gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

例外的状況vs例外的状況

2017-04-25 13:10:45 | 日記

ある論に対して、例外的状況で反駁するという手法がある。

「東大生で失敗した人生を歩んだ人vs中卒で成功した人」

このお題目で戦わせようとするロジックというものがある。

どちらが優越でも、私にとって、構わないが、実は、そういった手法は、例外的vs例外的という構図でなされていることが多い。

この日本に、中卒の人は、そう多くない。

この日本に、東大生もまた、そう多くないのだ。

だから、この論理に参加する人は、結局、ほとんどが、他人行儀のマジョリティによって、求められたロジックなのだ。

遊びといってもいい。

そもそも、どちらも、マイノリティであって、マイノリティvsマイノリティというのは、最初から、誰にとっても一般性のない題目なのだ。

我々にとって、それは、問題の解決でも、格差社会の是正だとかいった、踏み込んだ議論よりも、プロレス格闘技を求める心があるだけであって、

それ以上ではない。

我々は、一般性を乗り越えようとするとき、例外的状況あるいはパーセンテージの低い数値によって、その一般性を乗り越えようとしてきたが、

実際、その双方が欺瞞であることは、言うまでもない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 話し合いたいのなら | トップ | dividion 私見 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事