夢逢人かりそめ草紙          

定年退職後、身過ぎ世過ぎの年金生活。
過ぎし年の心の宝物、或いは日常生活のあふれる思いを
真摯に、ときには楽しく投稿

紫外線対策のサングラスの選定、高齢者の私は改めて学び、やがて微笑みを重ねて・・。

2018-04-22 16:32:30 | ささやかな古稀からの思い

私は東京の調布市に住む年金生活の73歳の身であるが、
本日の午前中は、家内に誘われて、徒歩15分ばかり歩いたホームセンターで買い物、
そして帰路にスーパーに寄って買い物をして帰宅した。

何かしら初夏のような陽気となり、陽射しが燦燦と照らす中を歩き、
私は半袖のスポーツシャツ、夏の帽子、サングラスの容姿で、
家内はワンピースに日傘を差して、歩いたりした。

『今から・・こんなに暑くなって・・この先が思いやられるょなぁ・・』
と熱さに苦手な私は、家内に苦笑しながら言ったりした。

やがて帰宅後に、日本気象協会の公式ネット【tenki.jp】を、ぼんやりと見ている中、
『 紫外線対策 ── 間違ったサングラスを選んでいませんか? 』と見出しを見たりした。

          

私は3年前の晩秋、白内障の手術をした後、手術前は酷い近眼であったが、
視力が1.0前後となり、驚きながら高校一年生より55年ぶりに
メガネから解放された歓びで、
人生観が変わるよなぁ、と微笑んだりしてきた。

          
そして昨年の三月、まばゆい春の陽射しを受けている中、
紫外線の実態を学び、やはり遅ればせながらサングラスが必要だ、と私は気付いたりした。
             
そしてUVカットのサングラスの中で、紫外線を1%しか通さない紫外線透過率1%を、
平素用は薄いサングラス、都心に外出する時は少し濃いめのサングラス、
ふたつ選定して、これ以来まばゆい陽射しの中を歩く時は愛用している。

          

こうした深情を秘めた私は、やはり紫外線対策のサングラスの選定に気になり、
改めて学ぼうと思い、記事を精読した。

この記事は、日本気象協会の公式ネット【tenki.jp】に於いて、
女性の近藤澄代さんが綴られ、お肌のことも気配りした多くの御方に優しい記事であり、
2018年4月21日に配信され、無断ながら大半を転載させて頂く。

《・・紫外線対策 ── 間違ったサングラスを選んでいませんか?
過ごしやすい陽気が続いていますが、徐々に暑くなり、日差しの強い日が多くなってきました。

外に長時間いる日は、顔や体にクリームやスプレーなどで、
しっかりと紫外線対策をしている人は多いはず。

でも、つい忘れがちなのが目の紫外線対策です。
目からも日焼けをすると言われていますから、保護するためのサングラスは必須です。


でも、そのサングラスの選び方、間違っていませんか?

目を守る効果的な方法をご紹介します。

           


☆日焼けには2種類ある

赤くなる日焼けの後、肌を守るのがメラニンです

日焼けには、2つの種類があることをご存じでしょうか。
ひとつは「サンバーン」、もうひとつは「サンタン」と呼ばれます。

●サンバーン
屋外で紫外線を浴びている時、比較的すぐに皮膚が赤くなってヒリヒリする状態や、
さらに悪化して、水ぶくれができたりするような日焼けのことを「サンバーン」と言います。

皮膚にとっては、やけどと同じ状態です。
24時間後をピークに、2〜3日続きます。


●サンタン
サンタンは、サンバーンによって焼けてしまった肌が、
数日後から少しずつ肌が黒くなる現象です。

体が日焼けをした肌を守るために、メラニン色素を出して守ろうとするのです。
サンタンは、数週間から数カ月は肌の黒さを保ち、その後、自然に元の肌色へ戻ります。


つまり、サンタンは紫外線に対する防御反応です。
肌が黒くなることは、美白を意識する女性にとっては嫌なことかもしれませんが、
肌が黒くなることで紫外線から細胞を守っているわけですね。

           


☆目の日焼けとは?

サンタンが起こるメカニズムです

サンタンが起こるメカニズムです

近年、目から日焼けをするという話をよく聞きますが、
そのメカニズムはどういうことなのでしょうか。


ビーチや雪山などの野外で太陽を直接浴びていると、目にも強い紫外線が当たります。

すると、脳が「目に有害な紫外線が侵入してきた」ということを感じて反応し、
「メラニンを作って体を守れ!」という指令を出します。


指令を受けたメラニン色素は、皮膚の細胞に入って紫外線を吸収、
サンバーン(皮膚の火傷)を防ぎ、肌をダメージから守ろうとします。


その結果、肌に直接紫外線を浴びていなくても、
メラニンを作ろうとしてしまうので、シミやそばかすが生じる原因になってしまうのです。


日焼け止めを塗ってお肌の紫外線対策をしていても、
目は無防備のままでは、せっかくのケアが半減してしまいます。
目に紫外線を受けると、体の内部でも防御反応が起こることを覚えておきましょう。

           


☆大切な目を守るために

コンタクトやメガネでも紫外線カット仕様がおススメ

大切な目を守るために、外出するときには、次のいずれかを利用して目の紫外線対策を行いましょう。
・ サングラス
・ 紫外線カットのメガネ
・ 紫外線カットのコンタクト
サングラスは選び方を間違えると、かえって目のためにならないことがあるので、注意が必要です。


●サングラスは薄めの色を選ぶ

サングラスを選ぶ場合、レンズの色が濃いほうが、
紫外線対策に効果があるようなイメージを持っていませんか? 

外からは瞳が見えないので、目を覆って紫外線をブロックしてくれるように見えますが、
実は反対です。


濃い色のサングラスをかけると、暗い部屋に入った時と同様によく見えないため、
目は光を多く取り入れようとして、瞳孔を大きく広げて見ようとします。

すると、せっかくサングラスをかけていても、
目に紫外線を多く取り込んでしまうという、逆効果に。


サングラスを選ぶ場合は、なるべく薄い色のレンズがおススメです。



●紫外線カット機能の確認をする

さらに、サングラスを選ぶ場合のポイントは紫外線カット機能です。

「紫外線透過率」、「紫外線カット率」など、メーカーなどによって違う表示がされていますが、
なるべく紫外線カット機能が高いものを選びましょう。


また、紫外線カット機能は永久ではありません。
何年も前から使っているサングラスなどは、注意が必要です。
レンズにキズがついていたりしないか、確かめてから使ってくださいね。

          

お肌にも目にも紫外線対策を!

── 人間の体には防御システムが備わっているので、
通常の日常生活で紫外線を浴びても、目には特に問題ありません。


ところが、長い時間、強い紫外線を浴びてしまうと、
「充血」や「ドライアイ」、「眼精疲労」などを引き起こしたり、病気になるリスクも高くなります。


このようなことを避けるためにも、屋外で長時間を過ごす場合は、
紫外線カット機能がついたサングラスなどで、目を守るようにしましょう。

目になるべく強い紫外線が入らないように工夫をすることも、美肌作りのひとつです。・・》

注)記事の原文に、あえて改行を多くした。

          

私は3年前の晩秋に白内障の手術後、まもなく眼を保護して乾燥を防ぐ『ヒアレイン』点眼液を、
一日二回を点(つ)けてきた。

こうした中、熱い陽射しを受けながら歩き、デジカメで写真を撮ったりする時だけは、
サングラスを外して、過ごしたりしてきた。

こうした事が原因か判らないが、
過ぎし昨年の7月下旬の朝、右眼が赤ぽっく充血してしまったが、
私はドライアイになりやすい傾向で、朝、昼、夜・・一日三回と医院長から指示されて、
一週間後は、解消して微笑んだりした。

いずれにしても眼は大切であり、今回
の記事に於いては、多々教示されて、
特に熱い季節の紫外線対策、改めて私は学んだりした。

そして余談であるが、私は殆ど毎日歩いているので、
家内より日焼けしているわょ、と私は3月頃から言われたりした。

そして私は洗面所で顔を見ると、日焼けした顔立ちを見て、
クロちゃんだねぇ、と微笑んだりしてきたが、今回の記事で原因も教示され、
今回のひとつの記事で、日焼けの原因と種類、そしてサングラスの選定、ふたつも学んだ、
と私は微笑みを重ねたりしている。
 
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 70代は人生の「黄金の10... | トップ | 回転寿司のファミレス化を学... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (呑兵衛あな)
2018-04-22 19:06:54
白内障などの目の手術をした人は、レンズが奇麗になることから網膜が日焼けしやすいそうです。
室内でも、LED照明であればブルーライトがでています。テレビも油断できません。
特にパソコン画面から出ているブルーライトは要注意です。削減する方法をしていますか。
パソコン用メガネをするか、画面設定で削減しましょう
幾たびか貴重なアドバイスを頂き、感謝・・。 (夢逢人)
2018-04-22 20:39:25
呑兵衛あな様。

>白内障などの目の手術をした人は、レンズが奇麗になることから網膜が日焼けしやすいそうです。
>室内でも、LED照明であればブルーライトがでています。テレビも油断できません。
>特にパソコン画面から出ているブルーライトは要注意です。削減する方法をしていますか。
>パソコン用メガネをするか、画面設定で削減しましょう

私は無知でした。

貴兄のアドバイスに基づき、パソコンをブルーライトを抑える設定
《・・「設定」の「システム」→「ディスプレイ」→「色」→「夜間モード」をオンにする・・》
することができ、これでしたら、まぶしく感じることはないです。

貴兄には幾たびか貴重なアドバイスを頂き、今回も頂き感謝致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ささやかな古稀からの思い」カテゴリの最新記事