OURSブログ

社会保険労務士としての日々の業務を行う中で、考えたこと、感じたこと、伝えたいことを綴る代表コラム。

アフターコロナの労働時間減少どう生かす?

2021-09-26 10:38:59 | 労務管理

コロナウイルス感染拡大によって労働時間が減少した業種は多いのではないかと感じます。令和3年版の厚生労働白書を見てみると、「テレワークの実施率が高い業種で労働時間の減少がみられた」とあり、大幅に減少からやや減少まで含めると、減少した業種は全体の5割に近いという数字が出ています。テレワークの実施率は、全体でも2割強、ほぼ100%も含め50%以上が3割という業種は、金融・保険・不動産業と卸売業で、34.6%の業種で何らかのテレワークを行っているという状況になっています。全体の34.6%の内訳は、ほぼ100%テレワークが10.5%、50%以上が11.0%、出勤中心50%以上が6.9%、不定期にテレワークが6.1%となっています。緊急事態宣言が9月末で解除された後の、afterコロナ、withコロナではどのような働き方に変化するか考えどころだと思っています。

移動時間の削減という意味では同じ意味合いですが、労働時間の減少は実はテレワークだけではなく、オンライン会議が一般的になったことが非常に大きいと感じています。自分の状況から行けば、1日3件、多い時は4件のオンライン会議がありますが、コロナ前4件外出先を回る日はほとんど事務所の席にはいられなかったわけです。オンライン会議であれば1時間、かなり長くても2時間で終了し移動時間なしとなると、合間にちょっとした作業やスタッフの相談に乗ったりもできるため、業務の効率化という意味では非常に効果的だったと思います。この流れはおそらくafterコロナ後も変わらないように思われ、初対面や重要案件、懇親を伴うもの以外はオンライン会議でというハイブリットになりそうだ感じます。そのような状況ゆえに、移動時間も含めた労働時間はかなり減少したと思われ、以前より格段に退社時刻が早まりました。ただ労働時間全体が減少したかといえば、リモートワークが可能になったため帰宅後や休日も仕事ができてしまい、総労働時間としてはむしろ増えている可能性もあるように感じています。週末色々なことをどんどん片付けて、翌週お願いしたいことをスタッフにポンポン投げているのでスタッフは週明けちょっと気が重いかもしれません。オンライン会議は、労働時間の減少もさることながら、以前であると月に1回などの定期訪問は難しかった顧問先とも気軽に月1回の定期会議を行うことができるようになり、細かな情報交換やご提供することができるようになったという点でもコロナ禍のプラスへの転換といえると思います。

テレワークやオンライン会議が当たり前になったことによる労働時間の減少もオンライン会議の活用でのコミュニケーション機会の確保もコロナ禍プラスに転じることができたといえると思いますが、先日の日経新聞(9月23日以下の記事「ポストコロナの雇用(上)拡大格差」が載っていてなるほどと思うことがありました。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD034HM0T00C21A9000000

「つまりポストコロナの労働市場では、金銭的な格差に加えて、レジリエンス格差やウェルビーイング格差といった新たな格差が広がる可能性がある。」ということなのです。要するに、コロナが始まった2021年4月に在宅勤務が高所得層で顕著となり、在宅勤務実施率の格差が所得格差と連動しているということです。その傾向は長時間労働にも表れており、週60時間以上働く労働者比率は高所得者層では13%から7%とほぼ半減しているということなのです。コロナ危機による景気後退の影響もあるとはいえ、在宅勤務の普及で高所得者層ほどテクノロジーの活用が進んだこと、テクノロジーの活用で時間的なゆとりが増えれば自己研鑽に充てる時間が増えるということで、高所得者層のみ学習時間の変化がコロナか前の1.8時間からコロナ禍での週1.5時間と倍増しているというデータがあるそうです。記事はさらに高所得者層のワークエンゲージメントで上昇している等の内容につながるのですが、この論評の内容はafterコロナを考えるうえでヒントになるように感じました。コロナ禍による労働時間の減少をどのように生かすか、人それぞれではあると思いますがどちらにしても大切にできたらと思います。

外出や人前に出ることが減り服にお金をかけなくなったのもコロナ禍の影響だと思いますが、秋めいてきたので、少し身の回りに気を使いおしゃれもしなくてはいけないなと思っています。連休にけがをした関係で、それまで愛用していた6センチヒールが履けなかったのですが、先日久しぶりに履いてみたところ夜帰宅してみたらかなりけがをしていた方の足の甲が腫れており、これは負担をかけすぎたなと反省し、これからは事務所ではローヒールに履き替えるよう準備しました。また、私の担当顧問先にアパレルの会社があり、最近オンラインのおしゃれなサイトを立ち上げられたので、時々見にいって楽しんでいます。

https://www.king-group.co.jp/#brand

以前からの方針を変えられてのことと思いますが、いくつかのブランドを持っておられて、それぞれのブランドの特色もよくわかり、オンラインからリアルのショップへの道筋もできていて、さっそくお店にも行ってみました。コロナ禍で大変だっただろうと思いますが、この方針の転換はきっと吉と出るという予感がしています。