NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会まちづくりブログ

信州松代は自然が美しい真田十万石の城下町です。夢空間松代のまちと心を育てる会の動きを中心に松代の様子を載せていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHKテレビ風林火山に関する地元の動き取材

2006年11月30日 | Weblog
今日はNHK長野放送局から風林火山に関する地元の動き取材したいので、情報が欲しい旨の電話がありました。夢空間としては12月5日に山の内温泉のおかみさん方の勉強のための風林火山ツアーの開催、会員の浅井年光さんによる川中島合戦立体模型作成展示、松代地区における川中島合戦史跡を紹介する冊子の作成等についてご紹介しました。
コメント   トラックバック (1)

夢空間だより12月号発行

2006年11月30日 | Weblog
毎月出している夢空間だより12月号を本日発行しました。11月の活動報告と12月の予定などを掲載。会員他200通を発送しました。松代郵便局が5時までしか受け付けなくなったために、川中島の長野南郵便局まで出しに行きました。10月15日までは夜7時まで松代郵便局で受け付けていたのですが16日から以降集配を廃止したため、5時以降無人となり夜間受け付けをしなくなり大変不便になりました。松代町内のポストの数も減ったのでお年寄りには歩く距離が増えてしんどいです。12月3日に寺めぐりツアーがあるので明日には配達してほしいのですが、配達まで遅れることのないように祈ります。
コメント

信州松代NPO夢空間が開催する「松代学講座Ⅱ」ご案内

2006年11月29日 | Weblog
平成18年度『松代学』講座Ⅱ
松代の歴史と文化を学ぶ

松代のまちづくりを進めていくと歴史、文化、自然、人、あらゆる面で松代は宝の山であることに気付かされます。松代のことでまだまだ知らないことがたくさんあります。そこで、NPO法人 夢空間松代のまちと心を育てる会では地元のことを学ぶ地域学や地元学として各方面から講師をお招きし『松代学』講座を開催いたします。この機会に、より深く松代に関心を寄せていただくため、下記の通り『松代学』講座Ⅱを開催します。大勢の皆様のご参加をお待ちしております。


第1回 平成19年1月20日(土)午後2時~3時30分
 テーマ 肉親への手紙等にみる人間栗林忠道
講 師 高木  寛 氏 (元長野市誌編纂室 編纂専門主事)

 B29の日本本土空襲、米軍のレイテ島上陸等日本本土の防衛線は日一日と縮小され、遂に大本営は硫黄島と沖縄を結ぶ一線を最後の防衛線としてこれを死守することに決定、この島に延長18kmに及ぶ地下2~30mの地下陣地を築き、ここで持久出血の戦法で戦うことになった。この時の硫黄島守備隊最高指揮官は我が松代町西条出身の栗林忠道中将であった。


第2回 平成19年2月17日(土)午後2時~3時30分
 テーマ 要路から外れた松代の交通網整備への努力
 講 師 古澤 友三郎 氏 (元長野市誌編纂室 編纂専門主事)
 
明治21年(1888)、直江津線(のち信越線)は、直江津・長野・篠ノ井・屋代・上田間の路線が完成した。それまで北信の政治、経済、文化の中心であり、多くの製糸工場を持っていた松代町は要路からはずれ、交通面で苦悩することになる。そこで松代町は商工業者や近隣の村々と協力しつつ、松代長野間、松代篠ノ井間、松代屋代間の道路拡張と県道移管、馬車鉄道計画などを立案実行し、交通網整備に努力を続けた。そして、大正11年(1922)6月、屋代・松代・須坂間の河東鉄道を完成させた。

第3回 平成19年3月17日(土)午後2時~3時30分
 テーマ 農民詩人 中村柊花と若山牧水
 講 師 三澤 静子 氏 
(エコール・ド・まつしろ倶楽部中村柊花と若山牧水専科代表)

「土の歌人」と言われた中村柊花は明治21年(1888)東条岩沢に生まれ、若くして短歌の道を志した。若山牧水との交流を通じて創作活動を続け、太田水穂「同人」に参加、「第1回牧水賞」を受賞した。主として農民生活の哀歓を詠む。その自然観照、人間愛の切実さ等には牧水の影響が見られる。牧水没後、「創作」選者、信濃毎日新聞選者などで活躍。歌集に『清春』(昭和22年)『山彦』(昭和31年)『旅の歌』(昭和40年)などがある。昭和45年(1970)没。

会 場  いづれも大英寺信徒会館(松代町表柴町)

参加費  500円(夢空間会員300円)

申込み  不要(当日直接会場へお出でください。)

連絡先  NPO法人 夢空間松代のまちと心を育てる会事務局
     長野市松代町伊勢町 ℡ 026-278-1277
コメント

12月3日信州松代寺めぐりコース見どころご案内

2006年11月28日 | Weblog
12月3日の信州松代裏駐車場に集合して午前中散策します。
参加費500円、当日受付ます。

小山田家 嘉永2年建設 登録文化財 表門(冠木門)、主屋、番所
真田家の筆頭家老を勤めた
番所の腰板は四段の下見板張り、格式が高い家にゆるされた

矢澤家 真田藩の代々家老を勤めた
表門(長屋門)格式の高い門であった 現在修復を計画中(平成16年焼)

鐘 楼 日本電信発祥の地 有形文化財に指定
佐久間象山が約60mの電線を張り、日本最初の電信実験に成功する
江戸時代の時を告げた鐘楼 3回の大火で消失 1802年再建

松下家 登録文化財 明治24年再建
屋号「松屋」という染め物屋であった

祝 神社 登録文化財(本殿・拝殿)
    文化9年(1812)建設。お諏訪さんの名でしたしまれている
武田信玄が上杉謙信との戦いに備えて海津城(現松代城)を築いた時に城内の鎮守として信仰したと伝えられている
    ・稲荷社・八幡社・天神社・西宮神社・恵比寿神社・猿田彦社・宗方社が
境内にあり八百万(ヤオヨロズ)の神様が祭られている

願行寺 天文年間(1532~1555)小県郡海野荘の海野左京太夫幸義が小県郡海野に建立し、後上田に移った。真田信之が松代転封の時に建立。
松代藩10代藩主真田幸民(ゆきもと)筆の山額「城巽林」・子育て地蔵・鎌原桐山の碑(松代の三山 佐久間象山・山寺常山・鎌原桐山)

蓮乗寺 海津の久龍源吾が建治元年(1275)久龍山海津寺を建立、永禄年間現在地に移設
   ・七面大明神(七面さん)は地元の信仰が厚い。縁日8月8・9日(日蓮宗摩尼殿)
   ・佐久間象山の墓(象山の父神渓、子の格二郎)
    ・加藤丹波後守道旬の墓(菅平高原の開発功労者)
    ・和田 英 (富岡日記、我が母のしつけ などの著書で有名)
   ・望月治部左衛門(恩田杢民親を助けて松代藩の財政改革を手助けした)

龍泉寺 海津城初代高坂弾正忠昌信が亡母のために建設(寛文年代(1661~1672)現在地に)
    ・延命地蔵(この像は立像という珍しい、一般には足をたらす半跏の座像)
    ・閻魔大王図(二間四方の超大図)明治24年山口雪嶺の作 縁日1月16日
    ・勝軍地蔵(坂上田村麻呂が祈願したことから武家の信仰が厚かった 珍地蔵)
    ・おしゅん地蔵

山岸家 登録文化財(長屋門と牛乳工場)
長屋門は明治時代建設 養蚕場として建てる
牛乳工場は昭和8年建設

大林寺 天正年間(1573~1591)昌幸が妻寒松院の発願で上田城外房山に建立した大輪寺を移封後松代に移設した
現本堂は45年建立
    ・山額 真田六代藩主真田幸弘筆「大林禅寺」
    ・白磁のマリア観音(半伽倚像)市指定文化財
    ・矢澤家の墓(松代藩重役)
    ・鎌原家の墓
    ・真田昌幸夫人の墓
    ・岩崎家の墓(赤穂浪士大石内蔵助の姉が嫁いだ)
・草川家の墓(童謡の作曲家草川信の実家)
・”禁葷酒”の碑(佐久間象山3才のとき乳母の背に字を書いた)
・民話“田掻き地蔵”

本誓寺 健保5年(1218)親鸞が倉科村自證院を再建し、本誓寺と改め法弟の是信坊が開基した古刹。慶長年間に現在地へ建設
・瀬踏みの阿弥陀御本尊(正月三が日開帳)
・落涙の聖徳太子像
・象山建立の霊燼塚(佐久間象山に関係したものがある)

證蓮寺 滋野一族西仏坊覚明の子の康楽寺二世法眼浄賀が東条に建立
慶長年間に現在地に移った
・山門 (明治5年の大火の後、長国寺より移築されたという山門)
・六代真田幸弘筆の“親鸞聖人御影”が残る
・聖徳太子像
・阿弥陀如来(慈覚大師作)

大英寺 元和8年(1622)初代藩主真田信之が妻大蓮院(小松姫)菩提のために開基
(小松姫は本多忠勝の娘で徳川家康の養女として真田信之に嫁いだといわれている)
本堂と表門は県宝に指定(松代に残る木造建築の最古のもの)
・霊屋の徳川家の三つ葉葵の紋
・鏡天井の龍の絵(狩野派三村晴山(セイザン)作)
・三十六歌仙の図(狩野派 隼人正作)
・鴻門の絵   (狩野派 狩野永徳作)
・泉水の庭園

以上の見どころを文化財ボランテイアの会のガイドにて散策します。
お楽しみに

コメント

松代学講座運営委員会開催される

2006年11月27日 | Weblog
信州松代の歴史文化を学び現代のまちづくりに生かそうとNPO夢空間では今年の夏から松代学講座を開催しています。今日は夜7時から講座運営委員会を開催。第二期講座の計画を立案しました。1月から3月の3回にわたって月一回講座を開催。会場テーマ講師を
検討し、3回分が決定。さっそく募集にはいることになりました。詳細は別途ご案内いたします。大変充実した講座を開催できそうです。請うご期待!
コメント

松代地区住民自治協議会役員会開かれる

2006年11月27日 | Weblog
11月1日に発足した松代地区住民自治協議会の役員会が本日午前10じより松代支所会議室で開催されました。協議会正副会長をはじめ8つの部会の部会長さんらがあつまり主に今後の部会活動の進め方について協議しました。12月中に各部会を立ち上げて次年度の活動計画について協議することになりました。
コメント

戸塚刺繍展好評にて本日終了

2006年11月26日 | Weblog
NPO夢空間が事務所を置いている信州松代の木町、カヤマ南店ギャラリーで開催されていた戸塚刺繍展は本日で終了しました。期間中、主婦の方々を中心に大勢の方々が見学に訪れ大いににぎわいました。今まで松代郵便局コミュニテーホールにて開催していたものが使えなくなり、カヤマギャラリーでの開催となったものですが、会場も周辺がガラスまどで明るく会場も町の真中で集いやすかったと好評でした。今後も色々なグループに活用してもらって町中の賑わいを作っていきたいと思います。
コメント

松代マンドリン研究会、10周年記念「ふるさとの音楽会」開催

2006年11月26日 | Weblog
音楽活動を通してまちづくりに取り組んでいる松代マンドリン研究会は11月26日、10周年を記念して東京よりマンドりンプロ奏者遠藤隆己氏を迎えて「ふるさとの音楽会」を松代文化ホールで開催しました。松代にゆかりのある音楽を取り上げて、地域に密着した演奏活動を続けている松代マンドリン研究会会長の大久保幸雄氏はNPO夢空間のよき理解者でもあります。今回の音楽会も夢空間では名義後援にて側面から応援しました。
コメント

長野県仏教徒会松代大会が松代文化ホールで開かれました。

2006年11月25日 | Weblog
11月25日松代文化ホールで長野県仏教徒会松代大会が開催されました。330人定員のホールが満員で盛況でした。この会は松代仏教会が主幹で長野県内の寺が主催して開催されたもので県下各地から仏教徒があつまりました。NPO夢空間が発行している松代のガイドブック「信州松代夢空間めぐり」が参加者全員に記念品として贈呈されました。この冊子にには松代散策18コースが写真入で紹介されています。その中で松代の33ヶ寺や観音堂など計38寺の紹介と散策コース、寺めぐりスタンプの紹介もされています。松代で開かれた仏教徒大会でこの冊子をとりあげていただいて大変ありがたく思います。この冊子から松代の魅力を感じていただいて再度訪ねていただけると嬉しいです。
コメント

硫黄島からの手紙

2006年11月25日 | 松代と人物
11月23日の信州松代欠・豊栄散策会には30名ほどの参加者がありました。今回の散策会のコースにあった豊栄明徳寺には映画「硫黄島からの手紙」の主人公である栗林中道中将のお墓があり、参加した方々でお参りをしました。主演の渡辺謙も撮影に入る前にお墓参りにこられたとのことです。映画が話題になるにつれて、栗林中道中将のお墓まいりに来る方が増えてきているようです。また、生家も西条欠にあり、今回も家の前を通り散策しました。明徳寺は川中島合戦で活躍した高坂弾正の墓もあり、こちらを訪ねる人も増えてきているようです。
コメント   トラックバック (1)

12月3日松代の寺めぐりで松代藩初代当主真田信之公の奥方・小松姫のお宝拝見

2006年11月24日 | Weblog
松代藩初代当主真田信之の夫人(小松姫)のお宝拝見
松代のお寺めぐり

 松代にはお寺がたくさんあります。みな由緒あるお寺です。
 スタンプを押しながらゆったり松代を歩いてみませんか!

日  時  平成18年12月3日(日)
      午前9時~12時  小雨決行
受  付  午前8時30分より
集合場所  真田宝物館裏駐車場電話ボックス
講  師  松代文化財ボランティアの会会員の皆さん
参加費  500円(資料冊子・保険料)※高校生以下無料
持ち物  飲み物
コース
願行寺~連乗寺~龍泉寺~大林寺~本誓寺~證蓮寺~大英寺

主催 NPO法人 夢空間松代のまちと心を育てる会
   エコール・ド・まつしろ倶楽部 町巡り専科


お問い合わせは
 NPO法人 夢空間松代のまちと心を育てる会事務局
       長野市松代町伊勢町548-1
       TEL 026-278-1277

コメント

信州松代欠・豊栄散策盛会裏に無事終了

2006年11月23日 | Weblog
11月23日信州松代欠・豊栄散策会が開催されました。JA豊栄支所に朝8時30分に集合、30名近くの方々が集まって、受付を済ませて主催者挨拶の後9時出発。明徳寺を皮切りに豊栄を散策。その後西条欠を散策。晩秋の里山を満喫しました。今まであまり散策する機会がなかった欠・西条だったため、参加者はみな満足そうでした。
コメント

松代山里ウオーキング・信州松代西条欠・豊栄散策ツアー

2006年11月22日 | Weblog
明日は松代西条欠と豊栄の散策ツアーがあります。欠地区は松代から地蔵峠を越えて真田方面へ抜ける途中にある地域です。今話題の映画、硫黄島の戦いを指揮した栗林中道大佐の生家がある地域です。今回のツアーでも立ち寄る予定です。また、豊栄は今回の風林火山の中に出てくる高坂弾正のお墓がありここにも立ち寄る予定です。それぞれ地元の方々にご案内いただくことになっています。今夜は寒くなってきましたが天気になることを祈っています。
コメント

松代商工会議所合併により独自のホームページ閉鎖

2006年11月21日 | Weblog
10月1日より長野商工会議所に合併して松代支所になった元松代商工会議所は、今まで独自にホームページを開設していたが、長野と合併したことによってホームページを閉鎖したことが今日わかりました。夢空間のホームページもリンクしてあったのでアクセスする機会が減って大変痛手となります。会議所青年部でつくっていた地元商店のホームページも閉鎖となって、独自に別途立ち上げが必要になったようです。こんなところに合併の弊害が出てくるとは予測していませんでしたが、まちづくりを進めるNPOへの期待がより一層大きくなってくることが予測されます。早急に対策を練って、お互いのホームページ同士がリンクしあい全国からアクセスしやすい環境を作っていく必要があります。皆さんもリンク可能なところがあったらお知らせください。よろしくお願いいたします。
コメント

戸塚刺繍作品展始まる。

2006年11月21日 | Weblog
夢空間事務局の置かれているカヤマ南店ギャラリーでは、今日から26日まで松代町内で戸塚刺繍を習っている主婦の皆さんの作品展を開催しています。午前中習っている皆さんが集まって展示を行い、すばらしい作品が一同にそろいました。布やバックなどに一針一針刺繍を施して作成した作品は素晴らしい出来栄えのものばかりです。是非見に来てください。
コメント