OURSブログ

社会保険労務士としての日々の業務を行う中で、考えたこと、感じたこと、伝えたいことを綴る代表コラム。

オフィスの新たな潮流

2022-04-18 01:20:33 | 雑感

先週シェアオフィスを見学に行きました。高層ビルの高層階にあるシェアオフィスは新しい働き方を絵にかいたようなオフィスでした。コロナ前、オフィス家具メーカーのオカムラさんのショールームを見学したときは新しい働き方はこのようなオフィスの雰囲気なのかとまだまだ真新しい感じを受けましたが、その後顧問先もだんだんいわゆるデスクが島で並んでいるオフィスから、フリーアドレスで個別ブースが設置されていたり、様々にソファ―やスツールなどがレイアウトされているオフィスに変わっていくのも珍しくなくなりました。今回見学に行ったシェアオフィスはまだ事業を始めたばかりのいわゆるスタートアップに適した区画が沢山あり、やはりコミュ二ケーションの場としてのスペースが広くとってあり、そこでお昼などを食べても良く、また集中して疲れたときに場を変えて気分転換を図りPCを開いて仕事を続けても良くというスペースになっていました。またスペースではミニセミナーなども開くこともあり、スタートアップ企業の交流の場にもなりビジネスの機会創出にもなるということです。

コロナ禍在宅勤務が拡大しオフィスは働く場というよりはむしろ社員同士のコミュニケーションの場としての存在になりつつあるという記事などもよく目にします。4月14日の日経クロステックの記事では、「企業オフィス内のカフェやラウンジといった場所に、新たなワークスペースを設置。ここに、常時オンライン接続するデバイスを組み込んだオフィス家具を配置する。オフィスにいる社員がこのワークスペースに行くことで、テレワーク中の社員と気軽に会話できる。」という実証実験もスタートするようです。

フリーアドレスを導入した顧問先は、とても素敵なオフィスに大変身されこちらも案内していただきました。フリーアドレスはほっておくと同じ場所に座りがちなので、そうならないような仕掛けなどもあり驚きました。

確かに会議や打ち合わせがほとんどzoomなどオンラインになった今、個別ブースをいくつか置いたり、一人で集中できるような椅子を並べたり、小さな打合せをできるスペースがもっとあると良いなあと常に感じていますが、コミュニケーションの場でランチをしている人の隣でPCを広げて仕事をするのは今のところ気が進まないというのが正直な気持ちです。フリーアドレスの場合電話は誰がとるのかななど、いまだ電話当番制を引いているOURSとしては疑問も残ります。新たなオフィスに憧れはあるのですが、もう少し様子見です。

久しぶりに株を買いました。おそらく上がるであろうという予測があり購入したい会社もあるのですが、今のところ株価急上昇といった感じになっており、そちらはまだ買えていません。どちらにしても沢山買うのではなく少しずつなのですが、ちょっと楽しみが増えた感じです。

 憧れている集中用の椅子

この記事についてブログを書く
« 保育所に入所できない場合の... | トップ | 派遣はなぜ3年ルールなのか »
最新の画像もっと見る

雑感」カテゴリの最新記事