどね。。。

↑リンクをご覧になっていただければわかると思いますが(HPは大阪の店舗のものですが、イメージはわかるかと。)、手のひらに収まりきらない大きさ(直径18cm)、いっぱいの具(特にハンバーグが美味だし、ベーコンお厚さが5mmでボリュームたっぷり。ソースが照り焼きマヨネーズっぽくて美味しい!)、これにポテトのSサイズがサービスで付いて780円!
あのボリュームでこの値段、なかなかリーズナブルです☆ミ

「美味しかったねー♪」
なんてHusbandと満足していたところ、時間は既に14:00。
ちなみにこのときに佐世保は暴風域に入っていたみたいです。
タクシーを呼んで、無事、バスセンターから出発する福岡行きバスに乗り込みました。

途中、西九州道で突風にバスが煽られて半車線くらいズルッと車体が横滑りしましたが、17:00には博多に到着。

JR博多駅、ニュースでごらんになった方はご存知の通り、
改札のシャッターは閉められ、軒並み店舗は弊店。
呆然とスーツケースに座り込む旅客、当日の宿泊斡旋窓口での長蛇の列。
へぇ~っとビビリながら、辛うじて動いていた地下鉄に乗り、
Husbandのおうちにたどり着いたのでした。

高速バスも16:00発からは西九州道の影響で運休、地下鉄も夜には運休と、台風に追いかけられながら、ギリギリんところで、辛うじて帰還!・・・っと、すべてがギリギリの旅行となってしまいました(汗)

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今後のライヴ参戦予定(Memor... | トップ | Giants 18 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しそう! (プルコ)
2006-09-20 21:46:36
「地震や火事で逃げ出す時に便利なロープの結び方」

うわ~、なんかシャレになりませんが、まずシーツを裂いてロープ作成するところからやってほしいかも。

…って、船で「地震や火事」の指導?(笑)



この船あれですね、タイタニックごっこできますね。



花火あり、温泉もかけながしで湯治効果ありで、よい休暇を過ごされて…とほのぼのしておりましたら

「西宮えびすの福男並みダッシュ」って!

意表をつかれて思わず声あげて笑ってしまいましたわ。



もうすごい機転とダッシュでご無事のお帰り、何よりでした。

なんかものすごく思い出に残りそうですね。



ところでバーガー屋の1時間待ちってすごくないですか?

注文入るたびに挽肉こねるとこからやってるんだろうか?
けっこう楽しめるハウステンボス(笑) (yumiko-98)
2006-09-21 00:48:17
プルコさん、こんばんは☆



>…って、船で「地震や火事」の指導?(笑)



そうそう、そうなんですよ!

もう、突っ込みどころ満載で。。。

ちなみに、乗船した人の3分の1の方々は実践していましたよ、真剣に。



>この船あれですね、タイタニックごっこできますね。



爆笑!いたいた、やってた人!

先端に船員さんがいるんですけど、お構いナシに

両手を広げて・・・でもコッチ向いてました。

自分の顔が写った写真を、下でカメラを構えている家族に撮ってもらいたかったのでしょう、

「逆だよ、アッチ向かなあかんやん!」

と突っ込んでました(*^o^*)



>ほのぼのしておりましたら

>「西宮えびすの福男並みダッシュ」って!



初日はほんまにリラックスできましたわぁ。

2日目は・・・散々でした(苦笑

けど、こういう旅って記憶に残りますよねw



>ところでバーガー屋の1時間待ちってすごくないですか?

>注文入るたびに挽肉こねるとこからやってるんだろうか?



手作り感はありますが、パテは最初からこねてありました。

店内が狭く、比例してキッチンも狭いので、

ハンバーグを焼く鉄板がせいぜい縦60cm×横100cmってところでしょうか、そこに直径18cmのハンバーグと、たくさんのベーコンを、ってなると1度に作れる数が12~15個くらいだったような気がします。

で、ハンバーグを割りとゆっくり目にじわじわ焼くので、1クールの時間がかかってたみたいでした。

なかなかマクドのようにはいきません・・・



持ち帰りでも店内で食べるんでも、車で待たされている人がめちゃ多く、

店の外の道路は縦列駐車の嵐でしたよ。

あ、そういえば、店のトイレのドアに『ハンバーガー屋さん繁盛により迷惑駐車』みたいな新聞記事が張ってありました(笑)。



そうそう、東京にも姉妹店見たいのがあるみたいです。(横浜は・・・なかったような。)

Zats Burger Cafe→http://r.gnavi.co.jp/a565901/

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事