57歳から始めるレンタルカートの世界

唄う物書きアマミヤユキト57歳で人生初のレンタルカートデビュー。

KSC Fastest Cup 第4戦 ヒート2

2020年09月03日 | 2020年レース
2020年8月30日 KSC Fastest Cup 第4戦 ヒート2 ノービス&エキスパート混走

8月30日に行われました、レンタルカート のワンメイクレース
『FASTEST CUP第4戦』のレポート続編です。
今回は第2ヒートから。
ひとつのヒートが終了するごとに、体重測定、および車の抽選があります。

ドライバーが、小脇に抱えているお風呂マットのようなもの。これは……。
今回使うレンタルカート、ビレルN 35は、シートが固定なのです。

そのため小柄な選手はブレーキ、アクセルのペダルを合わせるのに、
自分の体とシートの間にパッドを挟み込んで調整するのです。

第2ヒートでは、今回『リバースグリッド』を採用。
😲😲ワオッ!!ですよね。
1位をとったドライバーから順に、最後尾のグリッドからスタートします。
『速い』『うまい』ドライバーたちが、どのように後ろから追い上げるのか?
見どころいっぱいですよ。
これも、レースを存分に楽しむ、レンタルカート ならではの趣向ですね。
第2ヒートまで、しばし休憩。
涼しいエアコンの効いた休憩室に入ると、スラッとした少年に出会いました。

少しお話をしてみます。彼は瀧口純輝くん。
なんとまだ、中学1年生。

「えっ、身長ナンボあるのん?」と関西人、丸出しで尋ねると

「171cmあります!」
と爽やかに答えてくれました。う〜ん、好青年、いや、好少年だなぁ〜。

レーシングスーツには、『グリコ』のスポンサーロゴ。
はて、どっかで見たぞ? このツナギ。
純輝くんのヘルメットには

『SRS』のロゴ。
もしかして……
『はい、鈴鹿のレーシングスクール入ってます』
彼はSRSでカートを学び、鈴鹿選手権シリーズ
のjunior MAXクラスに出場している、とのこと。
今のうちから、いろんなタイプのカートに乗って、腕を磨く、と言うのは、
自分のカートスキルに、たくさんの『引き出し』を作ることにつながります。
瀧口くん、ガンバってね!
***
さて、ヒート2が始まります。

耐久王者の中島さん、どうやら1号車のエンジンがかからない様子。

メカニックのSさんのヘルプでエンジン始動!(カメラ目線ありがとうございます!)

第2ヒートの模様は、ページトップの動画をご覧くださいませ。
このヒートはまさに、リバースグリッドならではの『楽しい、美味しい』と言う走りが楽しめましたね。
中島照弘さん、まさに王者と呼ぶにふさわしい走りで、エキスパート最後列から
ガンガン追い上げて、4位フィニッシュ。
そして決勝ヒート。
2020年8月30日 KSC Fastest Cup 第4戦 エキスパート 決勝


リザルトはこちら。

ノービスクラスの表彰式

エキスパートクラスの表彰式。中島さん、優勝おめでとうございます。

KSCレンタルカート レース、ファーステストカップ 決勝ヒート終了。ピットでみんながお出迎えします

この動画は、決勝ヒートを終えて、ピットに戻る選手たち。健闘を称えて、ハイタッチで出迎えるピットの皆さん。
レンタルカート のレースって、なんか、いいよね。
みんなが、おんなじ車を使って競い合う。だから、はっきりと『腕の差』が出るんですね。
しかも、格安で、思う存分、スポーツ走行を楽しめる。
いやぁ〜、僕もレースで、走りたくなったゾォ〜!
まあ、あと15kg痩せたら、の話なんですけどね……😁😎😅


写真、および本文の著作権は天見谷行人に帰属します ©️Yukito amamiya 2020
PVアクセスランキング にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへにほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 2020年8月30日 KSC Fastest C... | トップ | ビレルN32(ジュニア、レディ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2020年レース」カテゴリの最新記事