YU@Kの不定期村

不定期に気ままに、映画&特撮レビューブログ。

なぜ「セッション」のラスト9分19秒は素晴らしいのか? ~血とビートの殴り合い、恫喝の向こうの涙

2015-04-17 17:09:49 | 映画


このレビューは引っ越し先のブログに加筆修正を加えて掲載されています。下のリンクが張ってあるURLより飛んでください。


http://www.jigowatt121.com/entry/2018/02/22/115942




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (55)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

55 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
興奮!! (りこ)
2015-04-18 00:58:16
お久しぶりです!
(きょうは会社休みます以来)
いてもたってもいられずコメントを笑

私も先週辺りに飛行機で鑑賞してから
興奮がいつまでもさめず、
公開初日の今日、劇場へ行ってきました!

結末を知りながら見ると
感じ方がまた違って、
再び深い感動と興奮に陥りました!!
もう1回見たい!!!
あーーーー鳥肌が!!!
フレッチャーが画面に出ていると
自分も緊張するんですよね。
そんな映画、最高すぎますよね!!

今年は映画が豊作ですね(^^)
Twitterで度々絡みたいと思いながら
鍵付きなので話話し掛けられず。。
よかったらフォローしてください!
アカウント:marimariko1211
コメント返信 (YU@K)
2015-04-22 13:39:54
>りこ様
お久しぶりです!そしてお返事が遅くなってしまい大変申し訳ありません!
私も結末を知ってからもう一度見たいと思っているところです。緊張感が半端じゃないですよね。ご承知とは思いますが、Twitter、フォローさせていただきましたので、どしどし絡んでくれたら嬉しいです。よろしくお願いします。
はじめまして! (発情アニマル)
2015-05-04 16:35:32
『セッション』評があまりに素晴らしく、また、私も同意見です!と思ったのでコメントさせて頂きます。

映画は先ほど鑑賞しましたが本当に最高でした!
私も元吹奏楽部で、トロンボーンを吹いていましたので劇中のバンド描写が痛いほどリアルに感じられました。
「音程が違う奴は誰だ!」のシーンでは当時の顧問を思い出したり(笑)
ラストで、主人公がドラムを叩き出したシーンでは思わず立ち上がりそうになる程興奮したり。
音楽をテーマにした映画は数あれど、リアルさと映画としてのカタルシスをここまで両立させた映画は初めてでした。
コメント返信 (YU@K)
2015-05-05 21:49:26
>発情アニマル様
コメントありがとうございます。自分でもかなり熱を入れて書いたレビューだったので、そのように仰っていただけて嬉しいです。

音楽経験者としては、やはり異が痛む描写が多かったですねぇw 音楽を文字通り楽しむということを一種捨てて、ここまでカタルシスに寄せた映画は久しぶりでしたね!
やっと感想を読むことができました (yatarou)
2015-06-02 23:26:45
本日、運よく映画舘でセッションを観賞することができ、やっとこの感想を読むことができました。映画本編も最高でしたが、YU@Kさんのラストシーンの深い解説にぐっときてもう一回セッション見たいなあと思いました。〝「到達した」からからこそ、そこに届いたからこそ、涙が出る"、の一文。あのラストの演奏シーンの表情や動作ひとつひとつが師弟の絆の構築をものすごく雄弁に表現していたのだということを、YU@Kさんの音楽愛に溢れた文章で知ることができました。素晴らしい解説を読めたこと、そしてYU@Kさんのツイートきっかけでこの映画を見ることができたこと、本当に感謝です。ありがとうございました。

コメント返信 (YU@K)
2015-06-03 10:17:06
>yatarou様
やっとのご鑑賞、おめでとうございます。そして、嬉しいお言葉の数々、ありがとうございます。自分が面白いと思ったものを多くの人に知って欲しいという思いでツイッターやブログをやっているところが大きいので、大変嬉しいです。
共感できました (SARTO)
2015-06-16 21:17:07
昨日やっとこの映画を見て、色んなレビューを読んでたのですが全くしっくりこなかったのですが、このレビューを読んでスッキリしました。

私も音楽をやっていたので、あなたと同じような見方をできたのかもしれません。
今はモノづくりを生業としていますが、ニーマンやフレッチャーのような本物を追求する魂みたいなものに共感し、刺激され、映画を見た後、物凄く充実しました。
やっぱ本物の表現者ってのはこーだよなっていうw
まぁ、僕にはそこまで到達できませんが・・・。
もっかい見よう
コメント返信 (YU@K)
2015-06-18 09:28:29
>SARTO様
スッキリきたというご感想、嬉しいです。ありがとうございます。
私もどうひっくり返ってもここまで到達できる気はしませんが、やはり、音楽経験者は色々と思う所の多い映画ですよね…。私ももう一度観に行く予定です。
素晴らしいレビュー (shin)
2015-06-22 11:19:19
YU@Kさん

昨日映画を観て、詳しく内容を知りたく、このHPにたどり着きました。

ジャズは好きですが、楽器を習ったことのない私にとっては、理解が難しいところもありました。

でも、YU@Kさんのレビューを読んで、胸につかえたものがすっと心になじんでいく感覚というか…とにかく、わかりやすく、楽器素人の私にも大変わかりやすい記述・素晴らしいレビューで、感謝を伝えたくコメントしました。

YU@Kさんの文章を読んで、もう一度映画館に行こうと思いましたよ。

私には長崎に住む弟がいるのですが、彼にもメールでこの映画を勧めました。長崎セントラル劇場でも上映するようですね…。

YU@Kさんの、わかりやすい解説にとても感謝しています。
ありがとうございます!!

コメント返信 (YU@K)
2015-06-22 13:02:33
>shin様
とても嬉しいご感想、ありがとうございます!「わかりやすい記述・素晴らしいレビュー」というような感想をいただきたくてレビューを書いている部分もあったもので…。
仰る通り、「長崎セントラル劇場」での上映もあるようですね。今度こそスクリーンで没入できることを楽しみにしています!

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

セッション  監督/デイミアン・チャゼル (西京極 紫の館)
【出演】  マイルズ・テラー  J・K・シモンズ 【ストーリー】 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャーだった。ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引....
セッション (もののはじめblog)
名門音楽学校に入学したドラマーと伝説の鬼教師が繰り広げる狂気のレッスンとその行方を描き、第30回サンダンス映画祭でグランプリと観客賞に輝いた人間ドラマ。 世界的ジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学したニーマンは、伝説の教師と言われるフレッチャーの指...
「セッション」 (ここなつ映画レビュー)
キツイ作品だった。どうキツイのかは後述するとして、息詰まる熱い作品であった事は間違いない。強いパッションを感じるし、音楽の持つ底力に圧倒させられる。名だたる音楽学校で、何のコネも血筋もなく、ただひたすらドラムを叩く気の弱い青年。ただドラムが好きなだけだ...
狂気なる仕返しの連打 (笑う社会人の生活)
27日のことですが、映画「セッション」を鑑賞しました。 名門音楽学校へと入学し 世界的ジャズドラマーを目指すニーマンは鬼教師として名をはせるフレッチャーの指導を受けることに 完璧な演奏を引き出すためには罵声、暴力をも辞さぬその指導は次第に狂気じみていき… ...
「セッション」(2014年、アメリカ) (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「セッション」(原題:Whiplash)は、2014年公開のアメリカのドラマ映画です。デミアン・チャゼル監督・脚本、マイルズ・テラー主演で、名門音楽学校に入学したドラマーと伝説の鬼教師...
映画『セッション』 Whiplash ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
このブログの中では人気が高い、映画のお節介な解説シリーズ。 今回は『セッション』。 この映画はあえて様々な解釈や考察がなされるように作られています。 私もふと疑問に感じた事を調べようとネットで検索かけてみたところ・・・、出るわ出るわ、色々な論点で山ほ...
セッション ~ 狂気の末の高みとは? (2015/9/12) (黄昏のシネマハウス)
名門音楽学校に入学したドラマー志望の青年とスパルタ的指導で恐れられる伝説の教師が繰り広げる狂気のレッスンとそのゆくえが描かれます。 アカデミー助演男優賞ほか3部門をはじ......