お気に召すまま

なんでもござれ。思うまま、気の向くまま 書きまくる。

「漠としたイメージとしての失言」を読んで

2017年06月30日 | 改善したいね

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明 は私が良く読む記事である。

今回は稲田朋美防衛大臣の東京都議会宣教の応援演説での失言を取り上げている。
全く同感である。

こんな重大な失言も国会が開かれていないと辞任に至らないのも実に不思議である。
法律家の専門家である弁護士である稲田氏の弁解がまるで弁解になっていないこと、しかも誤解を与える発言であり撤回するとのことであるが「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」は誤解しようがないなく法律を無視した発言である。応援演説ということでじじつから逃げられるものではなく、弁護士を返上するか国会議員を辞めるべきと考えるがいかがなものであろうか。

このまま、なし崩しになったら、応援演説であれば法律違反の発言をして好いことになる。法律違反を推奨する弁護士が「カエルの面に小便」で繰り返し不適切な説明を続けている。これまで大阪の学園騒動でも面会が無かったと公の場で発言し、翌日は撤回するなどの前科がある。これでは弁護を依頼した人はたまったものではない。今回は憲法に触れる事であり、このままにすべきことではないと思うのは私だけか。

 

 

=====<by やじさん>========

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雇用の流動化は職能労働組合... | トップ | 「都民ファーストの会」は懸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

改善したいね」カテゴリの最新記事