グレートブラザーズ 野球坊's

名古屋市守山区の少年野球チームに在籍する息子と父コーチの日記

春日教育リーグ第4戦

2018年06月09日 | 2018年度Cチーム

本日行われた試合

対戦相手は、NEXT西春さん

昨年も対戦したチーム

 

初回表、キッペイは、三者凡退で上々の立ち上がり

グレブラは相手先発の先頭四球からチャンスを広げ、ヒュウマのタイムリー、ユウトのポテンタイムリー、ソウタのタイムリーと一挙5得点、この大会ルールの5点で攻守交替。

 

2回先頭にヒットを打たれ、ランナーを気にし過ぎたのかリズムを崩し、4失点

しかしその裏、ユウショウが先頭で四球、守備のカバーで足をくじいていたのか、スタメン出場もやむなくここで代走…

ここからまたもチャンスを作り、レオ内安打、ヒュウマのタイムリー、ヒロトのタイムリー内安打と5得点

 

3回のキッペイは先頭ヒットで出塁を許すも、後続をなんとか抑え無失点で切り抜ける

その裏、ソウタ2本目のヒット、初回代走出場していたエイスケの一・二塁間を破るタイムリー、ハルト内安打、コウセイタイムリー内安打と2点を追加

 

4回はリリーフにアキトが上がり、少し制球が定まらず四球からピンチを作り2失点

その裏、ヒュウマこの日3本目となるタイムリーを放ち、アキトのセンター前ヒットも出て、更に4点追加、この回で時間切れ。

16対6と勝利で飾った

 

今年に入り、ヒュウマの打撃は絶好調小柄ながらパンチ力も出てきてる

他の4年生も少しずつではあるが結果が出始めている

 

ユウトは最近少し大きい当たりが出たせいか大振りになりつつあるのが気になるので注意はしたが…

たまたま出た大きな当たりで勘違いしない様にしないと、打撃はほんの小さなきっかけで泥沼に…

それを抜けるのも、ほんの小さなきっかけなのだが、落ちるのは一瞬、上がるのは時間がかかるから、深みにハマる前に改善したいところ

 

4連勝おめでとう来週の試合も頑張ろう

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春日教育リーグ第3戦

2018年06月09日 | 2018年度Cチーム

先週土曜に行われた試合

自分は仕事で行けなかったので、ビデオでの観戦となった。

対戦相手は、中京キャロルさん

去年は春日リーグに参加されていなかったので、初めての対戦

試合はグレブラ打線が爆発

12安打、内・二塁打1本・三塁打3本・ランニング本塁打3本(ユウト1本・ヒュウマ2本)

投げては、キッペイが1安打8奪三振の完封

と、ここだけ見れば素晴らしい快勝の様に見えるが…

相手は2年生らしき子や、まだ野球を始めて間がないかな?と思う様な子が出ていたので、単純に喜んでばかりはいられない。

早くから試合を経験し、これから中京キャロルさんも強くなることだろう。

今回は、得点は伏せておこうと思う、形はどうあれ三連勝、まずはブロック1位目指して頑張れ~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春日教育リーグ第2戦

2018年05月20日 | 2018年度Cチーム

本日の対戦相手は

上条スポーツ少年団さん

グレブラのスタメンは

1・2 ハルト

2・3 コウセイ

3・6 ヒュウマ

4・7 ソウタ

5・5 ユウト

6・1 キッペイ

7・9 ユウショウ

8・8 アユト

9・4 エイスケ

 

初回キッペイの立ち上がり、ストライクをとりに置きにいくような投球で球に勢いがなく

相手の積極的な打撃につかまり4安打2失点

その裏、ヒュウマの死球後にソウタがライト左を破るヒットで1塁から一気にホームインで1点を返し

ユウトが四球で繋ぐもキッペイが惜しくもファースト正面で追加点ならず

2回キッペイは立ち直りを見せるかと思ったが、1アウトから3者連続四球で満塁のピンチを迎えるも、2者連続三振に抑えピンチをしのぐ

ピンチをしのいで流れを掴んだか、2回裏に同点とし5回まで毎回得点を重ね8対2とリード

3回4回とキッペイがいいテンポで投げ、5回6回はアキトが好リリーフ、7回レオが3人でピシャリと抑え、8対2のまま勝利

 

グレブラは、そつのない走塁でなんとか得点を重ねたものの、相手投手を打ち崩せたわけではない…

全体に積極性に欠けチャンスの場面でも簡単に2ストライクまで見逃す、結果凡打だろうが三振だろうが、そんな事を気にせずもっと積極的にバットを振って欲しい

上条スポーツさんは、その点積極的に少しボール気味であっても振ってきていた、今後見極めがしっかりしてきたら、確実にグレブラより得点力のあるチームになるだろうなと感じた

普段練習ではチーム内の事しか見えないけど、試合でいろいろな相手と対戦し、ただ勝った負けただけではなく、相手チームの良かった所、グレブラより出来ている事を吸収して成長していかなければ、今後の大きな成長は無いと思う。

また次の試合に向けて、1つでもステップアップできるように頑張ろう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春日教育リーグ開幕戦

2018年05月12日 | 2018年度Cチーム

いよいよ始まった、2018年度Cの大会初戦

ここまで数試合の練習試合もし、多少試合感はあるので去年よりは子供達も緊張感はやわらいでいるだろう。

 

本日の対戦相手は、高蔵寺ユナイテッドさん

グレブラC大会初戦のスタメンは

1・2 ハルト

2・4 レオ

3・3 コウセイ

4・6 ヒュウマ

5・5 ユウト

6・1 キッペイ

7・7 ソウタ

8・8 アユト

9・9 ショウノスケ

初回、キッペイの立ち上がり

三飛・三振と簡単に2アウトを捕るも3番をストレートの四球

しかし牽制でうまく誘いアウトで流れを自分のものに

裏の攻撃でコウセイが相手エラーで出塁後盗塁、二塁牽制暴投の間に一気にホームイン

ヒュウマが中前安打で出るもユウトが見逃し三振で攻撃を終える

 

相手投手は体格も良く力のある80キロ前半位のいいボールを投げていただけに、先制できたのは大きい

 

キッペイは、2回に相手に2本のヒットを打たれたが無失点に切り抜け、3回は三者凡退、4回にミスで1点を失うも、5回80球2安打1失点5奪三振4四死球と、四死球こそあったものの今年1番の投球ができたんではないだろうか

グレブラは3回ヒュウマの2点タイムリー二塁打、ユウトのレフト左を抜けるランニング本塁打で4点

続く4回もハルトに左中間を破るランニング本塁打が出るなど5点をあげ、10対1で初戦を勝利で飾った

この攻撃の流れを作ったのは、キッペイの粘りの投球もあるが、3回相手のセンターへ抜けそうなライナーをレオがギリギリでキャッチ

この1つのプレーが相手の流れを止め、グレブラの流れを作った1つの要因だろう。

 

今日、1つ結果が出た子、出なかった子、それぞれに課題はたくさんあると思う、その課題を1つずつクリアして、1つでも多く勝てるといいね

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大会前最期の練習試合

2018年05月06日 | 2018年度Cチーム

急遽、今週半ばに決まった練習試合

今日の対戦相手は、東山ジュニアスターズさん

午前と午後の1試合、計2試合の対戦

1試合目には、普段Bチームに帯同している4年生が3人出場していたんだとか。

まずは初回、グレブラの先発はキッペイ、この学年のエースになって欲しいと期待がかかる子

今までキッペイの先発した試合を見ると、立ち上がりをうまく乗り切れるかがポイント

キッペイをうまく波に乗せる為にも周りの守備が足を引っ張っては意味がない…

先頭を三振にとるも低めのショートバウンドをハルトが後逸し振り逃げで先頭を出し、そこから二塁打・単打・ランニング本塁打・内安打・単打と、一挙に6失点

相手打者の打撃力もあったとはいえ、最初の振り逃げでリズムを掴めなかったのは、大量失点の大きな原因だ。

キャッチャーを始めて間もないハルトだが、投手を1番助けてあげないといけない存在が簡単にボールを逸らしランナーを出しているようでは、よほどメンタルが強く力のある投手じゃないと崩れてしまうのはやむを得ないところもある

打たせてとる投手が多い今のCで低め簡単に逸らすようでは苦しい試合が続くだろう。

ハルト以外でもキャッチャーをする子は絶対に体で前に落とす

これが今後の課題ではないだろうか。

5回まで毎回失点は許すものの、四死球も無く投球内容は決して悪かったわけではなかった。

ハルトも盗塁を刺す等、いいプレーもあったし、キャッチャーとしての成長もあったと思う

 

グレブラは3安打とヒットこそ少なかったが、そつのない走塁を絡め得点を奪ったものの、終わってみれば11対6で敗戦、初回先頭のプレーからの6失点が大きく響いた結果となった。

何でもない1つの小さなプレーが、大きな勝因にも敗因にもなる事を実感した試合だったのではないか。

子供達は、そこまで考えてはいないか…

 

2試合目は、相手のミスも絡んだとはいえ、6回途中24対6で勝利

この試合、ヒュウマのバットが火を噴いた

2回にレフトオーバーのランニング本塁打、その後もタイムリー3本を放つ大活躍

他にも、ハルト内安打、レオのタイムリー二塁打、コウセイ右安打、キッペイ2安打、ヒロト2安打といいあたりがあった

そんな中、4番(4番目)抜擢のユウトはノーヒット

もともとそこまで打てるわけではないが、プレッシャーに弱いのが顕著に表れたかな

 

4回から試合で初めてユウトが投手をやらせてもらい、守備にも助けられ、2回打者6人三振2つと、初めてにしてはよく投げたと思う

本人も、投手はやりたいようなので、小さい結果の積み重ねと努力でチャンスを貰えるようにがんばれ

 

新チーム以降の練習試合、普段の練習を通じて言われてる事、やっぱり声が出ない、出し方がわからないなら聞く

打つ・守る・走る・投げる・だけじゃない、声のプレーもある、それがどれだけ大きな役割を果たしているか気付いてほしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加