1948年から

文句たらたらどうでも日記

雑談の続き

2018-04-17 13:52:47 | 水泳
雑談の中で、50代のコーチは、こんなことも言ってました。
今の泳ぎと自分たちが選手としてやっていたころの泳ぎの違いに
ほんとうに驚く。
無駄な動きを削って削って、泳ぎがどんどん変化していって、
昔の男子選手のタイムが今の女子選手のタイム、それ以上にまで
進化している。
自分たちがやっていたのは、いったい何だったんだろうと思う、と。

それから練習の方法や考え方も全く自分たちの時代(約30年以上前)と違う。
昔はとにかくいつまでやるんだこの練習、いつになったら終わるんだろう、
と思いながら、長時間練習していた。
今はきっちり時間が決まっている、昔よりも短い時間で集中してやる。
距離も時間も昔より短いみたいだ。
以前はとにかく根性、気力、頑張れ頑張れ、
今は根性云々ではなくひたすら効率のいい練習をしていると思う。

日本代表になるような選手たちの練習がどんなものなのかは
私には想像もできませんが、それを若いころ経験してきたコーチの話は
とても興味深いものでした。

どんなスポーツも、大人でも子どもでも、選手でも一般人でも、
なにか底を流れるもの、芯にあるものは同じかもしれない?

今の自分にとって本当に良い練習ってどうすることなんだろう、
助言を受けながら、自分で探し考える。
違ってるみたい、と思ったらまた考え、ヒントをもらう。
私がやれること、やっているのはその繰り返し。
コメント

気力とか根性とか

2018-04-16 17:52:07 | 水泳

マツバウンラン(松葉海蘭)、隅田川テラスで。

先週、練習のあとコーチと雑談、
その中で、こうしてみんなを見ていると、年齢とともに体型や歩き方、
立ち姿などがどんどん変化(悪いほうに?)していく人もいれば、
そうでない人もいる、
泳ぎ方、練習、上達の具合、意識・・・もろもろ人それぞれ。

年齢を重ねるのはみな平等です、それをどうとらえるか、無頓着でいるか、
衰えは仕方ないことと割り切るか、それとも意識してシャキッとしようと努力するか
やり方、考え方は人それぞれでしょう。
耳が痛い部分と、そうでない、私は、という部分とあります。

練習については気力、根性で頑張ってはいけない、自分の身体の状態をしっかり
見極めることが大切、これは本当にそう思います。
故障後治療して完全に治すのは大変ですし、完全に治る可能性も減ってます。
おかしい、と思ったら自重すること、どうしてそうなるのか考える、
フォームの修正をする、練習のやり方を変える、姿勢の確認をする、
など、やることはたくさんありますから。

苦しくなってもうだめ、そこからが本当の練習、と、
以前習っていた女性コーチがよく言ってました。
とにかく頑張る、身体にはまだ残っている力があるはず、探して全部使う。
そこからは気力だ、というわけで、こんな練習もしました。
一番嫌で不快だった練習、馬鹿みたいと思いながらやりましたよ。

ガッツポーズ練習。
15mぐらい先からゴールへ向かって全力で泳いでゴールタッチ、
レースのゴール直後を想定して電光掲示板を見る、
やった!ベストだ!とガッツポーズをする。
60代、70代の人たちにこれをやらせる、あほらし。
コーチはみんなガッツが足りないと大いに不満でした。
根性、気力丸出し、思い出しただけで嫌な気分です、下品。

やるべきこと、と自分で決めたなら、何事もしっかりやろう、
と心の内で自ら意識すればいいこと。
コメント

ちりもつもれば

2018-04-06 20:38:41 | フィットネス
 
「山形のさくらんぼの木」と表示されてました。
新芽の薄緑色と白い桜花がとてもきれいです。
さくらんぼが実るのを楽しみに。
(佃公園で)

2月から改修工事で閉鎖中だったスポーツクラブが来週から再開。
内覧会の案内があったので、行ってきました。
目的はいつもは有料のIn Body(体組成)の無料測定、約3年ぶりです。

私は体重はさほど気にせず、食べたいもの、好きなものを食べてますが、
体重が2.5キロ減、今までの最軽量でびっくりしました。
肥満家系ではないので、年のせいでしょう。
これ以上減らさないようにしないと、しなびてしまいます。

筋肉量はすべて年齢基準値より高く、特に両腕とも130%超でした。
測定スタッフが驚いて、何をやってるんですか、と。
水泳のせいでしょうが、最近毎日腕立て伏せ10回を続けてます。
今日で21日目、210回やったことになります。
正しい姿勢できちんとやれば、体幹強化にもなるそうですが、
続けるために、10回以上はやらないと決めてます。
初日はブルブルだったけれど、今はかなり深く沈みこめるようになりました。
5月5日で50日目、500回、ちりもつもれば、です。

前回の測定より内臓脂肪も体脂肪率も減ったのは良かったこと、
基礎代謝量はやや減、なぜ?
総合評価は低脂肪型標準体型ということでしたが
こういう機械測定はどこまで信用できるのでしょう?

コメント

いまさら、もう

2018-03-14 21:03:25 | 水泳
 
買物途中、豊洲運河沿いの遊歩道から。

豊洲運河をカヌーが4艘、パドルを優雅に動かしながら進んでました。
上流は隅田川、この先はすぐお台場、東京湾、
どういうルートをたどるのでしょう。

最近は以前のように定期的にきちんと指導を受けることもなく、
決まった日にプールへ行っても、コーチは来なかったり、
1時間近く遅く現れたりで、妙な具合。
ほとんど一人で練習しています。
病気治療中とはいえ、やるのかやらないのか分らず、めちゃくちゃです。

先週ももうだめかも、と思って自主練を始めたらコーチが来て、
そこからメニューをもらったのですが、ええっ?もうお終い、
と思うほど短時間のワンポイントアドバイスで、泳いだのは計800m。
これで1レッスン料を払う?

こんな状態なので、この先どうしようか迷ってます。
マスターズ水泳からは足を洗おうか、それとも一人でやりながら、
月に2回ぐらい、だれかに見てもらうか・・・
クラブの友だちが習っているコーチのところへ行ってみるか、
誘われているので、それも選択肢の一つ、
でも自分の年齢を考えると、いまさらという気がするのです。
コメント

ロマンティックなラブコメディー

2018-03-05 21:16:21 | 舞台・音楽
メトロポリタンオペラのライブビューイングをしばらくぶりに観てきました。
ドニゼッティ「愛の妙薬」、楽しくて、面白くて、せつなくて、
美しい音楽に癒された2時間50分でした。

素朴で誠実な農夫(ネモリーノ)と、村一番のお利口さんの娘(アディーナ)
の恋物語です。
なかなか想いを伝えられず、悶々とする農夫、賢い娘はそれを気付いてか、
気付かないふりか、天真爛漫にふるまう。

そこへ表れたイカサマ薬売り、飲めば何でもかなえられる、
と安ワインを売り込む。
それに農夫が飛びついて、有り金をはたいて買って飲んだものの・・・
というお話。

主役の二人がすばらしい歌と演技、イカサマ薬売りの軽妙洒脱さも秀逸。
テンポいいやりとり、合唱と、しっとり歌い上げるアリア。
農夫役のM.ボレンザーニが歌う「人知れぬ涙」に感動しました。
よく聞く曲ですが、舞台のストーリーの流れの中で聞くと格別で
ほんとに胸が一杯になります。

役になり切った舞台人、
歌って踊って演技していても、この歌手の素の人となりは、
とても誠実で謙虚で、人間性に優れているように、
その役柄を通して、おのずとうかがえるときがあります。
幕間のインタビューの受け答えを聞いても、ああやっぱり、
と思ったりするのです。
コメント

猿まわし

2018-03-01 08:59:10 | 日記・つぶやき

このしだれ梅はきれいでした、湯島天神で。

帰りがけ、人が集まって、はやし立てる声が聞こえてきました。
立ち止まってみると、小猿の猿回し、始まったばかりらしく
使い手の女性が「さあ、さあ、まずはウォーミングアップよ」
と言うと、シートの上を小猿が走っては戻り、を繰り返します。

衣装を着て、首に紐を巻かれ、操られてます。
芸達者なのが、かえってあわれです。
こういうのはほんとに嫌い、
見てられないので、すぐ立ち去りました。

帰り道、あの猿の姿、表情が自分に重なって、
とても嫌な卑屈な気分に襲われました。
コメント

梅見

2018-02-28 22:13:12 | 散策・小旅行

昨日、
御徒町駅からのんびり歩いて15分、湯島天神へ梅見に行ってきました。
小説などによく出てくる湯島の白梅、
名所なので、一度行ってみたいと思っていたところです。

いやいや、ほんとにがっかりしました。
写真を撮ろうにも、回りのビルやマンションが邪魔になるし、
梅の木もたいしたことはない、時期的には満開でしたが。
昔はいい所だったのでしょう。

今は雑踏の中の天神様という感じ。
神社の清らかさ、すがすがしさは全然感じられません。
平日の午前中、10時台で、観光客がわんさか来てました。
聞こえてくるのはアジア系外国語、
ときどき日本語の会話を耳にするとほっとするほど、
多勢による大声、写真撮影、飲み食い、うんざりです。
連中、この後はアメ横にでも行くのでしょう。

いたたまれず、ひどく疲れて30分も居ずに退散しました。


コメント

くやしさ

2018-02-28 21:37:51 | 水泳

梅の季節、湯島天神で。

2月はかなり頑張って練習しました。
コーチの練習日でも、来るか来ないか分らない状況なので、
ほとんど一人であれやこれややっています。
30分遅れでコーチが来たり、もう帰ろうかと思っていたら1時間近く遅れて
表れたりで、予定が立ちません。
病気療養中なので、みな仕方ないわね、とあきらめ気分です。
月謝としてコーチ料は当然払っているわけですが、
練習量も質も以前の半分ほど、これも仕方ないわね、
とはなかなか割り切れず、言うに言われず、悶々としてます。

そんな中、前にも書きましたが、
ずっと担当しているマスターズ競泳グループの練習日には
必ず指導に出てくるのですから、こちらとしては何をかいわんやです。

そのメンバーに、「どうして大会に出ないの」とたびたび言われます。
「よく頑張るわね」と言ったら、「ええ、仲間がいますから」と。
出ないと決めた訳じゃないけど、今の状態じゃとても出られません。
心の中にはいろいろくやしい思いがつまったまま、
いつかきっと、と思いながら、一人で黙々と練習してますが、
くやしさをくつがえす日がやってくるでしょうか。
コメント

古バケツ

2018-02-18 16:36:15 | 水泳
 
隅田川テラスのカワズザクラ、
冷たい風、そのぶん、空がきれいでした。

昨日は東京体育館で泳いできました。
水木金と3連休明けの土曜日、混雑覚悟でしたが、
そうだ、フィギュアスケート男子の放映時は空いてるはず、
と12時過ぎに行ったら、当たり! 
土曜日とは思えない空き具合でした。

クラブは大幅改装工事で4月はじめまで休館中、
先週は辰巳もだめ、コーチはずっと連絡もなく休み中、
これからどうなるのか、誰も分らず状態です。
そんなことで、久しぶりに区民プールに通ってました。
私の年齢は無料、時間制限もないし、近いし、お得です。

先ほどのスケートの話、
新聞のコラムに以前優勝した女子選手の言葉として、
「練習は穴のあいたバケツに水をいれるようなもの・・・」
というのがありました。
それに続いて「僕のは底のぬけたバケツだ・・・」という談話。

私などは穴どころか、錆び付いてボロッと崩れそうな古バケツに
性懲りも無く水を注ぎ続けているようなもの。
それでも心身の健康維持には何かしらプラスになるでしょう。
上手くなるというレベルもいろいろだから。

オリンピックはあまり興味ないです。
スポーツというより政治の世界、駆け引きみたいで、気味が悪い。
コメント

立派な海老天

2018-02-03 15:50:21 | 日記・つぶやき


海老天のおにぎり、焼きリンゴのタルト。

先週後半はコーチが来るか来ないか分らない状況のなか、
時間に合わせてプールへ行きました。
小雪が舞う寒さだったので、プールは空いてて泳ぎやすい。
でも連日、コーチは見えず、連絡もなし。
体調がかなり悪いのかもしれず、心配だし残念でしたが、
一人で結構練習できたので良かった。

当分、こんな状態が続きそうです。
(昨日書いたPRの余話:こんな状態でも必ず指導に出てくる日がある、
今日は○○チームの練習日だからコーチは休まないわね、とみんな知ってる。
もう長く教えている特定チーム、高額な指導料+αだから。
コーチ業で生計を立てているのだから、当たり前でしょう。
でも人数的には一般の会員の方が圧倒的に多い訳で、病気以前から
前払いレッスン料が無駄になってもそのまま・・・)
なんてぐちっても仕方なし。
ほんとにこれからどうしよう、と考えてしまう。

帰りに東京駅で写真のものを買いました。
一人誕生日祝いのつもり。
立派な海老天は美味しかったし、小ぶりのタルトも美味でした。
誕生日といっても忘れてて、ふっと思い出すぐらい、
もう欲しいものは何もない。
今日一日家政婦業を休日にしてもらえたら一番だけど、望みなし。
一度食べてみたかったものを買えて、おいしかったので満足です。
食べる楽しみ、食欲がなくなったらつまらないでしょう。

コメント