洋楽&JPOP新曲2014

●Jpop、洋楽の新曲の紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

AR_CAD●プロパティで図形変更

2008-01-28 | AR_CAD

▼▼  

0129◇goo投稿
AR_CADの活用●図形のプロパティ 

▼【プロパティ】:要素情報の数値変更→図形に反映


●AR_CADの[要素選択]モード→図形の選択→[右クリック(略R#)のメニュー]表示→【プロパティ】選 択→【要素情報ダイアログ】が表示されます。
●この【要素情報ダイアログ】の要素の数値を変更すると、例えば参考画像のように、直線の端部記号の 種類やサイズの変更が図形にも反映されます。直線では、Δ始点/終点の座標位置変更Δ線スタイルΔ線 色Δ太さなどが数値設定変更ができます。
設定が終了したら、必ず【OK】ボタンを押してください。 (X)閉じるボタンで終了しても図形の設定は変更できません。数値入力は、ΔプルダウンリストΔ色パレット Δ直接値入力などの方法が利用できます。AutoCADユーザーは、同様の操作ができるので理解しやすいと 思います。
●AutoCADで、線種尺度を設定しないと、破線がうまく表示できないことがありますが、 AR_CADでも「破線設定したのに破線になっていない?」と思う場合がありませんか?線の尺度と図面の尺 度が異なるためで、ズームの拡大・縮小で倍率を変えると破線が表示されます。メニュバーの【設定】→ [現在データの線種設定]→[線種設定ダイアログ]の表示→【図面線種の尺度】で設定すれば指定した 尺度で破線が表示できます。(目安は、S=1/100→線種尺度100のように、S値の逆数を指定する。)特に 、印刷の時は、この設定をして、【プリビュー】で確認してください。

●【プロパティ】:要素情報数値で図形設定できる例は次のようなものがあります。
●円のΔ中心座標Δ色Δ半径Δ傾きΔ扁平率(→楕円形)
●矩形のΔ線スタイル&色Δ塗りつぶし色&パターンΔ透明度Δ基点のXY
一度描いた図形を修正する場合には便利です。 ▲▲


コメント

AutoCAD●エイリアスの活用

2008-01-28 | AutoCAD

▼▼


Auto_CADの活用●エイリアス 

▼短縮コマンドのエイリアスを利用しよう。


●Auto_CAD(略Atcad)の【エイリアス】を利用すると、【コマンド】を短縮型で入力できます。例えば、 Δ【Arc】[円弧]→【A】Δ【Circle】[円]→【C】の様に1~3文字で入力できるのでコツを覚えると作 業のスピードをアップできます。
●Δ【Arc】[円弧]→【A】 ●Δ【Circle】[円]→【C】
●Δ【Line】[線分]→【L】 ●Δ【Move】[移動]→【M】
●Δ【COpy】[複写]→【CO】●Δ【MText】[マルチテキスト]→【MT】
●Δ【Zoom】[ズーム]→【Z】 ●Δ【RECtang】[長方形]→【REC】
●Δ【PLlyLine】[ポリライン]→【PL】●Δ【eXplode】[分解]→【X】
●Δ【ROtate】[回転]→【RO】●Δ【SCale】[尺度変更]→【SC】
●Δ【POint】[点]→【PO】●Δ【SPLine】[スプライン]→【SPL】
これだけでも覚えておけば、スキルアップできますよ?

▼おすすめのエイリアスコマンド

●Δ【EXtend】[延長]→【EX】 ●Δ【MEsure】[メジャー]→【ME】
●Δ【TRim】[トリム]→【TR】 ●Δ【MIrror】[胸像]→【MI】
●Δ【Offset】[オフセット]→【O】 ●Δ【AreA】[面積]→【AA】
●Δ【DIst】[距離]→【DI】
●Δ【’ID】[位置表示]→【’ID】
●Δ【ddEDit】[文字編集D]→【ED】
●Δ【’ID】[位置表示]→【’ID】
●Δ【LiSt】[オブジェクト情報]→【LS】
●Δ【UNit】[単位管理]→【UN】
なども便利です。
使用方法は、次回に紹介します。

▲▲  


コメント

AR_CADの活用

2008-01-27 | AR_CAD


▼0915C▼↓

AR_CADの右クリック




●図形選択で右クリックメニューを利用する。↓
[要素選択]モード→図形を選択(スナップ表示&反転表示)→右クリックのメ
ニュー表示で、次のような各種操作が選択できます。↓
1)コピー↓
2)切り取り↓
3)削除↓
4)貼付け↓
5)順序…図形の表示順序を変更できます。(背面/前面)↓
6)グループ…複数の図形を単一図形としてグループ化できます。↓
7)分解…多角形・連続線を分解し、独立した複数の線にします。↓
8)プロパティ…一覧表が表示され図形の書式や情報が表示されます。値を変更し、OKボタンを押す作業をすると図形の書式設定変更ができるものもあります。(例:円の半径や中心の位置の値を変えると図形に反映されます。)↓
9)変形…図形の移動/回転/拡大・縮小ができます。[ダイアログ]が表示されて、数値入力による詳細な設置が可能です。(拡大縮小の倍率%/回転角度などの操作)↓




●AR_CADでは、マウス両ドラッグの範囲指定での拡大が速くできます。↓
●AR_CADのマウスホイール回転での拡大縮小もできますが、動作が遅いようです。その対策とし両ドラッグで表示される[範囲指定拡大]と[左上方向の両ドラッグの前画面表示]を利用すると速い拡大縮小操作ができます。[ホイール回転]の拡大縮小も狭い範囲での(ホイールを少しだけ回す)操作なら、あまり支障がないようです。ホイール回転での広範囲の拡大縮小は避けたほうがいいようです。↓

▲0915C▲↓
コメント