湯めぐり~ずブログ

旅好き、温泉好きの仲間たち、湯めぐり~ずです。
さて次の休みはどこに行こうかな?

初詣 2020

2020-01-04 14:30:00 | 神社
東京オリンピックイヤー2020がついにやってきました。オリンピックが東京に決まった当初は、あと6年もあるもんねーと思っていたのに光陰矢の如し。なんだかあまり変わらないまま、過ごしてしまいましたが。
今年の東京はどんな感じになるのかなぁ。
さてさて、2020初詣の記録は恒例の寒川神社です。昨年はご祈祷グループ3番目に滑り込んだと自分でブログに書いておりましたので、今年は始発電車で出かけます。
到着は6時前。空は完全に夜です(笑)
そして、夜ならではの楽しみ。今年のねぶた飾りはな、なんと火の鳥かぁ?

(せっかくなので昼と夜バージョンで)
燦然と輝く鳥の姿に驚きながらも、列へと急ぎます。こんな時間なのに結構な人出。みんな考えることは同じなのかなぁ。みるみるうちに列はどんどんと長くなります。受付開始の6:30まで45分ほど待ち、今年の番号札は2番。待合室に通されてから、すぐに順番を呼ばれたので、心の準備もそこそこにご祈祷が始まりました。全ての終了は7:30
箱根駅伝のスタートよりも早く終わりました!早過ぎてお店も空いていないので、直帰してゆっくりTVを見よう!(Blue Storm)
コメント

火の鳥 2019 は何が見えた?

2019-12-29 11:56:00 | 神社

さて、実際に外に出かけるのは21時過ぎ。
この時間帯には奥宮にある、ご祈願ローソクにも徐々に火がともされます。
ローソク台付近にいると寒さがしのげますが、地元の人が多いエリアに陣取ります。
ここから2-3時間は待機時間となりますので、防寒の準備とイスが絶対に必要。
中には寝転がって空をみつめる人も多く見受けられました。寝て見ている人はやはり見つけるのが早い。寝落ちしなければ、それもオススメの方法です。(私は寝ない自信がないため、寝転がりませんが。)
実際に空を見上げすぎると、首が痛くなるので、私は皆がみつけて声を上げる時に、そちらの方向をみることに決めてます!

さて、22時を過ぎるとチラホラどよめきが起こり始めます。
今年は縁起の良いことに、初めて目にした火の鳥はV字編隊で西の方向へ飛んで行きました。(やっぱり出雲に?)その後、小さいもの、つがいなど数々、飛んできましたが、たいへんゆっくりとした動きで7羽飛んできたものがありました。途中で形を変えたりしたので、印象深く、北斗七星と呼んでいる方もいました。私はカモメのような飛び方だと感じました。午前0時近くまで鑑賞して、満足感も覚えたので戻って休みました。
翌朝は、早めにお札をいただいてから朝食。
お供物をたくさんいただいたので、神社までタクシーを呼び、長岡まで戻りました。
後日談
こちらの稲荷大社ではとてもご祈祷内容を細かく指定することができます。どこでも目にする開運や家内安全などはもちろん、目標達成や手術成功、勝負事禁止や禁酒なんてものもあります。私は仕事の区切をつけたタイミングだったので、「適職拝受」を選択。就職成就もありましたけど、自分に合わない仕事を見つけてもねーという気持ちがありましたから。戻ってひと月もたたないうちに、試験を受けていた会社から内定をいただきましたよ。実際に働いてみないとわからない部分もありますけど、多分、適職に違いない!

(Blue Storm )
コメント

火の鳥2019 申し込み編

2019-12-03 08:55:35 | 神社
既に1ヶ月以上の時が経ちましたか…
もはや恒例となった火の鳥を見に、2019年度も宝徳山稲荷大社の夜まつりに参加しました。
今年が例年と大きく違ったのは、旅行会社のツアーは受けないと決まったそうで、個人申込となったことです。
申込むためには自分でご祈願内容を記入して、現金書留で送付します。
送付してほどなく、神社より受領確認の電話連絡がありました。その後は特に予約書など送付はなく、当日は不安にかられましたが、神社側では名前で管理しており、受付で名前を言うだけで問題なく、手続きができました。
今年は内宮の1番下のお部屋を女性専用部屋としたそうで、16時過ぎに到着した時には、既に布団が敷き詰められ、場所も最初から決められていたため、いつもドキドキする布団争奪戦もなく、平和に過ごすことができました。与えられた布団も1人1枚。これまでは持ち物リストに寝袋なども入れていましたが、もし、来年もこの形であれば寝袋はなくても大丈夫そうです。女性専用部屋の良いところは、着替えなどもできるというところです。但し、男女混合のグループの場合には、例年と同様、男女一緒の相部屋となっていたようです。
夕食の時間帯も17:00-19:00までの間、30分おきで選ぶシステム。時間帯によって、長打の列になりますが、回転は速いのでストレスを感じるほどではありません。早めに夕食を済ませ、仮眠を取ったりしてゆったりと過ごしました。

(Blue Storm)
コメント

2019 初詣とお参り納め

2019-01-05 08:30:01 | 神社
2019年明けましておめでとうございます。
今年も早朝から寒川神社に初詣させていただきましたが、三が日を外したので6:30から開始のご祈祷の番号札は3番とかなり早めに完了することができました。


話は昨年ネタに戻りますが、2018御参り納めは今やお馴染みの三峰神社。昨年は12/29にご眷属様を拝借して来ているので2018年もなんとか年内には出かけたく、最後の最後、大晦日とはなりましたが行くことができました。年末に襲ってくると言われて恐れていた大寒波も、太平洋側はさほど影響はなく、有難い事に空は晴れています。
10:10西武秩父発の路線バスに乗り込むため、7:30池袋発の特急ちちぶに席を取ります。流石に年末だからか、行きの列車はガラガラでしたが、路線バスには意外に多くの人々が乗り込んできます。中には登山目的のグループもいたようで、必ずしも参拝客というわけではありません。でも、これは1日ズレるとものすごい事になるのでしょう。バスで走っていると、「白い気守り」は販売中止していますという看板。そうです。毎月1日は限定の白い「気」守りが販売される日で、夜中からこのお守りを求める人々で大渋滞となった、というニュースを見ました。お正月に加え、人気のお守りとなると、どんだけの人々が押し寄せるのか。確かに販売中止は賢明かもしれません。
私はご眷属のご祈祷をしていただくため、脇目もふらず、ご祈祷受付に急ぎます。
大晦日の午前中は前回(12/29)に来た時よりは人も少なく、受付の方も余裕あるみたいで、お札を収める木箱のお話を初めて伺いました。

5回目にしてようやく木箱をゲット!本来ならばもう少し前に買い求めるべきでした。
参拝客はそれほどではないものの、翌日の元旦に備えて境内の準備は着々と進んでいる模様。意外にこの大晦日参りは悪くないと思いました。とはいえ、1時間以内に全ての段取りを済ませることはかなり厳しく、2時間後のバスで西武秩父まで戻る事にしました。そうすれば奥宮遥拝所やお仮屋(狼さんをお祀りしている所)もゆっくりと立ち寄ることができます。そして神社の茶店で年越しそばをいただく事にしました。


いつもバスの時間が気になって立ち寄ることは初めてですが、バス停に近いお店では手打ち蕎麦を出しており、なかなか悪くない時間配分となりました。コシのある田舎そばで美味しかったです。
路線バスは渋滞もなく、スムーズに西武秩父まで戻ります。今回は昨年からの宿題がありました。駅前にできた祭りの湯への潜入捜査!ってお湯収めしたいだけなんですけどね。宿泊施設はない立ち寄りだけの施設ですが、家族連れ、外国人などでなかなかの混み合いぶりでした。内風呂には人工高濃度炭酸泉やシルク風呂、露天風呂も広くいろんなお風呂が楽しめるスーパー銭湯でした。マッサージ処やお食事処もあるので、ここを目的として1日ゆっくりするためにやってくる人々も少なくないように見受けられました。私も秩父名物、みそポテトをいただきました。

駅に隣接しているので、電車の時間を見ながら立ち寄れるとても便利なスポット。料金もタオル付き1300円なので良心的です。三峰神社の参集館でもお風呂に入ってこれるのですが、時々(今回も)ボイラー施設の故障で入れなくなるので、祭りの湯ができたのは大正解でした(Blue Storm)
コメント

火の鳥ツアー 持物リスト 2018更新版

2018-11-06 21:50:00 | 神社
今回のツアー参加にあたっては、自分で書いた持ち物リストを見て、思い出した事が多数。今年も次回に向けて更新します。

【持って行って良かったもの】
●油性マジック
大きな2本のローソクに心願を書き込みます。備え付けのものを待つと時間もかかり、せっかくゲットしてもインク切れなんて事も。事前に100円ショップでマイマジックペンを買って持っていけばストレスがなくなります。

●ルームシューズ
館内で歩き回ったり、食堂で並ぶ時、下から底冷えして来ます。その対策として。

●ミニチェアー
昨年はシートかミニチェアと書きましたが、地面は夜露で冷える為、断然、ミニチェアが良し。100円ショップで購入可。会場にあるダンボールをイス代わりに使っている人もおりましたが、買える時にはきちんと片付けて。

●寝袋
これは荷物としてはかさばるけれども、あれば便利です。お布団は1人1組なく、2枚を3人で使う感じなので、布団と布団の継ぎ目にあたっても、知らない人が隣に来ても、寝袋があれば安心。

【更に持って行くと良かったもの】
●アルミの防寒シート。
防災グッズとしても販売されている防寒シートは軽くて暖かく、100円ショップでも購入可。

【持って行かなくても良かったもの】
● 双眼鏡
火の鳥を見たいと思って持参したが、早過ぎて追いつけない。むしろ目の悪い人は度の強いメガネをお忘れなく。Blue Storm)
コメント