洋楽フリークス

洋楽、HR/HMのCD,ライヴレポート等。
2009年、娘を出産後更新をお休みしています。

【CDレビュー】Blind Guardian『A Twist in the Myth』

2006年09月03日 17時03分58秒 | 洋楽レビュー(CD・DVD)
はい、まずはLoud Park 06 Osakaの1Fスタンディングのチケット。
確かにキョードー大阪(=主催者)のページから直接押さえたので
ある程度えぇ番号はもらえると思っていたけど、何せその日はSlayer Day・・・
最前ブロックなんかに行ったら窒息死確定、だから私はe+の2階席と二重に予約をしているわけで。
で、キョードー大阪から当選のお知らせが8月末に届いて、すぐ今日手元にチケットが。
開けてびっくり、90番台!!
あのー、私には要らないんですけど、こんな
「ふふふ、その気になれば3列目くらいは行けるヨ・・・」
みたいな番号!!
えぇ、もちろん自重しますよ。真っ先にちょっと段が上がったところのセンター最前列を
押さえにダッシュしますよ、ガラガラでしょうけど。
あ、2階席、取れていたら、そっちでおとなしく観るけどさ、
1日目(Megadeth Day)の2階席ってば、一番端っこなんだもん!(←ぴあにかなり憤慨中“(*`ε´*)ノ)
ムス大佐が見えないやんかっ(´Д⊂グスン
ということで、ひとまずLoud Park 06 Osakaにはフル参戦確定しました☆ミ

では、お次は・・・孤高のメルヘン・ジャーマン・メタル・バンド、
Blind Guardian(ブラインド・ガーディアン、なんでみんな「ブラガー」って言うの?)の
8月30日に発売されたニュー・アルバムのレビューです。

A Twist in the Myth
(ア・トゥイスト・イン・ザ・ミス(初回限定盤))

ブラインド・ガーディアン
ビクターエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


さて、このアルバムのレビューに入る前に、私の洋楽歴シリーズでは、
まだBlind Guardianについては取り上げていなかったと思うので、
さらりと彼らに対する私の想いを書いちゃうこととする

ぶっちゃけ、ジャーマン・メタルを好きだ、と公言することだけでも少しこっ恥ずかしいのに、
女子なのに「ブラインド・ガーディアンが大好きです、ふふ☆」
なんて言ってしまうのは本当に照れくさい気がするのは私だけだろうか。

パワフル!とにかくパワーで押しまくる楽曲の嵐!
曲の展開がクサい!ドラマチック!ちょっと民族音楽調な曲もあり。
指輪物語などのメルヘンや歴史物を題材にした曲が多い。
とにかくライブが汗臭い!客もメンバーも。
 (2列目で観た時、メンバーの汗がたくさん飛んできた!(ぐぇー( ̄Д ̄;)!! )
まぁ、こんなところが私がそう思う根拠だったりして。
うん、確かにさ、<今日は彼氏と初めてのドライブ・デート>っていうシチュエーションで、
「今日さ、私のおススメのアルバム、持って来たのーO(≧▽≦)O」
って言って、Blind GuardianのCDをカーステのCDトレイに載せる彼女・・・
という場面は想像できないよね・・・。
さすがの私も、そこまではしたことありまへん(^-^;)

でも、敢えて公言しましょう。
Yumikoはジャーマン・メタル、好きよ。
でもって、ジャーマンといえば、Blind Guardianやん。

一時期、ず~~~っと聴いていました。
Helloweenなんて、どこかに飛んでいってしまうほど。
というエピソードは追々また私の洋楽歴シリーズで紹介します。

では、全曲を聴いてみた感想です。(はお気に入り度です。)
ちなみに、まだ3回ほどしか聴いていないので、First Impressionってことで。

1. This Will Never End
まず、冒頭のギターリフの音を聴いて思うこと。→「なんか、音、洗練されてない?」
 やや速いの曲で(Middleが少し速い位)、コーラスも重厚です。
 初期の曲のパワーと中期のドラマチックな展開と、
 でも、あんまし汗臭くない雰囲気、いいやん、と私は思いますけど。

2. Otherland
ストリングス?のような音がいきなりイントロで聴こえるMiddle遅めの曲。
 サビメロのコーラスがこれまた重厚で、 
 Dr.がトーメンから26歳のBlind Guardianファンな若者フレデリックに変わったせいか、
 すごくDr.の音がパワフルというよりは、タイトに聴こえる。
 それに、ギターソロは往年のブラインド・ガーディアン節が聴けると思う。
 これも、ヨイ!(・∀・)

3. Turn the Page
こちらの冒頭はKeyを多用してるんだろうか、バグパイプで吹くのが似合いそうなメロディでOpening。
 でも、すぐ速くなったりで、緩急の付け方が上手い。
 サビメロのコーラス(ハモリ)は更に大げさだ。
 初期Queenすら感じさせるほどの展開、こんなん、大好きなんですよ・・・。
 たぶん、このアルバムのハイライト的な位置づけの曲じゃないかな。

4. Fly
これが先行でシングル・カットされたのね・・・・
 そりゃ、賛否両論出るはずだわ。このOpening、絶対Blind Guardianだって思わんって。
 どこぞのKey.が中心にフィーチャーされたメロパワバンドかと思うもん。
 それはOpeningだけじゃなくこの曲全体に言えるけど。
 Blind Guardian節を求めている人には、この曲は正直辛いと思う。
 私も、現時点ではこの曲を気に入っているかと言えば・・・それはない

5. Carry the Blessed Home
出ました、彼らの3拍子パワー・バラード!!というか、くどくない、思ったよりも。
 私にとっては前作、前々作の全体がクドすぎた。バラードはなおさら。
 でも、この曲の全体にはバグパイプのフレーズが流れており、ある程度の臭さはある(笑)

6. Another Stranger Me
一転、MiddleテンポのPower Tune。こうなるとDr.の音の軽さが気になる。
 このアルバム全体にいえることだが、ギターやドラムのパワフルさよりも、
 コーラスの重厚さ、Keyなどのメロディが楽曲を支配しているように感じる。
 この曲ではもっとギター&ドラムがもっと前面に出たほうがいいのに、と思う。
 うん、ギターソロんとこも、なんだかあっさりしているしね。

7. Straight Through the Mirror
これもストリングス系のOpeningだわ。曲自体はSpeedyな方です。
 だから、この曲、アルバムの中ではおススメかも!っていう人はいると思う。
 ただ、私的にはサビメロにヒネリ(?)がないのと、パワフルさをイマイチ感じられないせいか、あっさりした印象。
 でも、ギターソロ部分はアルバムの曲中、最も長い小節を弾いているんと違う?
 こうなると、初期~中期のこの手の曲と比較してしまう。そうなると、ねぇ。
 汗臭さがないよね、キレイなの、曲全体が。

8. Lionheart
このOpeningもモダンな印象がしましたね。
 全体的に、なんじゃこりゃー!(*゜▽゜*)って感じ。
 って思っていたら曲が終わっていました。

9. Skalds and Shadows
これは彼らが得意とする”おとぎ話バラード”の典型ですな。
 大げさなオーケストラちっくな音が彼ららしくてニヤリ。

10. The Edge
これもお約束のSpeedy&Power Number!
 (何がお約束かというと、#9のような曲のあとには大概こんな感じの曲が来るってところ)
 と思いきや、なんだか雰囲気がモダ~ンなんですけど・・・
 一瞬心配したものの、ギターの一瞬見せるフレーズにちょっと安心。
 なんだかハンズィ、発声法、変えた?と思わせるほど不思議な声も聴くことができる。
 (まぁこの曲に限らず、声についてはこのアルバム全体で言えることだけど。)
 目まぐるしく変わる曲の雰囲気(展開)、でもワンパターンなBlind Guardian節とはちょっと違う。
 うん、えぇと思うけどね、私は。あっさり終わってしまうこと以外は。

11. The New Order
アルバム本編の最後を飾る曲。バラード調とMiddleチョイパワーな雰囲気が混ざった曲です。
 パワーよりもサビメロ等のハモリンやギターの叙情的メロが目立ちます。
 壮大にしようとしているんだけど、重みが足りない。と感じるなぁ。
 っていうか、もう終わりかよ!!って終わり方をするんだなぁ、これも。

#12,13曲目はボートラなので割愛します。13曲目は初回限定ですよ☆ミ

【アルバム総論】
 今回は1曲1曲がコンパクトにまとめられている感じ。
 音については、ドラムの音が軽い、ギターがソリッド。
 時間については、6分超の曲はなし。
 ところどころにBlind Guardian節が散りばめられています。
 けど、何かが足りないんですよね、「ガツン!」とか「グワァァァ~」っと胸にむるものがない。
 あまりにも洗練されすぎているんです。汗臭くない、キレイなんです。
 これはこれでいいと思うし、私も過去のBlind Guarianの音ばかりに固執するつもりは毛頭ないけど、
 Blind Guardianマニアの人(昔からのファンですって人)は、このアルバム、キツイような気もするな。
 私にとっては前作、前々作のような「そこまでクドイとちょっとなー(^_^;)、聴いてるだけで疲れるよ。」と思っていたので、
 第一印象は前2枚よりはこのニュー・アルバムの方が断然好印象ですね。
 通しで3回聴いたけど、さらっと聴けるし、疲れないヾ(^o^)ノ゛。
 結論・・・いいアルバムかそうでないかと言うと、いいと思う♪
 以上、駄文・長文、失礼いたしました

コメント (13)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 秋の夜長のDVD~(Motley,AC/... | トップ | M・シューマッハー、今季限... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Airy)
2006-09-04 05:15:05
こんばんは♪コメントありがとうございました<(_ _)>

新作はブラガの魅力だった”漢の汗臭さ"が消えちゃいましたね!

#1~3の流れはまさにブラガ!なんですが、ドラムが軽いしコーラスも汗が飛び散らないんで、えらくアッサリ感が強いですねw

私は"Fly"も新しい音で結構気に入ったんですが、もっとバスドラ効かせてくれたら印象も大分変わりそう(^ ^

ただ"漢汁"が減った分、アルバム通して聴いても疲れなくなりました(爆

"今までのブラガ"と思わなければ、このアルバムは凄くいい出来ですよね!なんだかんだ言っても気に入ってます♪

また遊びに来ますね~♪
なつかしい! (bials)
2006-09-04 07:27:02
どうも!



ガーディアン、今でも頑張ってるんですね。つい嬉しくなっちゃいました。

ガーディアンには1つ感謝していることがあります。

10数年前、彼らが出したアルバムにスティーブン・キングという作家が書いた「タリスマン」という本をコンセプトに作ったモノがあるんですが、そこからキングを知り、おかげでそれ以来キングファンになり、他のキングの本で読書が広がりました。

当時、ライブにも行きましたが、パワフルで男気って感じの男前なライブでした。

ジャーマン系はかなり好きですが、僕はハロウィンの方が結構好きなんですが・・・。
Unknown (yumiko-98)
2006-09-04 23:50:55
Airyさん、コメ、サンクスです☆



>新作はブラガの魅力だった”漢の汗臭さ"が消えちゃいましたね!



そうですよね~、私もそこが一番好きだったんですけど、小奇麗になってしまいましたヽ(>_<)/



>私は"Fly"も新しい音で結構気に入ったんですが、もっとバスドラ効かせてくれたら印象も大分変わりそう(^ ^



そうですね、初回限定盤のボートラ、”Dead Sound Of Misery”は”Fly”の別Versionで、私はそっちの方が気に入ってます(^o^)



>"今までのブラガ"と思わなければ、このアルバムは凄くいい出来ですよね!なんだかんだ言っても気に入ってます♪



実はこのアルバムの1,2枚前よりも気に入ってます。

繰り返して聴いても聴いても疲れず、曲自体がヨイので、何度も聴きたくなりますよ☆

(でも1日5回はさすがに疲れましたがww)



>また遊びに来ますね~♪



ぜひぜひ、私も遊びに行きますぅ~、よろしくデス♪
Unknown (yumiko-98)
2006-09-05 00:06:43
bialsさん、ようこそお越しくださいました♪



>ガーディアン、今でも頑張ってるんですね。つい嬉しくなっちゃいました。



頑張ってますよ~、Dr.のメンバー交代がありましたが、ジャーマン・メタルの重鎮としてご健在です☆



>ガーディアンには1つ感謝していることがあります。



彼らはホンマに文学に造詣が深く、特にハンズィ(Vo.)は『ロード・オブ・ザ・リング』を始めとするトールキン作品のマニアでもあります。

私の場合、メルヘンと読書は苦手なのですが、ハンズィのことが思い出されて、映画で『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズをCompleteしました☆

そういう意味でも、音楽から文学への広がりってけっこうアリですねっ。



>当時、ライブにも行きましたが、パワフルで男気って感じの男前なライブでした。



そして、周りも男(漢!)ばかりで、しょっぱくて、大変な思いをしましたΣ(´Д`lll)



>ジャーマン系はかなり好きですが、僕はハロウィンの方が結構好きなんですが・・・。



バンドはBlind Guardian、Vo.はラルフ・シーパースが好きなんです(^^

Helloweenは初期~キスケさん時代が好きでした♪
Unknown (Unknown)
2006-09-05 02:18:09
そうハンズィはファンタジー系が好きみたいで、

まさに「タリスマン」はヒロイックファンタジー。ロード・オブ・ザ・リングの現代版って感じですかね。



あー、ラルフ・シーパース好きです。

ガンマレイ初来日、3日間連続で通いましたね~~~。



ちなみにHelloweenは全部好きですが、ピンククリーム69好きだったんで、アンディ時代も大好きです。
忘れた (bials)
2006-09-05 02:20:21
名前入れ忘れました。上のコメントはbialsです。
Unknown (nr)
2006-09-05 20:31:08
なんか、明るくないですか?



爽やかで明るいブラインド ガーディアン。



う~~ん、なんかええ事があったんか、新たな境地に到達したんか。。。

Unknown (yumiko-98)
2006-09-07 00:13:27
bialsさん、どうもです。



>まさに「タリスマン」はヒロイックファンタジー。ロード・オブ・ザ・リングの現代版って感じですかね。



スティーヴン・キングといえば、私的には『シャイニング』・・・、本ではなく映画で知ったんですが( ̄▽ ̄;)!! 



>あー、ラルフ・シーパース好きです。



今年2月に 初生ラルフを観れるはずだったんですけど、前日夜からインフルエンザで高熱を出し、ライヴ当日の朝は救急車で運ばれるという状態だったので、泣く泣くチケットをただの紙切れにかえましたorz
明るいBG(笑 (yumiko-98)
2006-09-07 00:16:45
こんばんは、nrさん♪



>爽やかで明るいブラインド ガーディアン。



爆!ほんま、そうですよねー。

ハンズィの歌唱法、特に高音が今までになく透明感に溢れ、Power&Speedよりも歌メロが前面に出ている。

リミックスの仕方だろうが、バスドラの音が妙にタイト。



Dr.のメンバーチェンジがあって、心機一転というところでしょうかね~
爽やか? (Yoshi)
2006-09-10 00:51:45
こんばんは。

ブラガの新譜、気になっていたのでレビューは凄くうれしいです。

なるほど、おとなしめになっているようですね。。。

どっかで試聴してみようとは思いますが、ここ最近の

ブラガは試聴でパスだったので、今回もパスしそう。

ちなみに、ブラガは2nd、3rdがめちゃくちゃ好きでした。

コメントを投稿

洋楽レビュー(CD・DVD)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

私的ブラガレビュー① (Fury of the Storm)
 テスト勉強するのも飽きてきたので、現実逃避も兼ねて、Blind Guardianの新作、『A Twist un the Myth』のプチレビューを敢行したいと思います。  勝手ながら★1つで1点、☆1つで0.5点で5点満点とさせていただきます。  1.This Will Never End (★★★ ...
モダンボーイになったブラガ BLIND GUARDIAN : A Twist In The Myth (Spirit In The Sky)
BLIND GUARDIANの新譜を手に入れてからはや10日。ファーストインプレッション書いただけで放置してたんで、そろそろ続きを書かないと・・(^ ^;コメント欄でゴニョゴニョ書いてるのも...