ゆめじママのブログ

名古屋錦のスナックです。

K社長が来てくれた

2010-01-29 15:19:59 | Weblog
“三寒四温ゆえ人の世の面白し ”(俳句・大橋百合子)

〈K工業のKさんが娘婿さんと来てくれた〉
K社長は、ずーーっとメールを見てくれています。そしてメールのタイトルまで教えてくれます。今日の言葉は、「幸せだと思った時から幸せが始まる」と言う言葉でした。なるほどなあと思いました。元気で、お店を経営出来てる事、有り難い幸せだと思いました。Kさんありがとうございました。
今日は、花金、幸せになろうね。待っとるけんね!
コメント

インターネットカフェへ行った

2010-01-28 18:14:02 | Weblog
“ろうばいをポケットに入れバスが揺れ”(俳句・高橋雄介)

〈インターネットカフェへ行った〉
娘と生まれて初めてインターネットカフェに行きました。一時間400円です。飲み物は、飲み放題、二丈ぐらいのスペースでなかなか快適でした。毛布も貸してくれるとか。
「これで、シヤワーがあったら泊まれるね」というと「東京のインターネットカフェでは、シヤワーが有るよ」との事、初めてのインターネットカフェですがなかなか快適でした。
違空間を知った一日でした。

サーバーの都合により、早くメールを送る事になりました。ごめんね。
h
コメント

3D映画大人気

2010-01-27 18:10:35 | Weblog
“これがまあ終(つい)のすみかか雪五尺”(俳句・小林一茶)

〈3D映画、アバターが人気〉
ママは、まだ、アバターを見ていないのですが、凄い人気みたいです。
タイタニックを抜いて、史上最高の売上になりました。(タイタニックもアバターも同じ、キャメロン監督)
3D映画は、映画館で、めがねを借りてみます。映像が飛び出して来て、まるで自分もそこに居るような、臨場感があります。カールじいさんで体験しました。
アバターを見た後に「うつ」になる人が増えているとか。
現実と夢の世界の落差にショツクを受けて、現実を受け入れたくない気持ちが、そうさせるみたいです。
映画は映画、現実は現実ですから、気を付けて見ましょうね。
ママも早く見に行きたいです。楽しみ!
コメント

ナナちゃん、色葉ちゃん大人気

2010-01-26 16:09:03 | Weblog
“春を待つ同じ心に鳥けもの”(俳句・桂信子)

〈ゆめじのナナちゃんと色葉ちゃんは、大人気〉
ナナちゃんは去年の6月に入って来てくれましたが、とてもお客様に評判がいいです。お昼もお勤めしている、頑張り屋さんです。
色葉ちゃんは毎日、和服を着てくる、和服美人です。有り難い事です。
ママはもう出番ないかもしれません。
贅沢な悩みですね。
ナナちゃん色葉ちゃんありがとう。
コメント

悪い事した後ゆめじに来る

2010-01-25 18:09:17 | Weblog
“一吹雪春の隣となりにけり”(俳句・前田ふら)

(悪ーい事した後、ゆめじに、匂いを消しにくる〉
Nさんですが、彼女が出来て、土曜日に仕事だと言って、家をでます。
朝から夕方まで、彼女と一緒だし、当然お風呂にも入るから、石鹸の匂いもするし、香水の匂いもするので、ゆめじでスナック(タパコ)の匂いを付けて、アルコールの匂いをぷんぷんさせて帰ります。
明くる日、「ばれなかっ?た」と電話すると「セーフだったよ」と返ってきます。
浮気も太変よね、ばれないように、ほどほどにお願いします。
コメント

初恋の話しで盛り上がった

2010-01-23 18:52:46 | Weblog
“君に似し姿を街に見た時の心踊りをあはれと思え”(短歌・若山牧水)

〈初恋の話しで花が咲いた)
AさんもBさんも女の子にもママにも初恋は有りました。Aさんは中学生、Bさんは小学生、ママは中学生の頃です。
ママの初恋は中学の時に初恋の人が隣の席だったのはいいのですが、ママのお弁当に麦ご飯が入っていました。恥ずかしくて、恥ずかしくて、アルミのお弁当箱のふたを立てて、隠して食べていました。
だから今だに、麦ご飯は大嫌いです。娘が、五穀米とやらを食べていますが、ご飯は「白ご飯」に限ります。
今日は土曜日、ゆめじは営業しています。
コメント

広島県から来てくれた

2010-01-22 18:24:25 | Weblog
“はるばると広島県より来てくれぬ”(川柳・ゆめじ)

〈広島県のOさんが、Mさんと、そのMさんの美人娘さんとで来てくれた〉
広島県にお住まいのOさんですが、去年の10月に来てくれました。今度は、Mさんと、美人の娘さんとで来てくれました。
メールを見て下さっているとか、嬉しかったです。
Mさんにもメールをすすめてくれました。またまた嬉しかったです。
OさんMさんありがとうございました。
コメント (1)

暇で困ってる

2010-01-21 14:55:07 | Weblog
“リーマンにトヨタにドバイ良くないね”(川柳・ゆめじ)

〈今年に入ってとても暇です〉
リーマンショツク、トヨタショツク、ドバイショツクと続いて、やっばり今年は暇です。13年前の、山一、拓銀が潰れた年と似ています。前年対比、マイナスです。
何時も帰りにタクシーの運転手さんと、ぐちります。
「今年は本当に悪いね」「そうだよ、僕なんか足切り(最低ノルマ)ぎりぎりなんだよ」「そうよ、私なんか、去年より随分悪いよ」そんな事をいいながら、お客様の顔を思い浮かべています。
暇を見つけて、ゆめじに寄ってくださいね。
待っとるけんね。
コメント

付き合うの意味

2010-01-20 18:22:58 | Weblog
“水仙の小さき白と生きる事”(俳句・坂東三津五郎)

〈付き合う、と言う意味が母と娘で随分違う)
ママ達の、付き合う、と言う事は、喫茶店に行ったり、映画を見たり、ボーリングをしたりする事でした。ところが、娘達が、付き合うと言う事は、セックスすると言う事らしいです。
ママの時代は、処女をあげたら、直ぐ結婚でしたが、随分変わりましたね。
おばさん達が、韓流にはまるのは、まだまだ旧い日本を見ているようで、懐かしいのかもしれませんね。
ママは韓流に、はまってもう四年です。凄いでしょう。貴方は韓流になんかはまってませんよね。
コメント

伊勢えび、高かった

2010-01-19 16:30:32 | Weblog
“雪とけて村一杯の子供かな”(俳句・小林一茶)

〈鳥羽で昼ご飯に食べた、伊勢えび、高かった〉
ナナちゃん、リサちゃんと行った鳥羽ですが、着いて直ぐにお腹がすいたので、小さな、いけすの有る汚い食堂に入りました。
メニューを見ると、伊勢えび、2500円より、アワビ2500円よりとありました。
伊勢えび、アワビ、サザエを頼みました。
そしたら、いきなり伊勢えびを計りにかけて、5500円です、と言われましたが、断る事も出来ず、焼いたりみそ汁にしたりしてたべました。
美味しかったですが、お昼ご飯に12800円はちょっと高かったです。
でも楽しい珍道中でした。皆で、「より」には気をつけないかんね、と大笑いしました。
コメント