ふだん草紙。

the ordinary book

忙しい10月を乗り切るために

2018年10月05日 | 日記

10月始まったばかりですが、すでに全週末に予定が入っており嬉しいような、無事にこなせるか不安なような。

うーん、休日に、何の予定もない日が1日もないというのはやっぱりちょっと、心もとないなぁ。

平日をゆっくり大切に過ごし、体力の回復、精神の安定に努めよう。
休日の予定自体は嬉しいものばかりなんだから、万全のコンディションで楽しめないともったいないわ。


そうだよ。
休みの日だけでなく平日も、毎日を、日常を、どうオーガナイズして日々を暮すかってすごく重要なことよ。

仕事やそれ以外の予定・スケジュールだけでなく、住まいの状態を、日々の食事を、家事の分量・出来具合を、時間の使い方を
どう計画して、
どう調整して、
どう整理して暮らしていくか。

これが、自分にとってちょーどいい具合に上手くオーガナイズできて、自分にとってちょーどいい具合にまわっていれば、基本毎日が楽しいだろうし、安定してくるはず。
そしたら突然の出来事や変化・トラブルにも必要以上にパニックにならず対応できると思うし、無駄にネガティブにならず軌道修正できるようになるとも思うんだよね。


この自分にとってちょーどいい具合ってのが、「ただ自分がこうしたい。楽しいから。らくちんだから。」ってことだけではないってとこが落とし穴。

それでは結果的に「だらだらすること」につながり、オーガナイズできているとは言い難い状態になってしまう。
結果、暮らしはちょーどいい具合にまわらない。
結果、ラクだけど安定しない毎日、そんな楽しくもない日々になってしまう。


はたまた、「こういう生活が素敵なんだろうな。理想のあの人はこんな風に暮らしてるっぽい。」って言うのもまた違う。

素敵や憧れ、目標や理想があるのはいいんだけど、それをトレースしてやっていこうとしても、きっと暮らしはちょーどいい具合にまわらない。
結果、パッと見「ちゃんとしてる」けど安らげない毎日、そんな楽しくもない日々になってしまう。

理想のあの人と私は違う人間なのだから、基本的な身体の造りや一日が24時間ってことは同じでもそれ以外のことはいろいろいろいろいろいろ違う。
好みのお湯の温度やテレビの音量、一回で使用するトイレットペーパーの巻取り回数のことまで考えるときっとすごく違う。風の匂いや人の話し声をどう感じるか、夜寝る前に何を考えるかまで思うと、たぶん全然違う。
だから、誰かに見せて素敵な暮らしではなく、自分にとってちょーどいい暮らしでないと体力の回復、精神の安定は望めない。


とは言え、素敵な人たちの理想的な生活から私の生活に取り込めるナイスアイデアは幸いなことにあちらこちらに溢れてる。
それらをありがたく参考にさせてもらい、私のちょーどいいを探っていこう。

忙しいこの10月、
私は私にとってちょーどよく、かつオーガナイズされた暮らしを意識して生きてみよう。

それで毎日を基本ご機嫌に、うまく乗り切れたら大成功だ。





Summer is over.

2018年09月26日 | 日記


朝晩が涼しい。

虫の声もすごい。
昼もすごいが夜はもっとすごい。

夏が、終わりましたなー。

今年の夏ってば、何したかしら?

なんかやり残したことがあるような、
とは言えそもそも夏にやらなきゃいけないこと(花火とか、海水浴とか、旅行とか、そういうやつ)とかもう特にないような。


あ、そうだ、お盆に実家に帰ったのはよかったなぁ。

お盆という時期に帰省をするのがひさしぶりだったので、何てことない平日に帰るのとお盆に帰るのとではずいぶん、なんというかこう、趣が違うもんだなと思いました。

行き帰りの道中には帰省の人たちがいっぱいいて、
その里帰りエネルギーの渦に私も入ってふるさとへの郷愁の念は否が応にも盛り上がるし。

親戚にも会うし、昔話の機会も多く、故人に思いを馳せたり同じ血脈の人たちの顔を見たり声を聞いたり仕草に触れたりして自分の根っこのありかをいつも以上に強く感じた夏でしたな。


ちょっと帰りたいかな、

なんて少し思ってみたり


でも、


こういうことを改めて新鮮に感じるのは
ふだん離れて暮らしているからなんだろうな、とも思ってみたり。


そんな夏が終わりまーす。

季節は秋に変わりまーす。
















いやもう9月も半分が過ぎようとしている

2018年09月12日 | 日記


It's a beautiful day.
I'm hearing the sound of the late summer, seeing the clean laundries swinging.
Feeling really peaceful.
It's a delightful afternoon.





今日はまためちゃくちゃ爽やかな気候でございますなぁ。






つくつくぼうしの声を聞きながら風に揺れる洗濯物を眺める静かな昼下がりのこの多幸感よ。
揺れる洗濯物のむこうでトンボがホバリングをしている。








と、この記事を投稿しようとしていたのは8月19日のことでございましたよ。

あれからもう3週間も経っちゃった。
前回の投稿からだと1ヶ月半くらい?
7月、8月は本当に早かった。あっという間だった。

いや、6月も5月も、いや4月も3月も、いやもうここ半年いろいろあってずっと早かったかも。
いつもあっという間に時間が過ぎるという感じ。

それでもこうしてブログのことを思い出して、書いてみようという気持ちになっているのだからちょっとは落ち着いてきたのかな。

どうかな。
また何か起こるかな。
起こるかもね。
人生は変化の連続だものね。

だから何か起こっても
いちいち無駄にじたばたしない
きーきー、バタバタしない
おっとりとした態度でいたいですな。

ゆるく、やわらかく、まろやかに日々を練っていきたいですな。




 

帰宅したら室温40℃

2018年07月25日 | 日記


帰宅したら昨日も室温40℃。

とりあえず窓全開扇風機換気扇総動員で部屋の熱気を出し33℃くらいになるのを月を観ながら体育座りで待ってます。





1時間くらいして、ようやく涼しくなってきたと温度計を見ると34℃。
室温34℃でホッと一安心する私がいましたよ。今年の夏はいったいどうしたことかいねぇ。


ちなみにエアコンの設定温度は29℃か30℃にしています。
あまり下げると外との温度差で室外機の結露がすごいんですわ。
水受け置いてるけど、溢れてベランダに水が溜まって下にこぼれちゃうといけないんでね。


そうして窓を開け放ってた1時間のあいだに入ってきたのか(網戸はしてたのに)部屋の中にちっさいコオロギがいたよ。ピョンピョン飛んで膝にまでのってくる始末。自然が、近い。



ところで、

この部屋に入居の際に買わされた消火剤というのがあるんですが、それの保存環境ってのが-10℃~40℃なんですって。それ以上(または以下)の場所だと液漏れの可能性があるとか。

消火剤メーカーさーーん
昨今の居住環境はときに40℃を越えるようですー越えてきますー。


いやしかし、常温保存のオイルとか調味料とかレトルト食品は大丈夫なんかしら。
40℃ってもはや常温じゃないよね(笑)
吊戸棚に入れてたサトウのごはんとかもうホッカホカだもん。
できあがっちゃってるんじゃね?と思うほど。


そんなこんなで暑い暑い暑い暑い今年の夏。

昨日も危険な暑さ、一昨日も危険な暑さ、今日も危険な暑さになるということで、もう今日は消火剤持参で出社しましたさ。だって絶対また40℃になるもん、部屋。そしたら会社にいる間中おうちで消火剤が液漏れしてないか心配でやきもきするもん。だからもう持って来たね。明日も危険な暑さらしいから明日も持って来るね。





ナポリタンって日本料理だったのね: "Napolitan" is not Italian food, it's created in Japan!

2018年07月02日 | 日記


最近、つくりおき食堂まりえさんという方を知りまして、
この方のレシピが簡単で美味しくてすごい助かってます。

先週末にささっと作った遅めのランチは
「レンジでゆでるパスタのレシピ。子どもが喜ぶ超簡単ナポリタン」

ほんとに超簡単で私が喜びました。
しかも美味しい。

私はウィンナーの代わりに魚肉ソーセージを使ったので見た目のパンチがいまいち弱いですが、でも美味しかったですよ!



今度はウィンナーでやろう。タマネギも加えてみよう。



あと、出来上がったあとに残る洗い物がこれだけなのも助かる。



耐熱容器(ジップロックコンテナ)
調理用バサミ←ピーマンと魚肉ソーセージをカット
計量スプーン←調味料を計量
箸←材料と調味料を混ぜる


そりゃまあね、フライパンでじゅわーっ!っと炒めた方が香ばしくてもっと美味しく仕上がるとは思いますが、時間がないとか、フライパンを振る元気がないとか、フライパンを洗う元気もないとか、そういうときに便利。
時短でもここまで美味しい!がびっくりなのです。

あと、自炊の敷居が高い方(←私とか)はこういうレンチン料理から始めてみてはいかがかなーと。
冷凍食品や買ってきたお惣菜をチンするのとそんなに変わらない手間でできるよ。
うんうん。





晴れてきた: It's going to be sunny.

2018年06月30日 | 日記


昨日は一時的にけっこう激しく雨が降って雷もゴロゴロ。
轟く雷様の音を聞きながら、あぁ梅雨が明けていくんだなと思った。

そんな昨日、気がかりだったことに片をつけることができました。
昨日を逃したら7月に持ち越すことになっちゃうのでそれは嫌だったので大雨で雷がゴロゴロいうけど昼休みに銀行へ。

もろもろ済んで銀行を出たとき、これで本当に解放されたと思うと感無量でした。

二ヶ月前なら悔しくて歯ぎしりするような振込みだったろうけど昨日はもう違った。
これでついにようやく縁が切れると思うと嬉しかったよ。

あ、縁が切れるはちょい人聞きが悪かったかしらね。「ご縁が終了」にしましょうかね。
ついに、ようやく、ご縁が終了、ご縁が完了いたしました!とホッとしております。


奇しくも翌日(今日)は大祓。翌々日(明日)から7月、下半期、これで、このタイミングで本当にあっちとおさらばと思うとむしろありがとうな気持ちだったよね。

ああ、怒涛の上半期が終わる。
満月の一昨日ついにいろいろが満ち、昨日解消し、今日祓って明日からはまた新しいフェイズ。
新しい段階を進む。
スッキリと身軽にそちらへ向かえる嬉しさよ。

梅雨も明けるしね。はい次次。つぎ夏夏。つぎ行くよー。


お、外も晴れてきた。
けどまだ蒸し蒸しするなー。

なので枕と布団をおうちの中でエアコンで乾かす作戦っす。





















掃除して、洗濯して、リネン類も新しいものに変えて、私なりの大祓。

年が明け、ここまで乗り越えてこられたことに感謝して。
いまあるこの状況に感謝して。私自身と愛する人たちの存在と無事に感謝してこの幸せを噛みしめます。





夏至の日おめでとうございます: Happy Summer Solstice.

2018年06月21日 | 日記





夏至ですね。
こちら岡山では週間天気予報が外れ、とても明るい晴れの日になりました。

画像左上の白い点は昼間の月。
右上の黒い2つの点は円を描くとんび2羽です。

木々の緑はもちろん、とんび、カラス、雀、ツバメ、蜘蛛、蜂、蝶々に名前を知らない小さな虫も、みんな元気。
畑仕事のおじいおばあも、学校帰りの子供たちも、みんな元気。
ここは本当に命の力が強い。

そりゃムカデも出るわいね。
なんなら彼らの方が先住者だし…

ま、でも住み分けは是非ともしたいので、今日は玄関ドアの下あたりにあったすき間を埋めました。
『すき間モヘアシール』こんなの売ってるんだなぁ知らなかったよー。便利ー。)
家じゅうを完全にパーフェクトに塞ぐことはできないけど、できる努力はしよう。

実は今日ちょっと体調が微妙だったのでお休みをもらっていましたが、昼過ぎまで寝てたら調子が戻りました。
たまたまでしたが夏至の日にこうしておうちでのんびりできて(玄関ドアのすき間も埋めれて)良かったなぁ。

草の香りと水の匂いが風にのって流れてくる。
雀がチュンチュン鳴きながらねぐらに帰っていく。

さすが夏至の日、こんな時間でもまだまだ明るい。

ああ、けど、それでも少しずつ暗くはなってきてる。
夜になったら夜の虫たちが動き出す。そろそろ蚊取り線香をつけよう。
玄関と窓まわりにハッカ油スプレーもしなくっちゃ。






もっと暗くなるとカエルが一斉に鳴き始めるよ。
それはそれは見事な大合唱。まるで指揮者がいるみたい。

合唱になるとものすごーく大きな声になるけれど、不思議とうるさくは感じないんだよね。
それが自然だから?なのかな。





我が家の虫除けオールスターズ: my natural insect repellent all stars.

2018年06月12日 | 日記




我が家の虫除けオールスターズ。

ヒノキ、クスノキ(樟脳)、ミント(ハッカ)等々。
部屋に置いたり、スプレー作ったり、虫との住み分け成就に余念がありません。


というのもですな、先日ムカデが出たんです。
外にいてくれるぶんには問題ないけど、中は、困る。
蜘蛛とかは中にいても気にならないんだけど、ムカデは、困る。

こんな素敵環境だし、いずれはとは思っていたけれど、ついに遭遇してしまった…
いや、対策が後手にまわった私が悪い。
これからはどうかどうか、互いの生活は互いの領域で別々に過ごしましょう。どうかどうか。


という訳で、ムカデが忌避(「きひ」嫌って避ける)すると言われるものを調べて集めた次第。

まず、置き型の虫よけ(ヒノキの香り)を3ヶ所ある全ての窓際に設置。
この香りを嫌ってどうか入ってこないようお願いします。

そして、樟脳オイルをしみこませたクスノキの木片をクローゼットと靴箱と玄関に。
これは防虫&消臭のために以前からやっていたことですが、ムカデは樟脳の香りを嫌うという情報もあったのでオイルを追加して香りを強化。

そして真打ちはハッカ油。
いろいろ調べた結果どうやらこれが一番効きそうな(ムカデが嫌いそうな)印象を受けたので前のめりで購入。
すぐにスプレーを作って植木鉢の下、玄関ドアの隙間等にシュッシュしまくりです。
さらに、キッチン、トイレ、洗面台、洗濯機置き場の排水溝付近には、小皿にハッカ油を数的垂らして設置。
この香りを嫌ってどうかどうか入ってこないようお願いします。


これらいろいろを設置してまだ数日、効果については今だ様子見の段階ではありますが、いまのところ第二のムカデとは遭遇していません。
そしてこれらの対策のおかげさまで、いま私の部屋の中は森林の匂いで満たされ、吹き抜ける風はミントの香りですよ。
とてもとても爽やかな毎日です。



樟脳スプレーは樟脳オイルと水で、
ハッカ油スプレーはハッカ油と消毒用エタノール(または無水エタノール)と水で作ります。

それぞれの分量については用途(とお好み)に合わせてさまざまのようですよ。



この樟脳オイル(『内野樟脳』)、天然の樟脳でめっちゃいい香りです。
心落ち着く、上品で懐かしい香り。クスノキの香りには本当に癒されるなぁ。

※但し、妊婦さんやテンカンの方は使用できません。
樟脳は英語で「camphor(カンファー)」カンフル剤の語源です。それくらい作用の強い成分であるということです。
使い方にはご注意を。


ハッカ油、エタノール(消毒用でも無水でも)は薬局で購入できます。
価格も手頃だし、香りもいいし、既製の虫よけや消臭剤よりこちらの方がいいなぁと思いました。

※但し、ペットのいるおうちではハッカ油は使えません。
ペットたち(特に猫)はハッカ油の成分を解毒できないとのこと(人間はできます)。
ご注意願います。

※※また、ハッカ油スプレーに使うボトルは材質に注意です。ボトルが溶けちゃうんだって。
私は無印良品のPET小分けボトル(スプレータイプ)を使用しています。


※※※化学合成品よりも天然のものの方が自然であり好ましいとは思いますが
天然であることがそのまま「私たちにとって害なし」という訳ではありません。
それらの作用自体に「良い」作用も「悪い」作用もありません。
それはただ、それそのものであるだけです。
それらの作用が私たちにとって「都合が良い」か「都合が悪い」か、それはあくまで私たちの「都合」です。
それそのもののその作用をどう上手く使わせてもらうか、というこちらの注意と姿勢が大切です。





こりゃ懐かしい: This brings me back memories.

2018年06月11日 | 日記




永谷園のお茶漬けのおまけ「東海道五拾三次」カード、復活なんだ。
そういえば子供の頃に見たことあるような、、、懐かしい。

お茶漬けといえばこれだよね、やっぱり永谷園ですわ。
しかも海苔。私はほぼ海苔一択です。




そしてこれ、お粥と案外合うんですよねー。
美味しいんだよー。




直火で使える萬古焼の器を入手して以来、お粥が簡単便利に美味しくできてしかも身体に具合がいいのでちょいちょい作ります。
なーんにもおかずがないときは永谷園が大活躍。

あ、お粥になら鮭とか梅もいいかもな。










お粥でお腹いっぱいになったわぃ。

静かだなぁ。
鳥の声と川のせせらぎだけ聞こえてくるよ。





日々の掃除道具: cleaning things for daily use.

2018年06月09日 | 日記


リビングの合歓の木が毎日葉を落とすのでなりゆきで毎日掃除をしています。
掃除機で吸うよりほうきで掃く方が早いしなんなら楽しい。
葉っぱ少しの日はコロコロで一気に。




イデーのほうき(大きい方)は毛のかたさ・密度・長さが絶妙に私好みで掃いててひじょーに気持ちがいいのです。
相性のいいの道具に出会えるのってラッキーだよなぁ。

小さいブラシは無印良品。こちらは少し私にはかたすぎかな。
でも極狭の場所で大活躍。

コロコロはニトリのもの。シンプルな木製部分に大変好感が持てます。
ケースとコロコロは別売りですが、どちらも740円。安い!





すぐにきれいにできるようワンステップで出動可能な場所にスタンバイ。





梅雨直前の晴れ間かな: a sunny day just before rainy season.

2018年06月09日 | 日記




梅雨直前の晴れ間かな。


ある日のランチタイム。
会社から少し離れたお店でごはんを食べるのが好きです。
身体も心も休憩します。





1年

2018年05月28日 | 日記


大好きよ、愛してるよ。
コロスケが完全にいなくなった最初の1日が暮れようとしています。が、なにせ急すぎて心の整理がなかなかつかず、生活面でも凡ミスを連発しながらオロオロ暮らしています。昨日も......






いまのところこんな感じです。

2018年05月18日 | 日記


最近暑い。なので夜はもう蚊取り線香をたいている。
日はまだそこまで長くないけど気温と香りが完全に夏だ。

しばらくするとスパイシーな異国料理の香りが漂ってくる。
おそらく斜め下のインドネシア人のおうちのご飯のにおい。


朝、ゴォォォォォォという音で目が覚めた。
実際は目が覚めるほどの大きな音ではなかったけれども、ちょうどそろそろ起きてもいいって時間だったし。

カーテンを開け、
ブラインドを開け、
窓を開け、やかんに水を張りお湯を沸かす。

ゴォォォォはずっと聞こえている。

飛行機かな?と思ってたけど
飛行機にしては聞こえている時間が長すぎる。

近隣の人が掃除機をかけているのかな?とも思ったけれど
こんなに盛大に掃除機をかけるにしちゃ、ちょっと時間が朝すぎる。早すぎる。

なんだろう?と窓の外に目をやると
おじさんが近くの畑で巨大なガスバーナー(?)を使い畑の表面を焼いていた。

畑仕事にはいろんな作業があるのだなぁと思う。
畑がちょうど始動する時期に私は引越してきたんだろう。越して来る前は何もなかったおじさんの畑。暮らし始めて一ヶ月、おじさんの畑は日に日に充実していく。

これからおじさんの畑の1年を見て行くのだ。楽しみだ。


休みの日の午後、情緒ってなんだっけ?くらいのボリュームでホーホケキョが聞こえてくる。
うちのベランダにいるのか?と思うくらいの音量。

うちのベランダにはいなかったけど、きっと近い。すごい近い。
それくらいの音量でホォーーーゥッ!!ホケキョッッ!!!が繰り返されている。


夜、廊下の灯りに大量の虫が集まっていた。
虫が入らないようにドアを薄く開けて部屋に滑り込み、すばやく閉める。
これは明日の朝いちばんで廊下の掃き掃除だなぁと思う。


いまのおうち、いまのところこんな感じです。





こけた。

2018年05月17日 | 日記


今日は朝から身体が痛い。筋肉痛?寝違えた?
あ、そうか。
昨夜こけたんだった。

階段を、たぶん1段、踏み外し前のめりにこけた。

膝をつき、その後もさらに前傾する身体を支えようと両手を地面にドーンとついて餃子の王将の玄関先で見事な土下座を披露。
踏み外した階段が最後の1段だったのは幸いだった。

こけるときって衝撃に備えて身体がこわばるし、
ドーンと手をついたときに受けた衝撃波が手首から腕・肩・首あたりに抜けてったことで今朝は全身が痛いよ。

もちろん擦りむいた膝も痛いよ。
くーくそー(涙)

あと、大人になってからこけると心の傷も結構痛い。
くー(涙)


そういえば私はこけるときすごく静からしい。
声ひとつあげず物音ひとつさせずにこけるので、
一緒にいる人は私がこけたことにすぐには気がつかないらしい。

あれ?いない?と思ったときには
すでに私は地面にぺたりと座り込んでいて(こけていて)びっくりするらしい。

なぜこけるときに静かなのかというと、たぶんあきらめていないからなんだよね。

あ、となった一瞬の間、なんとかこけきらないように、なんとかこっからリカバリーできないかと体勢の立て直しに集中しているの。だからギャーとかキャーとか言ってる余裕はない。結果、静かに静かにこける。


そういえば、こけるときに限らずヤバいときはいつもそうだな、と思った。

あーこれヤバい。危機だ。緊急事態だ。となると、自分の中で何かがフッと落ち着く。
身体中の消費電力がフッと下がる感じ。
そんで周りのいろいろの速度も急に落ちる感じ。

でも感覚だけは妙にとんがってて、周囲のいろいろを感じ取ろうとキンキンしてる。
頭ン中はキュンキュンと高速回転していて、次どうするか、どうするのがこの状況でよりベターなのかを考えている感じ。
その他の部分は省電力になっているので完璧に無表情だしキャーもギャーもない。

ま、でもこけるんだけどね。
でも昨夜のあれも、あの状況ではいちばんベターな、ベストなこけ方だったと思うんだ。

ちょっとストッキングが破れて
ちょっと膝擦りむいただけだもん。

くーくそー(涙)





そろそろ本当にふだんの暮らしっぷりをお送りしたい

2018年05月11日 | 日記


引越し完了して約2週間
ゴールデンウィーク明けて約1週間。

いやほんと、そろそろほんと
普段の、日常の、暮らしのパターンというかルーチンというかリズムをね、確立せねばと思っております。
越してきたばっかりだから、まだ慣れてないから、まだ忙しいから、等々はそろそろ本当にただの言い訳になりつつありますぞ・・・と自分に言い聞かす。

あともっとちゃんと寝て、たまっている睡眠負債を返済せねば。


年が明けてからのこの4ヶ月はいろんなことを変えてって、変化を決めて
変化のための準備や、実際の変化作業や、変化への対応やらでバタバタ続きの地味に派手な毎日でした。(多忙とストレスで蕁麻疹がでたよ)

が、それもいよいよ落ち着きました。(蕁麻疹も治った)
でもこれで終わり、これがゴールなんじゃなくて
実質的には今、スタート地点に立ったところなんだよね。

これまでの変化は、これからのための準備だから。
こっからが本番です。

これからの日々を楽しく、快適に、安心して、穏やかに暮らしていくための準備はできた。
さあ実際に暮らしていこうか。楽しんで行こう。