つれづれのままに 辰

1日の出来事(家族について.読書.料理.お花、めずらしいこと)

母の13回忌

2017年11月26日 14時54分49秒 | 日記

母がなくなってから13年になります。

弟と2人で大龍寺にお参りしました。妹が少し体の状態がよくないので2人で拝んでもらいました。

やはり実家に来ると在りし日の母がよみがえってきます。お墓と仏様に拝んできました。

母や父のことが懐かしく思い出されて涙します。

私ももうじきお迎えが来るかと思うと人生って長いようで短いですね。

実家も弟が1人生活ですので、姉の私がめんどうをみています。

歳をとるごとに生きることは老人になればなるほど大変だなと感じます。

今の時代は昔と違ってだれもめんどうをみてくれません。

だから元気でないとなにもできないからです。

ピンピンコロリンをめざして明日も元気で生きたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 華の会で紅葉狩り | トップ | 宮崎県への旅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらも近づいてきましたね (純子)
2017-11-26 19:07:51
 それぞれ父母が亡くなってから、月日が経ちますが
だんだんと齢が近づいてきましたね。
 わたしの母は89歳でした。わたしもあと少しですよ。
今はお墓の守ですよ。
有難うございます (ふくちゃん)
2017-11-26 19:55:54
父も母も86歳でした。
この歳をめざしています。
早いですね。
今年も終わりそうね。
お互いもう少しの人生大切にして生きていきましょう。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事