連れ添いバトル

なにかと夢さんを指図したがるオバサン。
何とか一泡吹かせてやろうと思えども、なかなか敵も手ごわい。




消防署の対応に感謝!

2018-01-18 | 健康・高齢生活

夜の9時過ぎ、二階に上がった夢さん。
洗面所のドアを開けて愕然!! ガソリンのような強烈な臭い。

何が起きたのか一瞬理解できない。直ぐにオバサンを呼ぶ。
オバサンも臭いに驚愕の態。30分ほど前は何でもなかったそうだ。

直ぐに換気扇を回した。どうしたらいいか二人とも判断が付かない。
「消防署に連絡してみる?」「だけどなぁ・・・」

大袈裟になったら困ると思ったが思い切って119番に通報。
「こんな事で電話して申し訳ない」と恐縮しながら事情を説明した。

「万が一の事が有ると危険なので直ぐ行きます」との事。
困ったな・・・と思ったのだが、ガソリンでも撒かれていたら大変。

「サイレンを鳴らして来るんですか?」ご近所の目が気になる夢さん。
「そうなりますけど、そんな事を気にしたら駄目ですよ」叱られた。

直ぐに消防車が来てくれた「デカイ・・!」サイレンが響き渡る。
家の前に止まって赤色灯がクルクルと回っている。恥ずかしい

「あの年寄り夫婦、何かやらかしたか?」と思われるのが恥ずかしい。
3人の隊員が直ぐに家の中に入った。「やはり臭いますね」

二階の洗面所と風呂場は換気扇を回しておいたので、
臭いはかなり薄まっているがまだまだ強烈に臭う。

開いている風呂場の窓から臭いが入ってきたのではと言う。
「窓の下と家の周りを調べて」隊長が部下にテキパキと指示する。

「異常はありません」の報告を受けて隊長が種々説明してくれた。
ご近所に配慮した言葉で、我が身に置き換えても納得のいく話し方。

「最近は不審火と思われる様な火事も多いですからね」
「気にしないで連絡ください、これが仕事ですから」

「手遅れにならないよう判断に迷わない事も大事」優しい言葉だ。
程なく引き上げていく隊員に向かって深々と一礼の老夫婦。

サイレンが恥ずかしいなどと考えた自分が恥ずかしい。
雨の中、颯爽として行動してくれた我が町の消防隊員が誇らしい。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« やっぱり頂戴! | トップ | オバサンの生活リズム »
最近の画像もっと見る

健康・高齢生活」カテゴリの最新記事