OURSブログ

社会保険労務士としての日々の業務を行う中で、考えたこと、感じたこと、伝えたいことを綴る代表コラム。

心身の状態の 情報の適正な取扱いのための規程のひな型

2019-04-07 22:12:26 | 法改正
労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針(平成30年9月7日)が発表された際に、「心身の状態の 情報の適正な取扱いのための規程」の策定することで取扱いを明確化することとされていました。関与先の人事担当者の方から「規程のひな型がないでしょうか」というお問い合わせを受けており厚労省に問い合わせたところ作成予定があるということでしたので待っていたところ、3月末近くにパンフレットがHPに掲載され、その中に「規程のひな型」もありました。適用開始は、平成31年4日1日で既に適用開始日を過ぎていますので、早めに準備しておくと良いと思います。
 
(指針より)
事業場において、労働者が雇用管理において自身にとって不利益な取扱いを受け るという不安を抱くことなく、安心して産業医等による健康相談等を受けられるように するとともに、事業者が必要な心身の状態の情報を収集して、労働者の健康確保措置を 十全に行えるようにするためには、関係法令に則った上で、心身の状態の情報が適切に 取り扱われることが必要であることから、事業者が、当該事業場における心身の状態の 情報の適正な取扱いのための規程(以下「取扱規程」という。)を策定することによる当 該取扱いの明確化が必要である。

規程のひな型は、パンフレットの後ろの方の参考2にあります。
 
また、上記指針には、心身の状態の情報の取扱いについて、労働者の同意を必要とするか否かが以下の3つの区分で表に整理されており、実務的に有用だと思います。
 
「心身の状態の情報の分類」 -「左欄の分類に該当する心身の状 態の情報の例」とここには載せませんが「心身の状態の情報の取扱いの原則」が示されています。
 
① 労働安全衛生法令に基づき事業者が直接取り扱うこととされており、労働安全衛生法令に定める義務を履行 するために、事業者が必ず取り扱わなければならない心身の状態の情報
(a)健康診断の受診・未受診 の情報 (b)長時間労働者による面接 指導の申出の有無 (c)ストレスチェックの結果、高ストレスと判定され た者による面接指導の申出 の有無 (d)健康診断の事後措置につ いて医師から聴取した意見 (e)長時間労働者に対する面 接指導の事後措置について 医師から聴取した意見 (f)ストレスチェックの結 果、高ストレスと判定され た者に対する面接指導の事 後措置について医師から聴 取した意見

② 労働安全衛生法令に基づき事業者が労働者本人の同意を得ずに収集することが可能であるが、事業場ごとの取扱規程により事業者等の内部における適正な取扱いを定めて運用することが適当である心身の状態の情報
(a)健康診断の結果(法定の項目) (b)健康診断の再検査の結果(法定の項目と同一のもの に限る。) (c)長時間労働者に対する面 接指導の結果 (d)ストレスチェックの結 果、高ストレスと判定され た者に対する面接指導の結果
 
③法令において事業者が直接取り扱うことについて規定されていないため、あら かじめ労働者本人の同意を得る ことが必要であり、事業場ごとの取扱規程により事業者等の内部における適正な取扱いを定めて運用すること が必要である心 身の状態の情報
(a)健康診断の結果(法定外 個人情報の保護に関す項目) (b)保健指導の結果 (c)健康診断の再検査の結果 (法定の項目と同一のもの を除く。) (d)健康診断の精密検査の結 果 (e)健康相談の結果 (f)がん検診の結果 (g)職場復帰のための面接指導の結果 (h)治療と仕事の両立支援等のための医師の意見書 (i)通院状況等疾病管理のた めの情報
 
この週末は暖かく桜も満開でお花見日和でした。来週からいよいよ大学院2年目が始まります。また新たな勉強が同級生たちとできると思うとワクワクします。「そんなに勉強が好きだったっけ?」と大学時代の友人にはいつも言われますが、確かに正直勉強が面白いと思い好きになったのは社労士の勉強を始めたあたりかなと思います。
 
約2週間前に、転んで右手薬指の筋が切れました。2週間くらい支えを当てておくと、自然に「筋がくっつくかつかないかどちらかわからない」という診断だったのですが、今のところ戻っていません。この話をすると意外にも「ほっておいたから曲がったまま」という人(男性が多い)が結構いることに驚きます。何とかくっついてまっすぐになってくれると良いと思うのですが。
この記事についてブログを書く
« 高度プロフェッショナル制度... | トップ | 現役時代の資産運用の大切 »
最近の画像もっと見る

法改正」カテゴリの最新記事