「パティシエになりたーい!」ブログ。

元パティシエ・オペラのお菓子の話やらオタクっぽい話やらのごちゃ混ぜブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デスノはすごい

2009-01-27 16:53:10 | 感想文
遊戯王文庫版13巻感想…書ける気がしません!!(えー)
ほんっま、…どっから書いていいやら…。
今までも書くのが大変だった巻はあったんですけど…(3巻とか6巻とか8巻とか)それでも何回も読んでたら手がかりはつかめるんですけどね…。どうしよう。
でも書かないと先が読めないので(←私が)、書きます…。

で、タイトルの話。
あまりに「行き詰まり感」を味わったので、久々に別のマンガを読んでみようと思いまして(最近、本当に遊戯王以外読んでませんでした)。
本棚から引っ張り出してきたデスノートを読み返してみたんですけど…
やっぱ、めっちゃおもしろい…!!
夢中で読み進めちゃいました!字が多いから大変なんだけど!
1~7巻・8~12巻と二日で読みきりました。
バランスおかしい?ソウデスヨネー。
でも読んだことのある人なら、どうしてこういう切り方したか一目瞭然ですよね!

ネタバレ…注意、なのか?
何年もたってるわ、映画にもなったわ地上波でも放送されたわ…だけど…
まあ一応。ネタバレですので未見の方はこの先はご注意下さい。



7巻はLが表紙です。
この巻でLが死にます。ライトとLの戦いに、決着がつくわけですね。
しかしデスノートをめぐる物語は終わらず、Lの後継者であるニアとメロが出てきて、ライトと戦うのです。そして、12巻にて、完結。
(どーでもいいけど…「戦う」が「闘う」って変換される!遊戯王の影響で…)
7巻までの第一部、Lが死んでからの第二部……
世間的な評価までは詳しく知らないんですけど…少なくとも私の周りでは…「第二部はあんまり…」という声が多い。
今じゃなくて、書店員だった頃も。デスノは人気あったし、それこそうちの本屋さんの人は高い割合で購入してた。でも。「前半は、おもしろいんだけど」という声が多い…。うちもそれをずっと聴いてたから、自分が買うときも「7巻まででいいかなあ…」という気持ちもあった。

でもさ、…おもしろいと思うんだけど…第二部も。つか、すげーおもしろいんだけど…。
第二部がなんでおもしろくないか、っていう理由を聞くと、たいてい「物事が進んでない」とか「作者もめんどくさくなったんじゃないかって感じがする」みたいな答えが返ってくるんだけど…まあ確かに、動きは少なくなってる…よねえ。Lもライトがやるようになってるしさ。
だからこそ、通信でのやりとり…あの、ニアが言葉巧みに、「キラは本部内にいる」って考えを浸透させようとするくだりとか、最高じゃないですか!!しかもライト通して!うっわ、これライトめっちゃむかつくやろうな、みたいな!

ていうかさ、…みんなLが大好きだったんですよね。わかります。
私もめっちゃ好きだし。Lの影響で角砂糖家に常備するようになったし(えー)。
ライトとLとの対決がなくなったから、第二部が物足りなく思うんですよね…。なによりそれが最大の理由ですよね…。
でも…ニアも、ニアもいいじゃないですか!かわいいよ!!
表情がめっちゃ変化するのがかわいい!これはLにはなかったポイントです!
「ふーん、見たんだ」のムカつく顔も、アメリカがキラに屈した報道を見たときの真剣な怒り顔も、相沢と話す時のスネたような顔も…かわえええええ!あと、なによりLを想って話すところの表情も大好きです。
「私やメロにとって、Lは憧れでもあり、尊敬に値する唯一の人間…。Lは、ワイミーズハウスの者全ての目標だった…。その尊敬し目標とするLがキラに殺されたのは明らか…。どんな手を使ってでも捕まえたい…当たり前の感情だと思いませんか…?」

そして私はメロも大好きです。手段がめちゃめちゃ過ぎるけど…それもすべてキラを捕まえるため。しかも、…ライバルである、ニアより早くと考えたため。どれだけがんばってもニアに勝てなかった…というあたりの回想がたまらない。…アレ?またライバル萌え?(ex.某社長)
最期がかわいそうすぎたけど…でもさ、物語のラスト、ニアがライトを追い詰めるところで、「メロのおかげです」って言ってくれたから…それでちょっと救われた…(メロじゃなくて…私が、だけど…)。あのシーンが最高に好きです。多分、デスノートで一番好きなシーン。
「互いが互いの目標とする者を超せなくても…二人ならLに並べる。二人ならLを超せる。そして、今……私達は、Lが証拠を挙げられなかったキラに、Lが敗れたキラに…確たる証拠を突きつけている!…言い逃れられるのなら言い逃れてみてください。」
私達、ですよ……!私達!!
よかったね、メロ…いやメロ的にはよくないかも知れないけど…でもメロの行動がなかったら確実にニア側が負けていた、っていうのを考えると…うん、ありがとうメロ!

ライトは……まあ、妥当な最期でした、よね。
デスノはどういう風に完結するのか…みたいなことは連載中ずっと話題になってたと思うけど、…ああするしかないよな。うん。
妥当、はおかしいか…。もっとひどい罰を受けてしかるべきだった。
でも…あの、最期の「ちくしょう…」って言葉と、表情を見てたら…かわいそうな気もするけど…。でも、ニアの言うとおり…神なんかじゃなくて…人間で……人間なら、人を殺したら、殺人犯だから……

ライトも実は、めっちゃ好きです(嫌いなキャラいないな…デスノ…)。
今回読み返してみて、特に前半は「ライトもかわいいじゃん!」って思ったり。テニスのあたりとか、かわいいよ!リュークのやりとりとかもね。


うーん、デスノはやっぱりすごい。おもしろい!
絶対売らないわこれ。
…さて、息抜きにもなったし…再びデスノは本棚に押し込んで、遊戯王13巻読むか…。
Comment   この記事についてブログを書く
« かっこええええ! | TOP | 小説って、 »
最新の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 感想文