ゆう子のひろば

日本共産党松浦市議。日々の活動を紹介しています

新聞記者

2018年02月11日 | 日記

望月衣塑子著の新聞記者を読みました。昨年秋の衆議院選、演説会、市議選、知事選と続く中で、読書に遠ざかっていました。「誰も聞かないなら、私が聞くしかない」、ボヤーっとしていては聞けません。議員も同じなのだ、しっかりしなくてはいけないと感じました。新聞の記事を読むとき、記者の名前が出ていますが、ご苦労されて書かれたのだなーと、変に納得して読むようになりました。またテレビのニュースで官房長官が映ると、良い気持ちはしなくなりました(これまで以上に)。

コメント