コトナな理学療法士ツネさんのブログ

理学療法士であるツネさんの出来事・考えていること等々を徒然なるままに書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

実習委託費を増額して下さいな(爆)

2016年09月28日 23時00分00秒 | 現勤務先あれこれ


病院・施設等における理学療法学生の学外実習(評価実習・総合臨床実習)は「学内教育にて習得した知識・技術を臨床現場にて統合」「リハビリテーション専門職に求められる適切な行動・態度・責任感の修得」を目的としているので1対1での直接指導/個別指導を余儀なくされる場合が非常に多いです(汗)…「実習受入≒採用活動」ではない学外実習(評価実習/総合臨床実習)の場合に限定すると「実習指導者のスキルアップ」「(実習受入による)広報/宣伝活動」あるいは「教員・現場スタッフの縁故」等々の理由により理学療法学生/実習生の受入を行う場合も少なくない一方、学外実習の指導に関して過度に労力を要するため実習指導者の思想・哲学あるいは人間関係のみで(実習指導者としての)動機/意欲等を維持することは難しいように感じます(苦笑)。



大同小異はありますが)理学療法士養成校側が求めている理学療法学生に対する評価実習(短期実習)・臨床実習(長期実習)の到達目標に関して「(実習指導者等が)数回態度のアドバイス・指導等により○○ができるようになる/実施可能となる」と規定されている場合が多いと思います…現勤務先においては複数校より実習生を受け入れていますがホンネの部分として「養成校により(評価実習・臨床実習等の)各実習時期において目標到達が可能な学生/実習生数に大きな開きがあるな~」と感じることも多々あるため、約20分/日程度の口頭指導のみで指導が終了してしまう場合もある一方で約60~120分/日以上の注意喚起・技術指導等を行っても目標到達までには程遠い場合もあります(汗)…加えて「理学療法士養成校の教員>>>>>臨床実習指導者」といふヒエラルキーの存在もあり、苦情・クレームのみを言ってくる一部の実習指導者を除いて学術活動に取り組んでいない or 大学院への進学経験の無い臨床実習指導者は有形無形に教員の奴隷(?)になっているように見受けられます(爆)。

 

臨床実習指導者が不満を抱く理由の一つとして「理学療法を実施する時間(診療時間?)ならびに(保険請求する)疾患別リハビリテーション料の単位数を削ってでも理学療法学生/実習生の指導に時間を割いたにも関わらず(指導時間? or 熱意?に)相応した指導/教育効果も得られないために無駄な時間・労力と損失を出してしまったよ~もう疲れたよ~(泣)」といふ感情が存在していると推察します…把握する限りでは理学療法士養成校より支給される実習委託費については約1500~2500円/日が相場であるため 疾患別リハビリテーション料に換算すると1単位(約20分)/日に相当する金額しか貰えませんが、間接的かつ直接的に理学療法学生/実習生へ指導する時間は平均的に約60~90分/日程度ではないでしょうか??…「実習受入≒採用活動」では無い実習受入に関しては(前述した理由のみで)実習指導者としての動機/意欲等を維持することは難しいと思われますし、費用 対 効果が悪い実態にある中で理学療法士養成校の要求する目標まで到達させるように理学療法学生/実習生の指導を要求するのであれば何らかのインセンティブを付与する必要があると愚考します…少なくとも約60~90分以上/日の直接指導を必要とする理学療法学生/実習生の受入時には約5,000~10,000円/日程度まで実習委託費を増額して欲しいと切に願いますけどwww。
コメント

実習受入≒採用活動ですね??

2016年09月25日 23時00分00秒 | 現勤務先あれこれ
 

現勤務先ではリハビリテーション部門(理学療法士・作業療法士)に加えて看護師・薬剤師・臨床検査技師・臨床工学技士や医療事務等の各養成校より実習生を受け入れて実習指導をしていますが 各部門において実習指導に対する考えの相違やマンパワー不足等のため各部門により教育/指導スタイルが大きく異なります…看護部門を除くと(各部門ともに必要最低限の常勤職員のみ雇用/配置されている影響もあり)日常業務の傍らで片手間的に実習生の指導を行っている実態がある一方、(日毎に担当者が変更されるものの >_<)看護部門では実習生指導の専従スタッフが配置されて集中的に実習生への対応/指導が行われています(苦笑)。



現勤務先においては法人内に看護学校があるので(実習施設の確保・実習委託費用の節約のため?)可能な限り法人内で学外実習を完結させる意図があることに加えて(現勤務先に在籍する)看護師の多くが実習受入校の出身者であるため「同窓生/後輩育成ならびに実習指導者のスキルアップのために実習生指導を行っている」ものとワタクシは思っておりますた(汗)…あるときに法人外より受け入れている看護学校の実習委託費等に関して某看護師に尋ねると「実習委託費の有無等すら把握していないけど(実習生指導の目的は)看護学校卒業後に現勤務先へ就職してもらうためなの♪」といふステキなオコトバを聞かせて戴きますた(滝汗)。

理学療法士等に限った話ではありませんが 知られた老舗の特定機能病院・総合病院・回復期リハビリテーション施設等においては学生自身が自ら「学外実習先⇒就職先」と選択する場合も少なくない一方、それ以外の(学生には人気のない?)病院・施設等では(学生の就業先の選択自由の観点ッ等から)養成校の教員が実習委託先を就職先として推薦/斡旋困難な実情もあるため、(少なくとも四半世紀以上前から)昔と変わらずに実習受入施設では実習受入≒採用活動/求人広報活動としての意味合いが依然として残っていたことは明白に思います…某実習施設においては「(ワタクシの出身校から)卒業生が就職しないので実習生は受け入れない」といふことが実際にありますたし(笑)。



「(患者中心の医療ではなく)消費者中心の医療といふ現実」ならびに「大病院>中小病院>診療所+急性期>亜急性期/回復期>慢性期といふヒエラルキーの存在」等々により「実習受入≒採用活動/求人広報活動」の意味合いは10数年前に比べると色濃くなっている印象があるため、このヒエラルキーの下位に位置する実習受入施設においては採用活動等を目的とした実習生への対応/指導に主眼が置かれる一方、ある種の人気取り/ご機嫌伺いに陥って実習生への指導が十分に行われなくなる可能性は決して低くないと愚考します…これらは問題報告・研究報告等では挙がり難い側面も抱えているため、学外実習/臨床実習指導に関する諸問題の一端としての暗黙知の問題が存在するように思います。



過激な臨床実習指導が無くならない背景には数多くの原因があると推察されますが、その一つとして「仮に実習生を指導しても実習受入施設より卒業生は就職してくれない一方で実習受入に係わる負担が増加する一方だ」といふ現場スタッフたちの悲鳴も水面下であると思います…裁判係争中のため安易なことは申し上げられませんが実習生の自死に至った問題の背景として前述した内容が関与している可能性があるかもしれませんwww。
コメント

被爆体験の聴取は医療に役立つ…のか??

2016年09月18日 23時00分00秒 | 民医連病院(前勤務先)


前勤務先[民医連病院]では入職2年目の職員を対象に(運営母体である○○医療生活協同組合の組合員である)被爆者に対して被爆体験をインタビューする職員教育プログラムが組み込まれていますたwww…爆心地より約1km以内で被爆した祖父より被爆体験を聞いているワタクシとしては爆心地より約3kmほど離れた場所で被爆したといふ(組合員である)被爆者からの被爆体験を聞いても全くインパクトがありませんですたけど(汗)…その後はインタビュー内容を冊子にして300円/冊ほどでボッタクリをして活動資金(←ご想像にお任せします ^_^;)とするシステムとなっておりますたよ(笑)。

 

同僚・上司へ担当患者の代行依頼して嫌味を言われつつ(汗)勤務時間中に他部署の対象職員と一緒に(組合員である)被爆者宅へ赴いて約30~60分ほど被爆体験をインタビューした後は、組合員ならびに(○○医療生活協同組合の)理事である(日○共○党所属の)某市議会議員と一緒にお喋りしつつも職員を洗脳する時間が充てがわれていますた(爆)…職場外においても理事・組合員に迎合する内容を発言しないと公開処刑という憂き目に遭いますし、某市議会議員のように悪質行為を受ける可能性も非常に高いので神経をすり減らしますたヨ(苦笑)。

 

元勤務先[僻地病院]・現勤務先において「戦争/平和・医療」を結びつける内容の職員教育を受けた経験は全く無く 理学療法士のみを対象としない研修会・学会等でも同様の状態にあります…被爆体験の聴取により提供する医療/理学療法のサービス向上等が図られるとは到底考えられませんし、仮にサービス向上が図ることが可能であれば既に学会・研修会等において何らかの教育プログラムとして組み込まれているでしょう…被爆体験を聴取しても直接的・間接的に医療に役立っていない事実を踏まえると職員教育として日○共○党の洗脳行為が組み込まれていることに疑いの余地が無さそうですわwww。
コメント

警察庁・公安調査庁の某監視対象団体と同じ赤色ではありません(怒)

2016年09月14日 23時00分00秒 | 自転車
  

雨天時を除いて往復_約40kmのジテツウをしているワタクシですが、約3週間ほど前に通勤用自転車/ロードバイクが金属疲労によるフレーム破損のため使用不可に(泣)…大学合格祝で購入してもらったチタンフレームのロードバイクがリコール対象品であったため約4年前に新品と交換してもらった一方、約2年前にあった自動車との接触事故によるダメージが今頃になって出現したみたいです…通勤用自転車/ロードバイクの確保が喫緊の課題であるため鬼嫁に土下座して何とか新しいフレームorロードバイクを購入して貰うことになりますたwww(嬉)。

  

偶然にもサイクルショップに在庫があったので約1~2日ほどで組立・納品可能であった一方、仕事の都合により新しい通勤用自転車/ロードバイク引取のためサイクルショップを来訪できたのは「2016BRM902岩国600km」のスタートする数時間前だったりします(汗)…フレームカラーに関しては赤色or黒色の2色のみ選択可能ですたがサイクルショップ・メカニックのアドバイスもありTrek-Segafredo team & 広島東洋カープと同じ赤色をチョイスしますたが、臍曲がりなワタクシは「日○共○党の赤色と同じなのは嫌だな~」といふと「一般的には広島東洋カープ&(JR西日本/227系電車の)Red Wingの赤色を連想すると思いますし、フツーに考えれば(警察庁・公安調査庁の監視対象団体である)日○共○党の赤色なんて連想しませんよ」と言われますたけど(爆)。



自転車ショップのメカニックと馬鹿な会話を交わした約3週間後には案の定なことが…「東京ドームが赤色で埋め尽くされるのは良いものだ」と日○共○党の幹部である某書記長が発言したみたいですが、コトナなワタクシとしては声を大にして申し上げたいですわ(怒)…ワタクシの通勤用自転車/ロードバイクは国旗/日の丸・Trek-Segafredo team・広島東洋カープと同じ赤色だけど(血で塗りたくられた歴史のある)
「日○共○党の赤色と同じじゃないわい(怒)」
コメント

看護学生には優しく対応してね(泣)

2016年09月11日 23時00分00秒 | 現勤務先あれこれ
 

自分自身よりも約10~15歳以上(約50歳くらい?)の年上&熟女(?)な看護学生を指導した際に泣かれてしまいますて、看護学生が配属されている病棟の看護師長から苦情・クレームを言われて激昂しつつも凹んでしまったワタクシでございますorz…リハビリテーション・理学療法に対して誤った認識等が認められたため誤認内容を修正しただけなのですが(汗)。

法人内の看護学校からはカリキュラムに定められた学外実習/病院実習のため毎月のように看護学生/実習生が来ます…(実習生の)受持患者に対して理学療法・作業療法等の指示/実施されている症例の場合、(ワタクシ自身の注意散漫等により安全性確保が困難 あるいは 治療困難な状況下に陥ることを防止するため ^_^;)ワタクシが看護学生の見学拒否するものの強引に理学療法を実施する様子を見学しようとするため(汗)看護学生/実習生には質問等を投げ掛けて学習効果を促すフリをしつつも受持患者からの注意を逸らせるという姑息な行為をしておりますwww。



先週に関しては業務多忙により集中力低下&インシデント・アクシデントを発生させやすい判断されたので全力で見学拒否したいと考えていた一方、受持患者の理学療法見学を容赦なく看護学生が要求して強引に見学するためコトナなワタクシとしてはイライラがMAXにorz…その最中に前述の看護学生が見学していた際に「リハビリテーション≠理学療法ではなく全人間的復権or社会復帰だよ」と説明したところ「リハビリテーションは社会復帰であることは知っています」「あらゆる患者に対して社会復帰のために理学療法が必要ではないのか?」と誤認された内容等を返答されたため、イライラMAXのコトナなワタクシとしては知っている限りの知識で看護学生を木っ端微塵に論破して泣かれてしまいますた結果、熟女な看護学生の指導を担当している看護師より病棟看護師長へ伝えられてクレームを言われてしまうといふ(泣)。

(正確では無い部分も多々ありますが)リハビリテーション≒全人間的復権/社会復帰といふ意味であるため、例えばアルコール依存症・薬物依存のリハビリテーション/社会復帰に関して述べると身体機能の回復等を図る理学療法士の必要性・介入意義等は非常に低いと考えられる一方、高次脳機能障害・精神障害に対する回復/改善等を図る作業療法士・臨床心理士・精神保健福祉士の役割・重要性が高い現実等を踏まえると「リハビリテーション/全人間的復権・社会復帰には必ずしも理学療法を行う必要ない場合がある」と愚考します…そのことに関する説明等を(前述の)熟女な看護学生に行ったものの理解できずに泣いてしまったようですwww。



看護学生の指導担当看護師からは「看護学生には優しく接してあげてね」と言われ(なんちゃってリハビリを促進する)作業療法士の上司からは「もっと優しく言葉掛けしないと」と言われますた…ワタクシも普段は看護学生に対して厳しい言動では無く非常に優しいのですよ…
「20歳代のカワイイ看護学生に対してはね(爆)」
コメント

2016BRM902岩国600km_DNF編

2016年09月04日 23時00分00秒 | 自転車


過去のサイクリングイベント・ブルベにおいて一度もDNF経験の無いワタクシが今回は中国山地の山奥にてサイクリスト人生で初となるDNFをブッこいてきますたよん…その経過を極簡単に記載したいと思いますwww。



今回のスタート地点は7月開催の「2016BRM702岩国400k角島」と同じく「潮風公園みなとオアシスゆう」ですがスタート時間は午後10時00分なので、良い子が寝ている時間に中年のオッサン連中は半パン&工事関係者風の姿で集合しておりますたよwww…開催前日になって発生した台風12号の影響によりコース変更されたため受付時には変更されたQシートが配布されていたことに加えて ブリーフィングも普段に比べると少し丁寧な印象ですた…スタート時点では「もしかしたらPC4 or PC5あたりでタイムオーバーにてDNFになるかもな~」とは思っていましたけど。



スタート~約15km地点までは平地区間なので集団走行となります…所属チームの朝練で一緒になるMさん&今年の宮トラ(はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会2016)にて総合成績が2桁台でゴールした実績を持つガチオ君が鬼曳きしていきますが約2~3%の勾配でも速度を緩めないため一気に集団はバラけてきます…ワタクシも千切れてしまい一人旅になりますが工事の信号待ちをしているところでTKKNさん&KNSNさんが追い付いてきましたので3人一緒に走っていきます…少しするとコンビニ前にて待っていた(TKKNさんの同僚?である)ガチオ君が合流して4人で再スタートしますがヒルクライムを含めた上り区間では必ず3人となって下り区間の途中でガチオ君が合流することを繰り返します。



スタートして約2時間40分ほどで最初のチェックポイントであるポプラ湯来店に到着して素早く軽量化&補給を済ませますが、再出発前に落ちている1000円札を発見しますて「ブルベ参加者が落とした現金だ」と思いこんでいたワタクシは所有者探しに思いがけず時間を浪費してしまいますた…その間にガチオ君&TKKNさんは再出発していたので急いで追い掛けるといふ事態に(泣)…ガチオ君の鬼曳きにより難関の一つである中国山地ヒルクライムの麓部分にある安芸太田町(旧加計町)のコンビニへ到着して塩&芍薬甘草湯等も含めてガッツリと補給をしてヒルクライム開始です(泣)。



ひたすら街灯の無い国道を上っていきますが 熊の出没情報が多数ある中で暗闇からガードレールを叩く音が聞こえると思わず錫杖の如くクマ除け鈴を鳴らして応戦します(爆)…しばらくすると民家が散在するエリアに入って少しだけ一段落しますが、道路沿いにある温度計は気温16~17度を示しているので 寒くて立ち止まっていることは出来ないため休憩もソコソコに先を急ぎますと元勤務先[僻地病院]時代に診療支援(?)のためムリヤリ行かされていた町立診療所がありますので玄関前で記念撮影です…現在は在宅緩和ケアにて全国的に有名となっていますが現所長の取り組みよりも前所長による影の功績が大きいのですけどね…広島県・島根県の県境では御約束の記念撮影をします(苦笑)。



県境からのダウンヒルの途中でDNFとなるアクシデントが起きますた…ダウンヒルの途中でワタクシの後方を走っていたKNSNさんから悲鳴(?)と大きな接触音がしたため後方を確認するとKNSNさんが落車していたので驚いて直ぐに駆け寄ります…振り返ると(詳細は未だに不明ですが)KNSNさんの自転車前輪とワタクシのDomane後輪が接触して落車され様子でしたが、ワタクシの自転車を確認するとエンドが折れて変速機がヘンな位置にあるといふ(泣)…自走不可の状態なので浜田市内にあるKNSNさんの実家にレスキューの電話をすることになりますが時計を見ると午前4時40分であるため数時間は迎えに来られない可能性が高いと判断したワタクシはチェーン切断&シングルフリー化による応急処置を行ってPC2&高速バス乗り場のある浜田駅前まで移動することを決断します…何とか作業は完了した頃にKNSNさんの実家からレスキューが到着するものの自転車2台の積載は困難であると思われたためレスキューは丁重にお断りして再びKNSNさんと一緒に時間を掛けて浜田市内へ移動します。



アクシデント発生場所にてDNF宣言したものの何故だか制限時間内にPC2へ到着しますたワタクシたち(爆)…PC2には参加者は数名おりましたがアクシデント発生現場にて絆創膏等を提供して下さったPANAランドナー氏に(健闘を祈りつつ)手持ちの羊羹を渡してDNFしたワタクシは浜田駅に向かいまして高速バスに乗車して何とか自宅に戻ることができましたwww。

このアクシデントが無ければPC2には約120~140分ほどの貯金を持った状態でブルベ競技が続行できたことに加えて「もしかしたら完走できたのではないか?」と思うところもあり非常に悔やまれるところです(>_<)…SR取得は来年以降にお預けになりましたが 来月の300kブルベでもアクシデントが発生してしまうのか?と悶々と心配するワタクシでございますwww。
コメント (4)