木村翔龍 川柳のかけら

気の向くままに5.7.5
批評、感想、その他 あらゆるコメント大歓迎です
(H25.5.5 ブログタイトル変更)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日傘

2016-05-30 08:30:31 | 17音字の詩(川柳)
すれちがう日傘まばゆい陽を放ち
臍の緒の取れぬ男の金束子
妻の背で愛しき人の死を悼む
あやしげな扉におとこ吸い込まれ
コメント (3)

2016-05-29 08:18:51 | 17音字の詩(川柳)
打ち水の少女ほのかに初夏薫る
涼しげに風鈴夏の夜を遊ぶ
水音をまくらに初夏の雲を追う
コメント

脱ぐ

2016-05-19 23:15:55 | 入選句
磨くよち残し 路傍の石でいる「石」
透明になれよなれよと窓拭う「拭く」
砂利道を行くぞ昭和の残り飯「雑詠」
一枚を脱げば広がる小宇宙「脱ぐ」
川柳葦群 春の句会 H28.3.6
コメント (2)

千里

2016-05-05 22:52:16 | 入選句
ライバルは憎き女房の千里眼  「ライバル」
迷わずに渡る 私であるうちに  「渡る」
打開策探るたばこの火が湿気る  「雑詠」
千年の命はぐくむ野焼きかな  「草原」
草原をゆけば遥かに涅槃像   「草原」

  H27.9.6  葦群 秋の句会
コメント

五月

2016-05-04 10:52:17 | 17音字の詩(川柳)
今日は昨日と打って変わって抜けるような晴天、そこで、
五月と言う文字が詠み込まれている句を集めてみました

「五月」
ランドセル肩に馴染んだ五月晴れ(伏見清流)
五月かなものみな天をこころざす(前田雀郎)
眼球は五月の空と知らず飛ぶ (石部 明)
五月闇生みたい人の子を生まず(時実新子)

相愛の五月 血の音聴き給え(時実新子)
狂えねば五月の花を食いつくす(時実新子)
予期できぬ日本へ向かう五月末(田中山海)
五月闇万年筆の痩せ具合(北野岸柳)

眉のない女と出会う五月闇(柿添 花子)
大空は鍵の要らない五月晴れ(及川洋一郎)
五月晴れ陽気に唄う洗濯機(市原冨士子)
いい顔をしてる五月の天守閣(跡夢)
細胞が笑いたがっている五月 (居谷真理子)

コメント