OURSブログ

社会保険労務士としての日々の業務を行う中で、考えたこと、感じたこと、伝えたいことを綴る代表コラム。

高度プロフェッショナル制度の対象業務について

2019-03-31 22:06:47 | 法改正
高度プロフェッショナル制度の対象業務が、3月25日に発表された労基法施行規則で明らかになりました。
今のところ高度プロフェッショナル制度を導入したいと検討されている会社は周りではないのですが、対象業務が明確にされたことで検討する企業も出てくる可能性があります。
 
(1)対象業務は、「高度の専門的知識等を必要と し、その性質上従事した時間と従事して得た成果との関連性が通常高くないと認められる業務」として以下が示されました。
 
1.金融工学等の知識を用いて行う金融商品の開発の業務・・・金融商品の開発業務
2.資産運用(指図を含む。以下同じ。)の業務又は有価証 券の売買その他の取引の業務のうち、投資判断に基づく資産運用の業務、 投資判断に基づく資産運用として行う有価証券の売買その他の取引の業 務又は投資判断に基づき自己の計算において行う有価証券の売買その他 の取引の業務・・・金融商品のディーリング業務
3.有価証券市場における相場等の動向又は有価証券の価値等の分析、評価 又はこれに基づく投資に関する助言の業務・・・アナリストの業務
4.顧客の事業の運営に関する重要な事項についての調査又は分析及びこ れに基づく当該事項に関する考案又は助言の業務・・・コンサルタントの業務
5.新たな技術、商品又は役務の研究開発の業務・・・研究開発業務
 
(2)対象は希望する人のみとされ、職務を明確に定める「職務記述書」等により同意している方ことが要件となります。
 
(3)年収要件として、基準年間平均給与額の3倍の額を相当程度上回る水準として厚生労働省令で定める額以上であることとされ、その額は1,075 万円と予定通りの額となっています。
 
その他詳しくは通達等が厚労省の以下のサイトにアップされていますので以下ご確認下さい。
 「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」について
 
金曜日と土曜日で島根(松江)に出張してきました。島根県会の方たちをはじめとして中国四国地域協議会の方たちに温かく迎えて頂いて楽しい出張となりました。
 
島根は10年前に家族で旅行をして、松江城の周りのお堀をめぐる堀川めぐりの船に乗り、出雲大社にお参りして、小泉八雲の家を見学したあとお庭が温泉だった玉造温泉の旅館に泊まりとても印象深く記憶に残っていましたので今回仕事の翌日の土曜日も楽しみにしていました。
当時は父が早く亡くなり老後に夫婦で楽しむ旅行ができなかった70代の母を毎年旅行連れ出すという計画のもと旅行先ではレンタカーを借りて色々と回っていたのですが、今回は一人で松江の街をぐるりと回ってくれるバスの1日券を購入して途中下車したりして楽しんできました。
 
この感じだと一人旅もとても楽しめそうな感じです。とてもリフレッシュできました。今年は修士論文を頑張って良いものを書き上げたら、その後は、日本国内や外国に気軽に旅をしてみたいと思いました。
 
いよいよ4月に入り明日は新しい年号が発表になりますね。気持ちを新たにして、春を迎えられそうです。
 
赤いバスがぐるっと松江レイクライン(外国みたいですね)
 
この記事についてブログを書く
« 子の養育特例 第2子の場合パ... | トップ | 心身の状態の 情報の適正な取... »
最近の画像もっと見る

法改正」カテゴリの最新記事