コトナな理学療法士ツネさんのブログ

理学療法士であるツネさんの出来事・考えていること等々を徒然なるままに書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教員に冷笑される元教員って…(汗)

2017年07月12日 23時00分00秒 | 現勤務先あれこれ
 

数ヶ月前ですが現勤務先へ作業療法養成校(某大学)より某教員が実習地訪問へ来訪したときの出来事…以前から現勤務先には不思議と理学療法/作業療法ともに何かしらの問題を抱える実習生(?)を配置されることが多かったですが(笑)その理由が垣間見えたように思います(爆)。

 

現勤務先の「なんちゃってリハビリ」を実践している作業療法士が(病院実習中の)作業療法学生に対して「各検査/測定を実践することで検査/測定技術の精度を上げる」ことよりも「病棟生活/日常生活場面の観察のみで評価/アセスメントする技術を身に付けさせる(各測定/評価するスキルは実践させない)」ことを目的に学生指導していることを(実習地訪問している)教員に対して説明した際、「おめぇ馬鹿じゃねぇの?」といふ表情で冷笑したのをワタクシは見逃しませんですた(汗)。



現勤務先のように精神科/心療内科の対象となる入院患者が多い実態を踏まえると 質的研究の半構造化インタビューの手法等を用いつつGrounded Theory Approachのようにアセスメントを必要とする症例も多いことは事実である一方、理学療法学生/作業療法学生の実習到達目標の一つである「検査・評価項目を選択して正確に実施できる」といふ項目が達成困難であることに加えて 観察のみで評価/アセスメントする技術は形式知のみならず暗黙知を多く要求される現実を踏まえると新人/中堅の作業療法士はおろか 作業療法学生には達成困難な目標設定であるように愚考します…(実習地訪問にて来訪した)教員が冷笑した理由の一つとして上記理由があるように思います。

 

認知症専門医が講師を務める研修会へ参加した際に「認知機能低下の有無を調べるHDS-R(長谷川式簡易知能評価スケール)は侵襲が大きいので測定時には細心の注意を払う必要がある」と説明されていたことからも「なんちゃってリハビリ」を実践している作業療法士が「観察のみで評価/アセスメントする技術を身に付ける」意図も理解できる部分はある一方、行為比較により学習効果が得られることを踏まえると 観察のみでは行為比較が難しい現実があるため検査/評価実習あるいは総合臨床実習等においては各検査/測定項目を実践させることで物事を比較させてる必要があると思われ、(特異的/特殊な内容は実践せずに)オーソドックスな内容で指導していく必要性を再認識した次第ですwww(苦笑)。
コメント

やはり見た目で判断しますよね(汗)

2017年07月09日 23時00分00秒 | 学会・研修会・セミナー
  

約1週間前に認定理学療法士の更新ポイントGet‼だけを目的に参加してきた某研修会の内容を忘備録として少しだけ記録しておきたいと思います(汗)…今回は標高_約250mの場所にある(研修会の開催場所である)某医療機関までは自転車ロードバイクではなく電動自転車で行くといふヘタレなワタクシ(苦笑)ですが 会場に到着した頃には汗だくで研修会参加どころでは無い状態だったりします(爆)。

 

内容としては3~7年目の理学療法士を対象としていたので 講義と(グループ毎での)症例検討/ディスカッションといふオーソドックスなものですた…今回の研修会で少し気になった点として 症例検討/ディスカッションにおいて何れのグループもレジュメに記載された評価結果あるいは情報のみ活用するという状況でスクリーンに映し出された脳画像所見をジックリと見ている参加者はワタクシを含めて約2~3名程度…提示された症例は全て急性期・回復期の症例ですたので運動/感覚障害や高次脳機能障害の有無/程度を判断して予後予測する上で脳画像の読影が必要不可欠であるにも関わらず(汗)。



そういえば某経済誌にて「脳卒中からの回復は脳画像の読解力で決まる」といふ記事がありますたが、外見上の身体所見・評価結果のみで運動/感覚障害や高次脳機能障害の程度を判断する風潮に関しては変化が無いみたいです(泣)…今回の研修会講師ですら「(参加者の立場から)脳画像を読影して麻痺の回復度合いを判断することが必要なことを言ってあげて!!」というあたり問題の根は深そうです。
コメント

2017BRM610広島_岩国・角島400㎞_その5(ウィニング・ランも楽じゃないよ編)

2017年07月05日 23時00分00秒 | 自転車
 

時間内の完走が確実となり PC5~ゴールまでウィニング・ランと行きたいところですたが(PC4から一緒に走っている参加者グループの)約25~30km/h程度の巡航速度にもツキイチできずに離脱してしまいます(汗)…しかしながら数km先にて待ってくれていますたので巡航速度を落として一緒にゴールを目指すものの巡航速度が約20km/hという有り様(泣)…ワタクシ以外の参加者メンバーでローテーションしながらゴールへ向かいますが柳井市内の信号峠にて後続からの参加者に追い抜かれてしまいますたので「ワタクシを気にせずに先にゴールして下さい」と伝えますがグループ全員が脚に何らかのダメージを負っている状態のため置き去りにしたくとも出来ない状態みたいです(苦笑)。

  

ゴールまで約10kmの地点を通過しますが逆算すると8時00分まで(完走時間_24時間以内)にゴールできない可能性が高くなったものの巡航速度を上げることも難しい状態…ここで何を思ったのかワタクシが先頭交代&巡航速度_約27~30㎞/hで半ばヤケクソ状態にて参加者グループをゴールまで鬼牽きしつつ導きます(苦笑)…先頭を牽きながら「両脚が再び攣りそうだよ」「胃から何か出しちゃいそう」「血管イベントが起きそうだよ~」と泣き叫びながら(爆)7時45分頃にゴールであるセブンイレブン由宇店に到着しますが 息も絶え絶えの状態のため思わず約2~3分ほどフリーズしちゃいますた(苦笑)…その後はノンアルコールビールにて祝杯を挙げつつPC4から一緒に走ってきた参加者さんと記念撮影ですが、揚げ物で祝杯を上げる強者がガガガガガ(滝汗)。

  

スタート地点に戻りますてゴール処理をしますが完走者_25名(DNF_8名)のうち7~10番目くらいの到着だったみたいで「上位25%以内でゴールできているじゃん‼」と少し浮かれていると K前副代表より嬉しい一言を戴きますた(泣)。
「平均的な完走時間だね(特段に速いタイムじゃないね)!!」

 

少し休憩をして(スタート地点の)最寄駅から再び輪行して帰宅しますが シャワーを浴びないまま乗車したため 汗&脂にて227系の車内で異臭を充満させてしまいスミマセンでした(爆)この場を借りて謝りま~す(笑)…今月下旬の300㎞ブルベを完走すれば念願であったSR(Super Randonneur)取得ですが 過去の300㎞ブルベでは何かしらDNFの危機に晒されるほどのピンチに見舞われているので本当に大丈夫でしょうか??
コメント

2017BRM610広島_岩国・角島400㎞_その4(気を緩めて走ってはイケマセン編)

2017年07月02日 23時00分00秒 | 自転車
 

通過チェックポイントである角島灯台を19時05分頃にスタートしてPC3であるローソン美祢インター店を目指して通ってきた角島大橋を再び渡りますがスライドした数名の参加者の中にTANAちゃんの姿も(笑)…国道191号線を左折して国道435号線を東へ進みますが(PC3までは)コンビニが全く無く自動販売機も非常に少ない一方で「(角島大橋の手前の)コンビニで購入したオムスビもあるから大丈夫だろう」と思いつつ走り続けます…しかしながら胃袋にも疲れが出てきているため空腹感に襲われてもオムスビを胃に収めることが出来ないので徐々にペースダウンして気が付くと約20km/h程度しか出せずにプチ・ハンガーノック状態に(汗)。

  

自動販売機にてジュースを飲みつつもゼリー系飲料を胃に収めて走り出しますがエネルギー不足感が否めず淡々と走り続けますが単独走の状態は続いており(前後での参加者の姿は確認できないまま)不安と空腹感に押し潰されながら(笑)美祢市中心部を目指して走り続け 21時40分頃にPC3であるローソン美祢インターに到着します…久しぶりに確認した参加者の中に(既にPC3を出発していると思っていた)Winebar500代表氏の姿も確認して驚いた次第(苦笑)。

  

ワタクシよりも先にPC3を出発する&途中のコインランドリーにて仮眠予定のWinebar500代表氏にはワタクシが事前リサーチしていたコインランドリーの場所を伝えて見送ります…出発間際にはRikiさんも到着ですがエネルギッシュな表情に一人勝手に打ち負かされた感覚に苛まれながら(汗)吉敷峠へと向かいますが上り区間では想定外に参加者1名をPASSしますて、その後も自転車を押して歩いていたWinebar500代表氏までもPASSする暴挙に(爆)…そして吉敷峠を下って山口市内に入ると(Winebar500代表氏に教えていた)コインランドリーへ勝手にピットインして暴挙を重ねるワタクシ(苦笑)…ウェアを洗濯・乾燥している間は長椅子に寝そべって仮眠を取りますたので入店客からは白い目で見られたものの約1時間は仮眠を取ることが出来ますたので当面の眠気を撃退して(往路にて通過した)仁保峠・荷卸峠へと向かいます。

  

仁保峠では女性の参加者が勢い良く追い抜いていきますので 追い付いて話を聞いてみると400㎞ブルベは初挑戦とのことですたがSR取得者のように猛者臭がプンプンしておりますたよん(苦笑)…荷卸峠を越えて午前1時50分頃にPC4であるローソン徳地堀店に到着すると3名の参加者がコンビニ前にてタムロしておりますたので(苦笑)一緒にPC5を目指します。

  

PC4~島地川ダムの区間では「ここって死体を捨てに来る場所ですよね??」といふ名言を思い浮かばせる場所もありますたが今回はワタクシを含めて4名の参加者グループで走行しているため「赤信号みんなで渡れば怖くな~い(爆)」状態です(苦笑)…参加者グループ全員が疲労感と眠気を感じていたこともあり 途中のPC外コンビニにて休憩・仮眠しますが(仮眠から)目を覚ました際にOさんが路地の中央にてフ●チンで着替えておりますたよんwww。

  

その後はPC5までのダウンヒルにて寒さに耐えつつ(>_<)日立製作所笠戸事業所の傍では出来立てホヤホヤのN700A系しか見ることが出来ないまま(泣)PC5を目指しますが全員が疲労困憊状態…ヘロヘロになりながら(昨年よりも約1時間以上も早く)5時45分にPC5であるセブンイレブン光市室積新開店に到着して、ようやく時間内の完走を確信します。

(つづく)
コメント