ザ!職人!!

技術とスピリットの伝承

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沖縄⑥

2012-07-30 17:24:50 | Weblog
前夜のお酒は残っていませんでした、 「うみないび」  建物は70年以上経っているんだそうです。

戦火の被害は免れた建物だったんですねぇ、、、なんでも腕の良い誠実な大工職人が建てたもので

柱も太く頑丈でまだまだイケルそうですよ。

次回訪れてもそこにあって欲しいです。




最終日、午後2時頃のフライト便なのでチェックアウト後に博物館へ、、、、。





「土門拳の昭和と沖縄」

やさしい人だと直ぐ感じた、 どの写真も言葉に言い表せない「愛」を感じた。

こんなにも一生を賭して「日本民族」を愛しつづけた作品を見せられて衝撃を受けた。



アタシは一人で自由な時間がとれたら必ずその土地の博物館や美術館に寄ることにしている。

現在のその地域の文化風俗の土台の時間と層が見えるからだ。

そしてこうした特別展に時折出会えるのがもう嬉しくて嬉しくて、、。






全景です、「グスク」という城跡のデザインのたてものです。





モノレールで那覇空港へ、   前日に買った600円で24時間乗り放題を最後に利用して、、、。

コメント

沖縄⑤

2012-07-27 15:37:49 | Weblog
夜の国際通りを自分の「感」だけを頼りにカウンターで一人で飲めそうな居酒屋を外見だけで決める、



あったぁ、、木造瓦屋根の一軒家、  あちこち補修の痕があり古そうだ、
「うみないび」・・・沖縄語では貴族の姫、王女のことだが???




軋む階段を上がり、、、ありましたよカウンターが、さんざん歩いて喉が渇いているのでオリオンビールを、
付き出しは糸こんにゃくと野菜のきんぴらともずくの二種類がさっとでてきた、



先ずアタシがオーダーしたのは自家製の「島らっきょうの浅漬け」
メチャメチャ美味しかったですよ、



次が「ナーベラチャンプルー」 ナーベラはへちまです


60代半ばくらいのおばちゃんが二人で切盛りしている、お友達同士だとか、、、元ホステス仲間か?
長く水商売の世界に居る人はどことなく空気感でわかる。

・・・んで何で「うみないび」なの?


気さくな人たちだからアタシを含めオバサン三人で盛り上がった。








ビールの後は43度の泡盛を二杯頂いてお勘定、、、4000円くらいでした。



タクシーを拾わずに那覇埠頭にあるホテルまで歩いて帰る、、、、。



深夜の一人歩きは今思うとかなり危険だったかも?


ところどころの地図を見てもホテルの案内は無い、、また感だけを頼りに歩く、、、。


だれも歩いていない倉庫街を行くときはチョットやっぱり怖かった。


やっとこさ無事にホテルに着きました。この日は昼夜合わせて6時間以上は歩いた。
コメント

沖縄④

2012-07-24 02:00:06 | Weblog
一人でプラプラと、、、、、。




看板はやっぱり本土とは違う?  アメリカっぽいよね、



やはりぐるりと海ですから、、、そこらじゅうに津波警告の看板がありました20年前は見なかったなぁ、、、。



那覇国際通りから裏道へとくねくねと入り込むと「公設市場」に入る


韓国の市場に似ている、、、。


ソ・ジソブが走って来る映画のワンシーンのようだ、



ず~と市場が続いているが上はアパートになっている


国際通りに戻ると暗くなっていた、、、、早く今宵の止まり木を探さなくては、、、、
それにしてもやたらとステーキハウスが多い、、、。 アメリカなんだなぁ・・食文化は、



夜の国際通りを一人歩き続けて目ぼしい一軒を感だけを頼りに探す、


コメント

沖縄③首里城

2012-07-20 03:31:03 | Weblog
首里城、、、よかったです、

戦争で石垣しか残っていなくて、他はほとんど復元だけども本当によかったです。

時間軸が違うような、、、世界、空気感が違うような、、、

とにかくそこに佇むことでしか味わえないなにか、、、、。







本物と修復との融合



復元








本当に韓国に似ているんですよねぇ、、、でも近代300年ほど韓国との国交は無く台湾の文化を取り入れてる
という博物館資料に書いてあるんですけどアタシは納得していない。









首里城の中庭にある特設舞台で観られる「宮廷舞踊」
庶民の収穫や祝い事などの賑やかな踊りとは違い、  日本の「能」を取り入れているゆったりゆったりと舞う
特別なものだそうです。

ぅんん・・・日本の「能」はすごいんだなぁ・・・・。




コメント

沖縄②

2012-07-18 14:13:38 | Weblog
一泊二日の会議が終了して埼玉からの仲間はオプショナルツアーに参加したが
アタシはローカルな乗り物で町をくまなく観て歩くのが好きなので一人でぶらぶらする、、、。
基本今では団体の観光ツアーはつまらなくなってきている、 一人でその時その時興味を持ったところに
入り込んで行くのがとてもワクワクして楽しい。



沖縄で唯一の電車ができたと聞いてたが、、、わづか二両編成のモノレールでした。    とてもカワイイ。
那覇空港~首里駅間を約40分くらいで繋いでいる。

(600円で24時間乗り放題)を買った。 2時に買い翌日の2時まで乗れるのでアタシはこれで
帰りは那覇空港まで行った。 こういうのが楽しいんだなあ、、、。 7回乗ったので元は十分にとれた。





駅周辺はそれぞれ全く違うカラーを出している、、、こちらの駅の近くには表参道ヒルズのようなファッションビルが、











山肌にへばりついた屋根がフラットな家々はまるで韓国のようです。
台風の防風のために山に守ってもらうように低い建物で密集して助け合いながら暮らしている。



首里城に行きたくて、


首里駅を降りたところにバス停が、




首里城まで150円がなんと600円のモノレール24時間フリーチケット見せると130円になる、
ラッキー!!

バス停で待っている間中4台のタクシーに声をかけられた「観光?700円で首里城まで行くよ、安いよ」
ここはインドかぁ???

アタシは「130円で行くんだ」と固く心に決めて断りつづけた、、不景気なんだねぇ、、粘るんだこれが。




かくしてひつっこい誘惑に打ち勝って130円で首里城まで行ったアタシ、、、金曜の午後
バスはアタシ一人での貸し切り状態でした。

多くの観光客は首里城へは観光バスかタクシーだろうから、、、。




沖縄の典型的な建物、どの家もベランダや屋上には20~30人ほどの宴会ができるスペースがある。

コメント (2)

沖縄

2012-07-13 12:52:33 | Weblog
6月に「女性経営者クラブ・ファム」は沖縄に行ってきました。




なんとピカチュウの飛行機に乗りました、   
なかなか乗れないんだそうです、これにオバサンの集団が・・・・・




「中小企業家同友会全国協議会・女性経営者全国交流会in沖縄」  と、長ったらしい会議ですが、、、


皆様ご存知の仲井真知事さんも熱烈に歓迎して下さりました。



会社の経営者の集まりですから、それぞれの地域の状況、業界の状況、個々の会社の状況などなど喧々諤々、
勉強会です。
時代は変わり今や国からも地域でも女性の感性による革新が求められていて、
女性の団体役員はけっこう忙しいんです(本業以外のことで)



歓迎レセプションです、


オリオンビール


関東圏の人たちのテーブルのお寿司はほとんど手付かずでした、、沖縄でお寿司はチョット、、、、というのでしょうか?






沖縄県中小企業家同友会女性経営者の会「碧の会」のみなさんです
沖縄伝統工芸「紅型染」の揃いの半被が艶やかです、



アタシも踊りましたよ!   男性陣は口を空けて観ていました。

沖縄の女性のパワーにはいつもアタシは圧倒されっぱなしです。

コメント

スペインの踊り

2012-07-03 16:44:54 | Weblog
フラメンコ、、、、縁のある方も無い方も何となくはご存知だろう、

友人の娘さんがフラメンコ留学していたスペインから帰国していてこの度

プロの仲間入りをしてスペインレストランに出演するので応援に行ってきた。




オーレ!





ワインとスペイン料理も堪能できてとても楽しいひと時でした、、、。


(東京、神保町にて)


コメント