コトナな理学療法士ツネさんのブログ

理学療法士であるツネさんの出来事・考えていること等々を徒然なるままに書いています。

2018BRM630福岡600㎞小倉・長崎_DNS編

2018年07月04日 23時00分00秒 | 自転車
 

何気に「600㎞ブルベだけでSR取得」を目論んでいたワタクシはサービスコースとも言ふべきルート設定である2018BRM630福岡600㎞小倉・長崎にエントリー&参加する予定でおりますた(苦笑)…(開催日の)前日まではオンルート上は「曇 時々 雨」の天気予報であったので大雨の中で出走する可能性は低いと判断して、現勤務先の上司・同僚に担当している理学療法学生/実習生の指導をを押し付けつつ(苦笑)前日は少し早めに退勤してスタート地点のある小倉駅へ向かいます…今回は(広島~小倉間ノンストップの)のぞみ号をチョイスして車掌や車内販売のオネエサマの迷惑そうな表情・態度を省みずに運転席後部の車両デッキに自転車を置いて初めての新幹線輪行するワタクシ(爆)。

 

(宿泊する)ホテルにチェックインした後は小倉駅前にある商店街へ繰り出して「替玉1杯10円」の看板のあるラーメン屋に入りまして(笑)5玉も替玉を胃袋に収めてカーボローディング完了です…ホテルに戻った後はロビーに自転車を置かせてくれない腹癒せに部屋の中でチェーン油を絨毯に擦り付けつつ(爆)出走の準備をします(苦笑)。



翌朝5時過ぎに起床すると(窓を完全に閉め切っている)ホテルの部屋に伝わるくらい強い雨音がするので恐る恐るカーテンを開けて外を見ると(約20~30㎜/h程度と推定されるほどの)土砂降りではないか(滝汗)…しかもNHKの天気予報を見ると(コース上は)夕方くらいまで降雨の予報&(ホテルのある)小倉市周辺は大雨警報も発令されている状況であることに加えて(スマートフォンにてウェザーニュースの)雨雲レーダーの予報を確認すると大雨の中を最低でも約3時間ほどは走らないといけない…広島HEAVEN WEEKのBRM501広島600㎞須波・徳島&BRM505広島・須波・四国カルストにて約7~8時間ほど土砂降りの中を走行したことがフラッシュバックして「土地勘の無い場所で下手に出走して命の危険に晒される可能性がある」と判断してDNSを決断します…そして直接DNSを主催者側へ伝えるためスタート地点に向かいます。

 

受付開始時刻の約30分以上も早い時間帯であったにも関わらずスタート地点には主催者/コース担当者が既に待機されていたのでDNSを伝えつつ出走する参加者の装備を見るため待機していると 土砂降りの中でも出走しようとするSuperヘンタイさんたちが続々と集結してきます…しかも「昨年の台風ブルベのときに比べたら全然マシだよ」と豪語しているケンセイさん&チエさんの姿まで(白目)…装備を見ていると①頭から足先までフルレインウェアというパターン ②泥除け&上衣のみレインウェア着用というパターンの2つに大きく分類されていたように思いますが、恐らく雨が止んだ後にコインランドリーに駆け込んでウェアを乾燥させて再出走するつもりだと推定されますた…それ以前に顔触れを見ると1200㎞ブルベや台風ブルベを完走した猛者ばかりではないか(汗)。

 

その後はケンセイさん&チエさんを見送った後はホテルに戻ってチェックアウトの手続きをして小倉駅に向かいます…小倉駅前では帰宅途中の主催者/コース担当者と少しだけ話を致しましたが「今年からはAJ福岡の代表交代に伴って小倉駅前を出発するコースを新たに設定することで県外からの参加者を取り込みたい」意向があった一方、「今回に関して開催中止を検討する程の大雨だったので参加者の安全確保を考えると悩ましい状況だった」と聞かされますた…ブルベは自己責任が求められるとは言えども一度、事故やトラブルが発生すれば何かしらの責任を主催者側も負う可能性が極めて大きいことを感じさせられますた…新幹線に乗って帰宅後に再び雨雲レーダーを見るとルート上は雨が止んでいるらしく「やっぱり出走すれば良かったかな~」と後悔&悶々とした週末を過ごさせて戴きますたが、大雨&灼熱ブルベとなりDNFも続出したことを踏まえるとDNSで正解だったとココロの中でガッツポーズを取ったのは秘密です(爆)。
コメント