コトナな理学療法士ツネさんのブログ

理学療法士であるツネさんの出来事・考えていること等々を徒然なるままに書いています。

2017BRM503広島_須波・太平洋600㎞_その5(やっぱりコースアウトしたよん♪編)

2017年05月28日 23時00分00秒 | 自転車
 

PC5には0時15分頃の到着ですたが中途半端な眠気・疲労感を感じていたので(約5時間ほど貯金もあったこともあり)仮眠したかった一方で神経が昂っていたため眠りたくても眠れない状態といふ(汗)…PC4~PC5まで一緒に走っていた参加者は眠気がピークらしく駐車場の片隅で仮眠を取り始めていますたが、この先の区間は自動販売機すら無い山岳区間が続くため貯金を食い潰す状況下になることを考慮すると(少しでも余裕を持って走り続けるためにも)眠気がピークとなるまで走行し続けることにします…そのことが仇になりますが(汗)。

 

PC5出発後は街頭すら無い山間部の国道33号線を単独で走行しますが単調ながらも上り基調であるため次第に眠気が強くなってきます…区間距離が長かったので十分にキューシート・ハンディGPSを確認せずに走っていると「○○ダム」の標識を見て「あれっ?この区間でダム近辺を通過するコースだったっけ??」と思ってハンディGPSを確認するとルートを思いっきり外れていることに気付いて一気に眠気が飛びますた(苦笑)…約10㎞ほどコースアウトしたので徒労感で一杯ですたが前方に(東海地方から遠征されているといふ)参加者が確認できたので徐々に距離を詰めていき一緒に峠を登っていきます。



峠の頂上にあるトンネルを超えて下りとなりますが「眠い…寒い…休みたい…」ばかりが頭の中でリピートするものの周囲は自動販売機すら無い区間で気温も下がる一方であったため 通過チェックである檮原郵便局まで一気に下って檮原郵便局周囲で休息することにします…それでもダウンヒル途中に居眠り運転をして何度も転倒しかけるといふ(汗)…小雨の降る中で何とか4時50分頃に通過チェックである檮原郵便局に到着しますて写真撮影後は力尽きて(笑)郵便局建物に凭れ掛かって少しだけ仮眠をとります。

(つづく)
コメント (3)

2017BRM503広島_須波・太平洋600㎞_その4(仮眠時間は確保できるかしら??編)

2017年05月24日 23時00分00秒 | 自転車
 

PC2を出発しますが偶然にも他の参加者も同じタイミングで出発ますたので体力温存のため「金魚のフン」「腰巾着」作戦にて後方に付いてPC3を目指します(笑)…日没時間が近づき次第に周囲は暗くなりますが前方を走る参加者さんを追走しますが途中の交差点でコースアウトしたためコースへ戻る際に順序が入れ替わった兼ね合いでワタクシが先頭を牽くことに(汗)…「ブルベで楽なんて出来ないよね~」と思いつつ ゲコゲコと蛙の大合唱を聞きつつ広域農道を走って19時20分頃にPC3へ到着です。

  (←Googleストリートビューより引用)

PC3においては迅速に補給を済ませてテキトーに参加者の写真を撮影して通過チェックポイント&PC4を目指して太平洋の海岸沿いを走行しますが 周囲が暗くて波の音しか聞こえない状況下にあるので現在地が把握できません…把握できた場所は桂浜入口と(歴史ある理学療法士養成校である)高知医療学院/愛宕病院分院くらいですたが(苦笑)Googleストリートビューで確認すると病院前に墓地があるじゃないですか(爆)。

 

横浪黒潮ラインの手前にあるコンビニでトイレSTOPした後は通過チェックポイントである「武市半平太先生像」を目指しますが約6~9%のアップダウン(のこぎり区間)で想像以上に脚が削られてしまうといふ(泣)…通過チェックにおいては武市半平太先生像と自転車を写真撮影してAJ広島サイトの掲示板にupする必要があるものの 眠気と空腹感が強くなっていた影響もあり投稿作業が上手く出来ずに約20分も無駄に時間を過ごす結果に(汗)…その後は「眠りた~い 眠りた~い 温かい布団で眠りた~い♪」「牛丼・カレー・豚汁♪」とリピートしながら22時30分頃にPC4の「すき家56号須崎店」に到着してガッツリと補給すると空腹感は収まったものの眠気が強くなってしまうといふ…店内には22時過ぎにも関わらず家族連れも多く、半パン姿の工事関係者(爆)のワタクシに白い目が向けられていますたよん(苦笑)。

 

PC4の予測通過時間は23時30分頃を見込んでおりますたが(予測通過時刻より)約1時間以上も早く通過したことが仇に(悲)…最終列車通過後の時間帯に(土讃線の)斗賀野駅付近を走行する予定ですたので駅舎内で仮眠を取る算段であった一方、斗賀野駅で時刻表を確認してみると最終列車が通過するまで約40分もありますたので時間の無駄と判断して仕方なくPC5まで走り続けることにして(泣)中途半端な眠気・疲労感等を感じつつも仮眠が取れないまま0時20分頃にPC5に到着することに(疲)。

(つづく)
コメント

2017BRM503広島_須波・太平洋600㎞_その3(山岳区間は辛いね編)

2017年05月21日 23時00分00秒 | 自転車
 

(予測到着時間である13時30分よりも)約1時間近く予定より早くPC1に到着することが出来ますたが 先頭グループ一行は(ワタクシが到着した)約1時間前にはPC1を出発していたみたいで魔人ぶりに恐れ戦くといふ(汗)…これから約20km程の上り基調&ヒルクライムがあるためコンビニ店内にあるイート・イン・スペースにてパスタ・おにぎり・シュークリームとエネルギー源となる糖質をガッツリ補給している間にKENSEIさんが到着します…驚いたことに今回はオリジナルのタイムテーブル表を作成・持参して600㎞ブルベに臨んでおり何故だか準備不足感upにより焦ってしまうワタクシ(苦笑)…その横では呼吸器内科医であるPメタ先生は寒風山トンネルまでのヒルクライムに備えて「2RUN」を服用していたのを見逃しませんですたが SR取得者の医師が「芍薬甘草湯」を服用しないあたりは誤った知識で走っているワタクシの思考を絶妙に崩壊させてくれます(爆)。

 

補給を済ませて店外に出て準備をしていると「ヒルクライムが遅いから」とKENSEIさんはワタクシを置いて冷酷にも一足先に出発するといふ(焦)…前後して嘘つきT代表とPanaランドナー大先生がPC1に到着してT代表はAJ四国のスタッフらしき人物と談笑する一方、ワタクシとPanaランドナー大先生は意味もなく写真の撮り合い合戦をして無駄に時間をロスしておりますた(苦笑)。

  

PC1をスタートして寒風山トンネルまでのヒルクライム開始となりますが平均斜度_約6~7%のヒルクライムが続きますが我慢して上りますが「登坂車線」の看板を見ると「やる気スイッチ」がOFFになるため注意が必要ですが、今回のみ何故だかヤケクソ状態で上っておりますたので途中でKENSEIさんをPASSするといふ暴挙に(爆)…何とか(無料で通行可能な一般道のトンネルとして日本最長である)寒風山トンネルの入口前まで辿り着きますがトンネル内は約3%程度の上り基調が約5㎞程度 続くためトンネル入口前で小休憩&夜間走行仕様にチェンジしてトンネルへ突入しますが内部は寒くて凍えそうですたことに加えて内部で響き渡るトラックの爆音が恐怖心を煽ります(泣)…約15分程度の時間を要しますたがトンネル出口に出ると黄泉の世界から現世へ戻ったような気分ですたよ(苦笑)。

  

寒風山トンネルからは重力に従順に従いまして坂道を下っていきますが(意外と標高が高いみたいで)体温を奪われていくので途中でSTOPしてウィンドブレーカーを着用した直後に小雨も降ってきたのでレインウェアも重ね着するものの体温調整に失敗するといふ(苦笑)…某ドキュメンタリー番組にて取り上げられていた国道439号線(酷道439)を走行しますがコンビニはおろか自動販売機すら無い区間が続きますが「補給食が足りなくなるかも?」と不安になりつつ 全国的に有名な早明浦ダムにも立ち寄りたい誘惑を断ち切って(笑)何とか17時40分にPC2に到着です…予測到着時間は19時45分頃と見込んでいたため想定していた以上に貯金が出来ていますたが 仮眠時間の確保・(後半)巡航速度低下やトラブルによるタイムロスなどを考えると安心は出来ませんので 取り敢えずは再びパスタやスムージーなどエネルギーになるものを摂取して再出発です。

(つづく)
コメント

2017BRM503広島_須波・太平洋600㎞_その2(牽き廻しの刑編)

2017年05月17日 23時00分00秒 | 自転車
 

スタート地点は宿泊先から約200~300m程度先にある公園なのでギリギリまで就寝している予定ですたが何故だか興奮して起床予定時間の約1時間以上も前に起きてしまうといふ…ゆるゆると朝食を摂りつつ出走準備をしてスタート地点に向かいます。

  

受付開始直後の時間であるにも関わらずスタート地点には既にクレイジーな(?)ランドヌールが集合しておりますた…受付終了後はKENSEIさん・TAKKANさん・CAKEさん・Pメタ先生にご挨拶をしつつ、今回も依頼されていないにも関わらず出走者たちを写真に収めていましたら 300㎞ブルベすら青色吐息でタイムアウト寸前で何とか完走した経験しか無いにも関わらず600㎞ブルベに挑戦する無謀なランドヌールの姿も(汗)…そのランドヌールのFaceBookを拝見する限りではリア充&自転車用機材に関して「どうでも良いこと」を騒ぎ立てているとワタクシはラベリングしておりますたが(汗)実物に会った感想については
「(単なる)構ってちゃん or 拗らせちゃんだ(笑)」

 

定刻となりブリーフィングが始まりますが 山間僻地を通るルートであるため 途中区間では公共交通機関やコンビニ・自動販売機すら無い区間が多いと注意を受けましたので ハンガーノックに陥らないよう注意しつつも、今回は日本最速と称されるランドヌールやAJ近畿のK夫妻も参加されているため 序盤は無駄に付いて行って無駄に脚を削らないよう自制しないとね(苦笑)…前述のランドヌールはブリーフィングを聞かずにカメラに向かってポーズしておりますたので「自意識過剰じゃないの?」とツッコミを入れたくなりますたよん(汗)。

 

スタートしますが直後から猛スピードで追い抜く集団が居ますたので(日本最速と称されるランドヌールが含まれていることに気付かずに)金魚の糞みたくノコノコと追走しますが 約35~40km/hの巡航速度で牽き廻されるため序盤から心拍数MAXで目がチカチカし始めるといふ(泣)…その代わり交通量の多い国道2号線でノロノロと走行していなかったためランドヌールの集団走行に伴う渋滞は起きていませんですたよん(爆)。

 

途中の信号STOPした際に写真撮影するため集団前方へ移動してみると 日本最速と称されるランドヌールの姿を確認して凍り付くくワタクシ(滝汗)…その後は巡航速度が約5㎞/hアップした集団を追走すら出来ずに山岳区間までの体力温存とトイレ休憩も兼ねて勇気ある離脱をします(笑)。

  

その後は単独走となりますが後方よりKENSEIさん・Pメタ先生のグループが追いついてきますたので集団に入れてもらい一緒に四国を目指します…Pメタ先生は上り基調 or ヒルクライムになると途端に巡航速度が上がる(それよりもワタクシの巡航速度が極端に落ちるといふ表現が正しかったりしますが >_<)ため追走するのも一苦労です…一緒に走っていた集団のメンバーもPメタ先生の鬼牽きにより徐々に突き放されていきワタクシが最後まで食い下がったものの結局のところPC1まで一緒に走れませんですたが(泣)、スタート~PC1までの牽き廻しにより予定到着時間より約1時間も早くPC1に到着できたので良しとしませう(苦笑)。

(つづく)
コメント

2017BRM503広島_須波・太平洋600㎞_その1(前泊編)

2017年05月14日 23時00分00秒 | 自転車
  

大型連休中は600kmブルベを完走したことが無いにも関わらず無謀にもAJ広島主催の「なんちゃって1200㎞」にエントリーしたワタクシ…その「なんちゃって1200㎞」の前半戦である「2017BRM503広島_須波・太平洋600㎞」に参加してきますたので 記憶が薄れつつありますが振り返ってみませうかね(^_^)。

 

今回はスタート地点である「三原市すなみ海浜公園」の隣にある「みはらし温泉・夢の宿」に前泊するため職場へブルベ用セッティング済の自転車で出勤するものの、3月のアクシデントを警戒して細心の注意を払いながら職場へ向かうワタクシ…注意しすぎて出走前から全身が筋肉痛になってしまいますたwww。

 

約2時間ほど早く仕事を強制終了させて職場の最寄り駅より輪行スタイルにチェンジしてスタート地点に向かいます…電車内では少しだけ昼寝をする予定ですたが 馬鹿面の大学生が自転車に体当たりしてくるので(怒)十分に着席できるだけの空席状況にも関わらず自転車が気になって輪行袋の傍で見張りをしながら最寄り駅まで立って過ごしたため、最寄り駅に到着した頃には自転車に乗っていないにも関わらず脚が削られてしまいますた(泣)。

 

チェックインした後は建物内にあるレストランにて夕食を摂りますが、レストラン内にはブルベライダー/ランドヌールと思しき人物がチラホラ…その方の一人から声掛けして下さって一緒に食事をさせて戴きますが顔を拝見するとAJ広島の動画に何度も出演されている福岡のヘンタイご一行だったため何故だか緊張してしまうといふ(苦笑)…その後はBANBANさん・T代表も合流してブリーフィングが始まりますが「しまなみ海道を意識朦朧の状態で走行したためルートを外れて外周コースに行った」「途中区間では時間帯により約100㎞近く補給ポイントが無い」「ハンガーノックになっても約2~3時間ほど我慢して走れば脂肪燃焼の活性化により食べなくても走れるよ」とか600㎞ブルベの完走実績の無いワタクシには十分すぎる怪談話です(笑)。



翌日は午前7時00分スタートのため午後8時過ぎには解散となりますたので入浴・就寝します…そういえば「みはらし温泉」では数ヶ月前にホニャラララ菌による事故により日帰り入浴施設は営業停止となっておりますたが(宿泊施設の)大浴場は十分にキレイですたよん♪

(つづく)
コメント

再び認定理学療法士を取得できたみたいです(苦笑)

2017年05月10日 23時00分00秒 | 未分類


昨年は不合格だった領域の認定理学療法士の認定試験を3月初旬に受験しますて合格発表が今日ありますた…結果は「合格」みたいですが(苦笑)認定証が郵送されるまで信用できない性分なのです(苦笑)…ちなみに合格した領域(←これはヒミツっ♪)に関しては既に取得者が数多く居るため希少価値は全くありません(爆)。

  

今回も受験会場において知人&(前勤務先[民医連病院]での)後輩たちに会って「不合格になれば良いのに♪」と言われなかったものの 何故だかワタクシだけ気まずい状況下に陥るといふ(汗)…「不合格だったら恰好が悪いな~有言不実行になるな~」と心配しておりますたが取り敢えずは「合格」して一安心です。



その一方で(ワタクシの確認不足である可能性は否めませんが)確認した限りにおいてハラスメントの巣窟&ブラックな職場である前勤務先[民医連病院]において優秀かつ努力を怠らない後輩たちは少し残念な結果になったみたいです(悲)…単なるワタクシの確認ミスだと良いのですが。

  

それはさておき…連休中は「2017BRM503広島_須波・太平洋600㎞」に参加してきますたので急いで記事を書かないとね(笑)。
コメント