湯めぐり~ずブログ

旅好き、温泉好きの仲間たち、湯めぐり~ずです。
さて次の休みはどこに行こうかな?

日本ピラミッド

2017-03-30 20:41:17 | 広島
日本にもピラミッドがあることを知っていますか?もちろん、エジプトのそれを思い浮かべるとだいぶ違うのですが、広島県北部の庄原市にある葦藁山(815m)はどの方向から見ても三角形の、日本ピラミッドと呼ばれています。
見かけは普通のお山ですが、頂上付近には不思議な巨石群もあり、神武天皇陵とも言い伝えられているそうです。ここの存在は知らなかったのですが、参加したパワースポットツアーの行程に含まれており、時を違えて2度ほど訪ねることになりました。

1回目は5月。木が茂っていて正直、ピラミッドの形はわかりません。2度目はまだ春めく前の3月。木が無ければ、何とかピラミッドの雰囲気がわかりますね。登頂ルートいくつか存在していますが、ショートカットするにはかなりの急な山道です。頂上までは約40分程度。ちょっとバテますが、頂上ではない良い風が吹いていました。巨石群を見るには更に奥に進む必要がありますが、健脚ならば是非お立ち寄りを。(Blue Storm )
コメント

まぼろしの富士山 はとバスツアー

2017-03-29 22:59:32 | 山さんぽ
箱根で雪が降った週末は伊豆のトレッキングツアーby はとバスでした。ルートは中伊豆から西伊豆にかけてのトレッキング。晴れていれば富士山がよく見えるコース。富士を見るには冬が良いので、そろそろ富士見の季節も終わりかと参加することにしました。しかし、天気予報は雨。朝、起きても雨。富士山の景色は変わりやすいとは言っても、絶対に見えないだろうな〜というコンディション。さすがの自分も「キャンセル料を払っても、今日は家で寝ていようかな〜」と思いが頭をかすめたけど、最後はやはり出かけました。
はとバスのトレッキングツアーは以前、仲間が参加したはとバスの山ガールシリーズです。若い女子が多いのかなと思いきや、今回の年齢層はぐぐっと高め。男性の1人参加も数名。参加人数は天気が関係したのかしていないのか、14名。バスの席もゆとりがあって楽で良かった。


行程はまずは中伊豆のパノラマパークでゴンドラに乗り、一気に上まで。そこからスタートし、かつらぎ山、発端丈山の2つの山を歩きながら三津浜まで下る予定でした。しかしながら、2日位続く雨模様に、過去2回の同じルートでは、下りで転ぶ人が続出したそうで、「今回は逆ルートにします」と宣言されてしまい(泣)。つまりほとんどが私の苦手な登りになりました。かつらぎ山は452m それほど高い山ではありませんが、実際の現場は、かなり急な坂道でした。転ばなくても膝は確実にやられる道です。雨なのでカメラは無用、お弁当も食べるは無理でしょうと、バスの中。ほぼ手ぶらでロープにつかまりながら、エンヤコラヤと登りました。

ガイドさんが歩き方のコツを教えながらかなりゆっくりと歩いてくれたお陰で、心配していたひざ痛も出ず、翌日以降も筋肉痛にもならずに済みました。自己流で歩いたら間違いなく、全身が筋肉痛だったと思われます。悪天候でもみんなで歩いたから何とか完歩できたのかな、と思います。発端丈山の展望台から見る聖地、淡島と駿河湾は雨の日でもきれいでした。

真冬だけど全身、久々の汗をかき、伊豆長岡温泉のニュー八景のお湯に浸かってツアーは終了です。苦しかったけど久々の爽快感でした。
今回のゴール地点となった伊豆の国パノラマパークの頂上からの富士山の景色は(見える時は)素晴らしい模様です。

またいつかチャレンジしてみたい、そんな場所でした。今回の1番のお土産ははとバスガイドQPです。(Blue Storm)
コメント

箱根でティータイム

2017-03-27 19:04:14 | 箱根
箱根に来る時、いつも立ち寄りたくなるのは箱根神社。芦ノ湯を11:00過ぎに出発して、路線バスで箱根まで。お昼前には到着します。有名な観光地なので、混雑はいつものこと。それでも境内に入るとピリッとした空気に包まれます。

ここでお参りしたいのは箱根三神(ニニギノミコト、コノハナサクヤヒメ、ヒコホホデミノミコト)はもちろんですが、隣に祀られた九頭龍様です。

数年前、毎月13日の大祭には、箱根港から船が何台も出る大盛況でしたが、今はどうなんでしょう?最近、私は静かにお参りできる方が良いと思うようになったので、お祭りでは無いタイミングでも箱根園から歩いて行くか、箱根神社の新宮でのお参りとする事が多いです。
神社参拝の後はもうランチの時間ですが、朝ご飯をたっぷり食べたので、ティータイムにしようと全員の意見が一致。山のホテルの紅茶の美味しい店「サロン・ド・テ・ロザージュ」へ。湖に張り出している明るい店内で、見た目も美しいデザートをいただくとテンション上がります。名物のアップルパイはその場でソースを仕上げるパフォーマンス付。

私は洋梨パイをいただきました。楽しい箱根女子会の締めとなりました。いつ来てもデザートの美味しい山のホテルではありますが、ベストシーズンは5月のツツジ。色とりどりで見応えあります(Blue Storm)
コメント

鶴鳴館松坂屋 お食事編

2017-03-26 16:29:10 | 箱根
松坂屋さんのお食事タイム。
朝も夜も半個室のお食事処でいただきます。
夜は18:00〜、19:30〜の二部制。所要時間は1.5〜2時間かけてゆっくりと楽しんでほしいという事で我々は18:00をチョイス。
内容は和風の創作料理です。
夕食は先付、蛤汁、お刺身、しらすとゴボウのかき揚げ、煮魚、牛肉の朴葉味噌(卵と絡めてすき焼き風)、土鍋ごはん、イチゴの抹茶クリーム添えと水羊羹でした。品数は多いのですが、良い感じで食べきれる量でした。

夕食後はロビーに行って、一杯いただきながらお喋り。
朝食は8:00〜、8:30〜、9:00〜の三部制。11:00のチェックアウトまでなんの予定もないので、9:00からとしました。日頃、忙しい仲間からもゆっくり寝れたと好評でした。
私も朝は食欲がイマイチですが、さすがに9:00ともなるとお腹が空き、美味しく食べる事が出来ました。
朝食はスタンダードな和食。


湯豆腐、自然薯、温泉卵、自家製納豆、アジの焼魚、お味噌汁とご飯が進むメニューでした。(Blue Storm)
コメント

芦ノ湯の名湯復活

2017-03-25 20:28:18 | 箱根
箱根、芦ノ湯の老舗旅館の松坂屋さん。リニューアルオープンしたロビーには2人がけ、4人がけと様々な椅子が並び、チェックイン手続きやウェルカムドリンクのもてなしに利用されるばかりではなく、滞在中はいつでもフリーのスナックやドリンク(お酒もあり!)をいただきながら、風呂上がり、夕食後などに自由に利用できるようになっています。

ドリンクはコーヒー、紅茶、ハーブティー、お茶の他、フルーツジュース、缶ビール。呑んべいもお子様にも対応できるラインアップ。

お部屋にもネスカフェドルチェグストやティーサーバーも設置されているのですが、部屋とは違う景色を眺めながら気分を変えてくつろげるのは良いですね。
お部屋は風呂付、風呂なし、色々なタイプがあるようです。私たちは大浴場に近いお風呂無しの4人部屋を3人で利用。昔ながらの建物で、関所の柱とか、石器時代の石とか珍しい資料コーナーも通路にはありながらも、お部屋の中は快適にリニューアルされています。2人はベッドで、1人は和室にお布団敷き。寝室以外にも、仕事部屋のようなスペースがあり、寝たい人の邪魔をせずに、本を読んだり、スマホを見たりできました。


老舗旅館の宿命ですが、エレベーターはなく、通路に段差もありますので、足に不安のある方は、玄関からあまり遠くにならないお部屋を選ぶのが良いかもしれません。(Blue Storm)
コメント