夢逢人かりそめ草紙          

定年退職後、身過ぎ世過ぎの年金生活。
過ぎし年の心の宝物、或いは日常生活のあふれる思いを
真摯に、ときには楽しく投稿

過ぎし2007年に沖縄本島、私たち三人でを遊学した旅路 第9章 乙女たちのエメラルド・ビーチ

2018-04-08 15:26:23 | 旅のあれこれ

         第9章 乙女たちのエメラルド・ビーチ  

『海洋博公園』で私が散策した樹木、草花園のもう一方の反対側には、エメラルド・ビーチがある。

白いペンキの大きな休憩所が二つほど並びあり、
               

その先端には憩いの浜、眺めの浜、そして遊びの浜と称された浜は、
               

白い砂浜が拡がり、椰子(やし)の樹木、空の青さ、海は蒼く、彼方の海上は解けてしまうような光景である。

こうした中で、波が白い砂浜に押し寄せ、
数多くの白いサンデッキが並び、そして色鮮やかなパラソルがある・・。


今回の旅の初め頃から、首里の王陵、首里城、南部のひめゆりの塔、平和祈念公園、
そして玉泉洞を私たち3人は観て廻ったが、幾つかの高校の修学旅行の生徒と出会ったりした。

タクシーのドライバーの方から教えて頂いた話であるが、
生徒たちの3、4人でタクシーで好きな場所を周遊するのが昨今の傾向となっている、とのこと。
事前に先生の了解を得て、各観光の周遊プランをタクシー・ドライバーと再調整しながら、
あちらこちらに観たりしているのが多い、と教えてくれた。


エメラルド・ビーチを私は散策していると、
高校生の女学生の4人は歓声をあげて、お互いに携帯電話で写真を撮ったりしていた・・。

『よかったら・・小父さん・・みんなの記念写真・・撮ってあげるよ・・』
と私は女学生のひとりに大声で言った・・。

ひとりの女学生が、もじもじと家内と同様の簡易カメラの写ルンを取り出して、
『嬉しい・・小父さん・・お願い・・』
と私に簡易カメラを手渡した。

4人の女学生は、それぞれのポーズを取りながら、右手はVサインであり、
私は微苦笑しながら、シャッターを押した・・。

『小父さん・・有難うございました・・』
と2人の女学生が大声で言われ、私は照れた。

その後、4人の女学生は波打ち際に歩き出して行き、微風の吹く中、スカートの裾が揺れていた。

私は南国の白い砂浜と陽射しのまぶしさ、そして海の蒼さの光景は、
乙女たちの夢のひとつ、あこがれが、目の前に拡がっていることを了解できた。
               

                         《つづく》

コメント

過ぎし2007年に沖縄本島、私たち三人でを遊学した旅路 第8章 旅先で投稿するには

2018-04-08 08:24:39 | 旅のあれこれ

     第8章  旅先で投稿するには

私はブログの投稿文は持ち歩きできるモバイルを所有していないので、
旅先で投稿するには原則としてできない。

しかしながら宿泊している処で、バソコンなどが利用しやすい環境の場合に限り、
投稿してきたが、今回の旅のこれまでの章は、
たまたまこの宿泊しているりゾート・ホテル『沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ  』の一角からであった。

私たちの宿泊しているタワーから長い通路を歩いて、
               

メイン・ロビー、食事処のレストランなどに向うとちゅうで、
        

こうした庭園、プール、結婚式の野外セレモニー場所などを観たりして歩いた。
               

こうした情景は、まぎれなく南国のリゾートホテルの景観かしら、と私は微笑んだりした。
               

そしてメインロビーの一角に、インフォーメション・センターと称された観光遊覧の相談所があり、
この片隅で私は投稿していた。

この相談所は20代の女性が3人いて、常時2名で対応している。
机上にはパソコン等があり、ある程度はお客様の相談事を笑顔で応じている。

このルームは15坪前後の広さがあり、
壁際にインターネットが対応されたパソコンが2台あった。
お客様自身が観光先などを検索されるのに設置されていると思われる。

私はこの中で1台を使わして貰い、ホテル内の滞在客の多い中、ときおり投稿したのであった。

この相談所の女性たちと、私は幾たびか談笑をした・・。

こぼれ話のひとつとしては、
モンゴル800の『あなたに』のことで、
『・・モンパチの『あなたに』に魅了され・・ベランダで鼻歌を唄ったり・・していますよ』
と私は言ったりしていた。

『好い歌ですよね・・私が中学3年の時・・大ヒットし・・私も大好きな歌のひとつです・・』
と微笑みながら答えてくれたりしていた。

私は齢を重ねた63歳のお客の身であるので、、
相手のお方は私よりは少なくとも40歳以上お若い20代の沖縄美人は、さりげなく応じてくれる。

この後、私は沖縄出身のモンパチの件で、お互いに微笑みながら話し合ったりしていた。

そして私は、お若い20代の沖縄美人を記念に写したかったが、
もとより情報プライベートの制約の風潮により自制した。

                         《つづく》

コメント