OURSブログ

社会保険労務士としての日々の業務を行う中で、考えたこと、感じたこと、伝えたいことを綴る代表コラム。

雇用調整助成金の申請について

2020-03-22 17:50:50 | 労働法

コロナウイルスの影響が拡大していく中で、雇用調整助成金の支給申請を検討しているケースが多いのではないでしょうか。雇用調整助成金は、景気の変動等により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することで、従業員の雇用を維持した場合に助成されます。今回コロナウイルスの影響による休業等を実施する場合も支給対象となりますので、受給要件、受給手続き方法等を確認してみようと思います。

 ●雇用調整助成金リーフ https://www.mhlw.go.jp/content/000612660.pdf

【主な受給要件】 
受給するためには、次の要件のいずれも満たすことが必要です。
(1)雇用保険の適用事業主であること。
(2)売上高又は生産量などの事業活動を示す指標について、その最近1か月間の月平均値が前年同期に比べて10%以上減少していること・・・本来3か月の月平均値ですが特例で1か月の月平均値になっています。
(3)雇用保険被保険者数及び受け入れている派遣労働者数による雇用量を示す指標について、その最近3か月間の月平均値が前年同期に比べて、中小企業の場合は10%を超えてかつ4人以上、中小企業以外の場合は5%を超えてかつ6人以上増加していないこと。 ・・・最近3か月の雇用量が対前年比で増加していた場合も特例で助成対象になります。
(4)実施する雇用調整が一定の基準を満たすものであること。 

*休業の場合(教育訓練・出向の場合は以下ガイドブック等でご確認ください)労使間の協定により、所定労働日の全一日にわたって実施されるものであること。(※1) 
※1 事業所の従業員(被保険者)全員について一斉に1時間以上実施されるものであっても可

【受給額】
受給額は、休業を実施した場合、事業主が支払った休業手当負担額、教育訓練を実施した場合、賃金負担額の相当額に次の(1)の助成率を乗じた額です。ただし教育訓練を行った場合は、加算があります。休業・教育訓練の場合、その初日から1年の間に最大100日分、3年の間に最大150日分受給できます。出向の場合は最長1年の出向期間中受給できます。

【助成内容と受給できる金額】

中小企業 2/3 ・ 中小企業以外 1/2
(1)休業を実施した場合の休業手当または教育訓練を実施した場合の賃金相当額、出向を行った場合の出向元事業主の負担額に対する助成(率)
※対象労働者1人あたり8,330円が上限です。教育訓練を実施した場合1日1人当たり1,200円が加算されます。(令和2年3月1日現在)

受給の手続きの流れ 】
 本助成金の受給の手続きは、次のような流れとなります。 
①雇用調整(休業・教育訓練・出向)の具体的な内容を検討し計画をたてます。 
②雇用調整の計画の内容について「雇用調整助成金休業等実施計画(変更)届」を提出します。

 ●計画届(書式) https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000498164.pdf

③雇用調整助成金休業等実施計画(変更)届 計画届に基づいて雇用調整を実施します。 

・・・今回のコロナウイルスの特例で上記②の届出は③の休業実施の後の提出でも5月51日まで認められます。

④雇用調整の実績に基づき「雇用調整実施事業所の事業活動の状況に関する申出書」により支給申請します。

 ●新型コロナ感染症対応の申出書(書式) https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000601890.pdf

 ●申請様式ダウンロード(Word版あり) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000080400.html

⑤支給申請の内容について労働局で審査と支給決定が行われます。 
⑥支給決定された額が振込まれます。 

 ●雇用調整助成金リーフ(特例が反映されていませんが申請については分かりやすく書かれています)
https://www.mhlw.go.jp/content/000604567.pdf
 ●雇用調整助成金  ガイドブック
https://www.mhlw.go.jp/content/000609092.pdf

桜が満開ということでいよいよ春が来ます。駅に期間限定で出ている産直販売の店でウドを購入したので酢味噌和えを作ろうと思っています。昨日はフキノトウとタラの芽も食べました。山菜は大好きで春が来たことを実感できます。例年は小淵沢に行き、あちらに行くと時間があるので山菜の天ぷらを作ったりするのですが、今年は月末に3連続の講義があり、それが終わるまでは落ち着かなく、コロナのこともあり3連休もほとんど家で予習などに時間を使いました。

ダウンのコートなどはクリーニングに出してついでに保管サービスというものも初めて利用してみました。できるだけ新たな服や物を購入するときは前のものを捨てたり整理しているのですが、やはり物は増えていくものですね