「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アイカツ!135話「世界の中心はここね!」感想

2016-05-30 23:55:04 | アイカツ!
※この色はあかりちゃんのセリフ
※この色はスミレちゃんのセリフ
※この色はひなきちゃんのセリフ

・ユウちゃん、再び交換留学へ
京都への交換留学がものすごく勉強になったから、今度は神戸の学校へ行くらしい。見送るあかりちゃん達…、と、ユウちゃんの現ルームメイトのまつりちゃん。…寂しいよねえ、実際。なのに笑顔で見送って、すごいなー。

・そして神戸からスターライトに来るのは
「栗栖ここね」ちゃん。なんと、みやびちゃんの友達らしい。
その、噂の当人はすでにきっちりスターライトの制服を着て、スキップでスターライト学園の正門前まで来ていた。
「ふふっ…。ここが、スターライト学園。私の知らない世界が、ここにあるのね…。…でもね、たとえここがどこであろうとも!
世界の!中心は……!」


「ここね♪」
…………えーっと………。
どうしよう………。
とりあえず顔はかわいいな!(←ひどい)
てかホントにこれがあのみやびちゃんの友達なの!?(←超ひどい)

・翌朝
朝礼にて、ジョニー先生の後から教室に入ってくるここねちゃん。自己紹介をするように促され、また先ほどの「世界の!中心は~! ここね♪」を堂々とフリつきで披露する留学生に、「わあ~~」みたいな、概ね好意的なリアクションを返すスターライトの生徒たち(さすがや…)。

「(なに?そのリアクション…。)」
顔wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
神戸では皆が、この後に「だよねーーー!!!!」と返してくれるらしい。

何この…取り巻き的な……w

・スターライトの生徒たちェ…
思い通りのリアクションが返ってこないことに困惑するここねちゃんだけど、生徒たちは「かわいい決めポーズ!」「覚えやすいキャッチフレーズ!」とか言って結構本気で褒めている。ここねちゃんは心の中で「(そうじゃないでしょ!?)」って言ってるけど、うん、本当にそうじゃない。うちもそう思う。
誰かもっとツッコんでやれよ!!!!!いきなり何言ってんのコイツとか!!!!!
…いやまあ、このどスルーがアイカツ!のおもしろいところだよね…。わかっててもうちはツッコむけどね…。

・席はあかりちゃんの隣です
ユウちゃんの席に座るわけだからね。みやびちゃんと一緒やね。
みやびちゃんとは違い、あかりちゃんを見て「大空お天気で人気急上昇中の『大空あかり』」だ、とか、ジュリちゃんを見て「アイカツ先生の主役の『紅林珠璃』」だ、とか頭の中で考えてるここねちゃん。…まあこの場合はアイドルにも相当疎い様子だったみやびちゃんの反応のが珍しいんだろうけど……。そして、これ。
「(どんなアイドルがいたって、世界の中心は、ここねなんだから!)」
しかしライバル心をむき出しにするわけでもなく(内心抱えてるとかでもなく)、二人にも普通に笑顔で対応するここねちゃん。学園の中を案内するって言う二人にもにこやかにお礼を言ってついて行くし。…本当にみやびちゃんとは対照的やねー。野暮用……(←印象的過ぎて忘れられないフレーズ)。

・でも、本当に仲良しらしい
スターライトの様子もみやびちゃんから聞いてた様子。出会ったのはお仕事だけど、何度も一緒にお仕事するうちに「一番の仲良し」になったらしい。…まあ対照的だからこそ仲良くなるっていうのはわかる、気もする。

・そこにスミレちゃんとひなきちゃんが
あかりちゃん達の時と同じように「チュチュ・バレリーナで人気の『氷上スミレ』」、「雑誌専属モデルの『新条ひなき』」と頭の中で情報と目の前の本人を重ねているここねちゃん。それでひなきちゃんがキラリン☆って感じにあいさつしたので、呼応するようにあの「世界の!中心は~~ここね♪」を返すんだけど、やっぱり求めていた反応は返ってこない。ひなきちゃんは拍手してるしスミレちゃんは「素敵♪」って褒めてるんだけど、「(そうじゃないでしょ…。)」って。
たまらず、ここねちゃんはこう言う。
「スターライトの子達って、ノリが悪いの!?それともまさか、私のこと知らない……まさか!そんなわけないよね!?」

・その頃学園長室では
「栗栖ここねは、神戸では知らぬ者のいない有名な人気ローカルアイドル。」
……ジョニー先生が解説してくれました。

てかおいしそうなロールケーキを、一口!一口でいっちゃってる!!
もちろん学園長も一緒に食べてます(ちゃんと小さく切り分けて食べてます)。
「ローカルアイドル。その地方を活動の中心としたアイドル。『ロコドル』なんて言い方もするわね。」
おお、何かそういうアニメがあったの知ってるけど(すいません見てません)…ちゃんとした通称なんやね。
「ロコドル」である彼女との出会いで生徒たちに…そして彼女自身にもきっといい影響があるだろうと期待している学園長。
「栗!!デリシャス!!このロールケーキめちゃウマですね学園マザー!!」
「ええ、めちゃウマね♪」
ちょっ……学園マザーかわいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!めちゃウマって!!!!!

・おとめ御殿…ではなく、さくら荘前にて
みやびちゃん情報では「おとめ御殿」だった建物の名前、今は名前が変わってるんだと皆に教わるここねちゃん。そうか…北大路先輩がクイーンになったのは、みやびちゃん帰った後だったもんね。
そこに別の生徒が通りかかり、今までの子はノリが悪かっただけだ!と三度「世界の中心は~~」をやりに行くここねちゃんだけど、やはり喜ばれ、褒められるだけ…。
「おかしい……。」
「どうしたの?」
「なんでなんでなんで!?ねえ、これは知ってるわよね!?」

「『神戸はここね』…?」
「ここねちゃん、CD出してるんだ。」
「聴きたい聴きたい!」
「知らない」と言ってあげないのは彼女たちの優しさなのか……。
「なんで知らないの!?神戸のFM六甲山では、毎日200回はかかってるのに…!」
かけすぎやFM六甲山!!wwwwwwwww ていうか演歌!?演歌なの!?アイドルなんだよね!?www
ここねちゃんをイメージしてつくられたというリスのマスコット「クリスちゃん」のキーホルダーを出しても皆は知らない(「ネズミ?」はちょっとひどいぞあかりちゃん!!w)。
「どうしてスターライトの子達は私のこと知らないの!?神戸だったら…!」
そこまで言って、自分の言葉にハッとするここねちゃん。神戸では街を歩けば皆が嬉しそうに声をかけてくれてたけど……
「…そうか…、ここね、神戸でしか有名じゃなかったんだ…。ここじゃ、誰も、ここねのこと……」
あ…、泣きそう…。
「知らないんだーーーーーーー!!」
「ここねちゃん!?」

かわいそうなのに、ここのギャグみたいなダッシュでどうしても吹くwwwwあかりちゃんの手の伸ばし方とかwww

・木陰であおむけに寝転んでいるここねちゃん
「ここね…、世界の中心じゃないのかも……。」
回想。みやびちゃんの言葉。
「アイドルの世界は広い。ここねもスターライトへ行って、自分の知らない世界を見てくるといい…。」
その時はその言葉の真意は全然わからない、という顔をしていたここねちゃん。だけど、今は。
「みやびちゃん…。世界は広いね。ここねの事知らない人も、いっぱいいるんだね……。」
うーん……井の中の蛙が大海を知った、ってとこですね。一度こう…へこまないと成長できないから、今はつらいけどがんばれここね。
呆然と上を見上げていたここねちゃんが、ふと、自分の顔のそばに四つ葉のクローバーが生えているのに気づき、

優しく微笑む様子に胸が締めつけられます…。インパクトありすぎる登場とそのキャラクターになんやコイツと思ってたけど…悪い子じゃないんだなあ…(悪い子なんてアイカツ!にいないって頭ではわかってるんですが)。

・そこへ、心配して駆けつけるあかりちゃん達
ここねちゃんが走り出したときもポカーンとしてたし、多分走り出した理由もちゃんとはわかってないんでしょうね(いじわるとかじゃなく本当に「栗栖ここね」を知らないから、そのショックも想像できない、と…。いや、しゃーないよねこれは…)。
だけど、それでも心配で、走って追っかけてきたんだなあ…。いい子達…。
あ、でもここねちゃんに理由を聞かないあたり、なにか察するところはあったんでしょうね。お腹が鳴ってしまって赤面するここねちゃんを、自然に食堂に誘います。おいしいドーナツがあるよって。

・ドーナツを一口食べて、ため息をつくここね
「ここねちゃん、ドーナツおいしいでしょ?」
正面に座ってるのにため息は全力スルーでこのセリフ!あかりぃ!!…でも遠慮がちな「…うん。」が、本当はそこまでおいしくないけど気を遣ってそう言ったのか、さっきのパターンと同じで「(こんなおいしいドーナツあるんだ、世界は広いな…)」的な気持ちが入ってるのか、結局よくわからない…。
そこへ四ツ葉さんがいいタイミングで現れて、あかりちゃんは嬉しそうに紹介する。声を聴いただけで反応し、顔を見てはわわわ…!って感じでめちゃくちゃ動揺するここねちゃん。ひなきちゃんらが紹介する声もさえぎり「よっしゅん!!」と叫んでしまう。
スターライトの生徒も知らない、四ツ葉さんのアイドル時代の愛称が「よっしゅん」らしい。
「君みたいな若い子が、よく知ってたね。」
「はい!」 立ち上がり、さっきつんだのであろう四つ葉のクローバーを差し出すここね。
「ずっと……好きでした!!」

昔の愛称呼ばれても全く驚かず、いつもののんびりした感じを保ってた四ツ葉さんも、さすがにここはびっくり。てか頬を染めんな頬を!
まわりはもっとビックリ!……すげえ、さっきのちょっとしんみりした雰囲気、もう完全にふっとんだ!w

・知らずに「よっしゅん」の作ったドーナツを食べてた…!
めちゃくちゃ動揺するここねちゃん。
「よかったら、まだたくさんあるから。」

宣伝乙!

・初恋
お母さんが大ファンで、一緒に見てるうちに好きになったらしい

お母さん!かわいいなw そしてなるほど、「四ツ」「春」=「よっしゅん」なのね。
ここねちゃんがアイドルになったのも、いつかよっしゅんに会えるかもと思ったのがきっかけらしい!すげえ。会えた!!
そして四ツ葉が好きなのもそれがきっかけらしい。好きなブランドも「レトロクローバー」。着ると、おいしいお菓子を食べた時みたいな気持ちになるって…。

・「栗栖」という名字に反応するよっしゅん
「栗栖って…もしかして、神戸の『シャテーニュ』のお嬢さん?」
「そうです!よっしゅんが知っていてくれるなんて、もう幸せすぎる~!」
有名なお菓子屋さんだそうです。シャテーニュはフランス語で「栗」。ロールケーキが大人気だそうです。

チビキャラ化かわいい。

・「シャテーニュロール」を食べてみたい!!
それなら、と学園長室へ行く皆。だけどおみやげのロールケーキはジョニー先生が全部食べちゃってたwww そりゃあの勢いならな…。
「食べ過ぎだって、私は注意したのよ?」 学園マザーかわいい。
反省したジョニー先生、「神戸までひとっ走り買ってくる!!」とか走り出そうとするけど、それを止めるここねちゃん。なんと、こちらにもうすぐ支店がオープンすることになってるらしい。オープン記念でライブもするらしい。

・その後
キッチンにて、無言でドーナツとにらみ合ってる四ツ葉さん……を、陰から見ているここねちゃん。
何か悩んでるのかと声をかける。四ツ葉さんは新作のドーナツを考えてるんだけど、いいアイディアが浮かばないらしい。
皆が集まる食堂の方を見やって話し始める四ツ葉さん。
「…ここは、アイドルの子達が羽を休める場所。…アイドル時代、僕はとっても忙しくてね。時には疲れてしまうこともあった。そんな時でも、甘いお菓子を食べると、元気になれたんだ。」
「…『スイーツは元気のお薬』…。」
「え?」
「父がいつも言ってるんです。食べてくれた人を、元気にするお薬みたいなお菓子を作りたいって。」
「そう!そうなんだよ!だから、アイドルの皆を元気にできるような新しいドーナツを作りたいんだけど…!」
珍しく?食い気味に、興奮してそう言う四ツ葉さんに何か思うところがあったらしく、「よっしゅん、待っていて下さい!」とだけ言い残して走ってどこかへ行ってしまうここねちゃん。

・走って向かった先は…オープン準備中の新店舗
お父さんとお母さんにお菓子の材料を分けてもらって、寮の食堂(だよね?)で何か作りはじめるここねちゃん。決して自分から周りに呼びかけたわけじゃないだろうけど、何か必死そうな様子にとりあえずやってきたのだろうあかりちゃん達や、「何かやってるらしい」と聞いた他の生徒たちも自然に手伝う流れに。

「粉はさっくりかき混ぜて!」
「ハイ!」「ハイ!」
「栗は渋皮もしっかり剥いて!」
「あ、はい!」
……あんまりなごやかな雰囲気じゃないwww
真剣だ、めちゃくちゃ真剣だ…でも楽しそう!

・そして栗とドライフルーツを使ったドーナツが完成
一口食べて褒め、そしてお礼を言う四ツ葉さん。どんどんアイディアが浮かんできたって。
それを聞いて嬉しそうに笑うここねちゃん。
手伝った皆も一様に、お疲れ様、楽しかった!とここねちゃんの努力を讃える。
あかりちゃんは「ここねちゃんの言った通りだね」って。今、まさに世界の中心…!

・そしてオープンの日
お店は大盛況!
「ハーッハッハッハッハッハッハ!!」

買いすぎですwwwwwwジョニー先生wwwwwww

・ここねちゃんのお母さんにあいさつをしに行く学園マザー
ここであの「決めゼリフ」が生まれたの理由が語られる…!最初に言ったのはお母さんらしい。ここねちゃんがまだ小さい頃…
「パパとママの世界の中心はここね。」
「…ここ?」
「そう。世界一可愛い娘だから…!パパとママの中心はここなの。」
「えへへ…!せかいの、ちゅうしんは、ここね?」
嬉しそうなちっちゃいここねちゃんがめちゃくちゃかわいい。
「親ばかでお恥ずかしいです。」
「いいえ…、素敵なお話です。」

この会話がなんかすごく…好き…。

・記念ライブ
「…よし。おいしいお菓子みたいに、皆を元気にするライブにしよう!」
んでステージなんだけど……これがもう、めちゃめちゃかわいいの!!ビックリした!!

ドレスもかわいいステージもかわいい歌もダンスもかわいいって何これ最高じゃん!!

この表情もかわいい。やばい、好き…!

・そして終了後…
お母さんに差し出される花束。それを持つ男性は……
「オープン、おめでとうございます。」
「!!!! よ……よ……よ……」

「あ、そうだ。ママに言うの忘れてた。スターライトにね」
「よっしゅん!!!!!」
反応が母娘一緒やでwwwwww かわいすぎるwwwwww

・ライブ最高だった!と言うあかりちゃんらにお礼を言うここねちゃん
スターライトに来てよかった、って。知らないアイカツの世界を知れたから、これからもっと世界を広げていきたい!って。
でもそれはここねちゃんだけじゃない。あかりちゃん達だってこの出会いで、まだまだ世界は広くて色んなアイカツがあるってわかった…。
「でもね、たとえここがどこであろうとも……!
世界の、中心はーーーー、ここね?」


「「「「だよねーーーーー!!」」」」
おお!やっとここねちゃんの望んでた反応wよかったね…。

・忙しい回だった
ここねちゃん、登場回から一旦へこまされて、復活して、最後のセリフに至る、と。忙しい……けどまあ、へこましてそこからの復活だけに丸々1回かけるとどうしても重くなってしまうから、アイカツ!的にはこれでいいんだろうな。
今までのアイカツ!に全然いないタイプのキャラなのでちょっと緊張しましたが、やはりいい子でよかったです。つーかステージ本当に好み。大好き。
Comment   この記事についてブログを書く
« 東京のドーナツの写真とか。 | TOP | 大喝采☆行脚・その1 »
最新の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | アイカツ!