群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 遅くなりましたけど11-12Ver2.0のプレイ記録。

 初日はいつものプラボ太田へ午後7時頃に行ってみて先客は6名ほど。最近のバージョンアップ初日はいつもこんな感じですね。空席だったのは1・2サテ。1サテはプレイした形跡があったので2サテでプレイ。

 ロケテなどの話に風聞していた通り、Ver1.0とはかなりの差異がありますね。
 ちょっと長いですけど、以下プレイしてみたレポートみたいなもの。


※ゲームの個人的な印象と感想

・ドリブル
 足元からボールがあまり離れない?という感じで、高身長選手でもわりと良いドリブルをしてくれる。
 ゲーム全体の調整のためか、ドリブルのスピード感が落ちているという印象を持つ。
 クリロナなどの超人ドリブラーが問答無用で突破してレッテー・・・という一辺倒なゲームではなくなったかも。

・パス
 味方に届かないショートパスが多々見られる。太線以上の選手同士でもなるので連携云々じゃない。KP戦術やカード配置で改善されるか一考すべきか。
 黄金連携だと非常に早いグラウンダーのパスが出るようになります。どう考えても間に合わない縦パスやタッチラインを割るパスもよく出ますが、前線にいる3人ぐらいで高速のパス交換をして裏に抜け出して決まった時は非常に楽しいですね。

・クロス、CK
 守備有利になった印象。今まで置き物になっていたCBがクリアしてくれる頻度が非常に高くなりましたね。特に背の高いCBは攻守で活躍してくれるので、190センチ台の選手を1人入れておいて損はない。
 攻撃側から見るとクロス精度の高い選手じゃないと簡単に弾き返されるので、クロサーの人選が重要になってくるかもしれませんね。アーリークロスとか高速クロスが出せるWWFベッカムがまたいい感じになるのかも。

・シュート
 ボタンへの反応が若干鈍いか?と思うぐらいで、その他はたいして変わらない印象。ただし、GKのセービング頻度が多くなったので体感的には決まり難くなったと感じるかも。
 振りぬいた脚のシュートモーションとボールの軌道が合わないのは仕様なので諦める。

・DF
 棒立ちはなくなったものの、無駄な動きをして結局通してしまうという不可解な現象はある。それでも競り合いだったりクロス処理だったり、総合的に見るといくらか良くなっているように感じる。
 それと、CBの選手がボールを奪取するとそのままサイドから持ち上がっていくシーンが結構見られました。そんな指示出してないです。マジで勘弁してください。

・GK
 シュートに対するセービングが非常によくなりました。ただしCPUチームにも反映されているので、超反応で弾かれて非常に厄介な感じではあります。
 セービングがよくなったのとは逆に、クロス処理に対する挙動がよくない。CKやクロスを上げられた場合、数的有利があればDFに処理を任せてGKは置物にした方が確実かもしれない。
 FKにたいしても反応がよくないです。PSGのアレックスにミドルレンジからのFKを決められました。まあ、これはGKによる差異あるかもしれませんがね。
 GKは反応が良くなった、と言うよりも、ボールに対する接触判定が広くなった、というのが正しいのかも知れませんね。シュートに反応しない時は微動だせずに見送ります。

・スタミナ
 全体的に消費が遅くなった印象。CB陣が特に顕著。14前後しかない選手は後半交代必至でしたが、フル出場してもまだ余っていることがあります。主に使ったプレス系の守備戦術でこれですから、相当に改善されていると思われ。

・フェイントモーション
 数がだいぶ増えました。以前のような強引なドリブル突破がし難い代わりに、こっちで抜いていくという感じですかね。


※使用した個々の選手の感想

・ルーニー(11-12黒)
 凶悪度が非常に増しました。ボールキープ力はもちろん、固有のフェイントモーションで軽々と中央突破してくれます。黒で。やばいルーニーやばい。

・ファンペルシー(EUS)
 ドリブルでDFを抜けるようになりました。シュート力も抜群。FKが凶悪のレベル。

・カガワ(WOS)
 ドリブルで抜けるのは若干厳しいところがありますが、パスを受けて「使われる」分には非常に良い動き。

・スコールズ(11-12白)
 ドリブルでサイド突破からのクロスが非常に上手いです。守備面でも並走しながら腕を使ってボール奪取してくれるので、攻守で安定感のあるカード。

・ギグス(10-11白)
 こちらも腕を使った並走からボール奪取する守備が秀逸。腕を使う守備はテクニック値とかも関係する?

・ファーディナンド(08-09黒)
 クロスを弾き返しCKでは得点源。ボールを持っても再奪取されることもなく、非常に安心して見ていられる選手になりました。それ以上にスタミナが1試合余裕で持つファーディナンドとか胸熱。

・クローゼ(GES)
 足元はまあまあながら、突破力は悪くない。シュート精度は抜群。バージョンアップで恩恵を受けた選手。

・M・ゴメス(GES)
 バージョンアップで恩恵を受けた選手その2。ドリブルで突破できる選手に。サイドに流れてクロスを上げるなんて芸当も出来て何気に守備もしてくれる。今回の追加キラはストライカーという感じですが、GESはなんでも屋という感じ。

・フンメルス(11-12黒)
 DEF値は18ですが、実質はそれ以上の守備力。スタミナが低いのがネックでしたが、1試合はどうにかもちます。
 頼もしいDFではありますが、リアル同様時々やらかします。2試合連続でPK献上で赤紙とかマジ勘弁。



 聞いた話や実際にやってみた感触だと、クリカカやクライフなどの超人ドリブラーでゴリ押ししていた人には面白くないバージョンの様ですね。爽快感は確実に落ちていると思います。

 代わりにパスワークなどでいかに崩すか、という方に重点が置かれているに感じます。対人戦もクリカカの突破より、パスで繋いでくるチーム戦術の方が手強かったです。


 Ver1.0との違いにかなりの賛否あるようですが、ここ何シーズンか通用していた戦術が上手くいかなくなるのですからそりゃ文句は出るでしょうね。流行りの人選や戦術をある程度バランス調整するのもメーカーの仕事なわけですから、このあたりはテンプレな人選とフォメを使う上でのリスクみたいなものですね。「~が使えなくなった」ではなく「~も使えるようになった」と前向きに解釈した方が建設的。

 とはいえ、Ver1.0と2.0ではかなり違うゲームになった感はありますね。これほど大きく変わったのは02-03のVer1.0から2.0になった時ぐらいですかね。06-07から07-08も大きく変わりましたが、難易度が上がったという点ではやはり02-03のマイナーチェンジ時並みか。ウェアに吹っ飛ばされるカンナバロとネスタの悪夢が蘇ります。


 稼働初日から3日ほどプレイし、育成が終了したチーム(80試合消化)と、育成段階(20試合消化)の2チームで合計44クレほど回してみました。

 集計してみた戦績を見ると35勝1敗8分。獲得タイトルにICC含む。
 最後のCPU戦で負けてしまいましたが、対人戦を含めて43戦負けなしはバージョンアップ直後の戦績としては自己最多記録(たいていバージョンアップ初戦で負ける)。

 個人的にはこのROMはやり易い方です。個人能力よりもパス重視のチームを作るのが好みなので、そのあたりが上手く合致したようです。
 やり易くはあるんですが、チーム起ち上げ直後はかなりきつそうだなーとは思います。パスがつながらないと勝負にならないうちは特に。


 ゲームの感想はこんなところにして、引きの方。

 初日に引いた初追加カードはこの人。





 10-11の時にアンカーで使いましたねこの人。ドリブルでっけーぐらいしか覚えてません。

 その少し後に引いた初JTはこの人。





 背番号4になった本田さん。
 10-11とCSKA版と同じ数値でしょうか。10-11ではドリブルが大きくてどうにもならないカードでしたが、このバージョンではどうでしょうかね。新JTがある程度貯まったら代表で起ち上げてみたいと思います。

 この他に引いたのはコリンチャンスのパウリーニョとゲレーロ。合計4枚

 数字でいえば44クレ中4枚。

 レアを除いた通常排出のカードは今回の追加と新JTを合わせて449枚。そのうち追加・JTは65枚。率にして15%弱ですから、少々引きが悪かったかなという感じ。JT揃えるの大変そうですね。

 3日間で引いたキラはこの人のみ。





 欲しいのはこのATLEじゃない感が半端ない。持っていないことだけが救い。


 今回の追加カードは目玉らしい目玉がないという評価のようですが、排出期間を考えるとMVPイニエスタはそこそこの値段で落ち着きそうな気がします。Ver1.0でも持っていないカードの方がはるかに多いので、気長に集めるとしますかね。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 11-12Ver2.0稼働当日になりました。



 ※カードのネタバレなので、知りたい人だけどうぞ。


 大昔、三国志大戦で公式ページで排出前の新カードが見れるという大チョンボがありましたが、WCCFはカード公開が遅らされていたのでそういうことはありませんでした。

 でもWCCF.NETの方はどうなんだろ?と思って少し調べてましたが、前日まで見ることはできず。

 ただ、稼働当日になったら解禁されるんじゃないか?と思って日付変更後に見てみたらありました。新キラ。


 今のところカード画像が確認できたのは、


MVPイニエスタ

ATLEウィンターバーン
ATLEハッセルバインク
ATLEリードレ
ATLEベルトルト
ATLEポール・インス
ATLEアルディレス


EUSドビュッシー
EUSレバンドフスキ
EUSマリオ・ゴメス
EUSカシージャス
EUSセスク

WOSカッシオ
WOSソング
WOSルガーノ
WOSパストーレ
WOSサネッティ
WOSドログバ
WOSミリート


 画像は見つからなかったものの、フライングされた今週のファミ通に掲載されていたのが、

ATLEジルマール
ATLEウーベ・バイン


 EUSはあとアザールとコンパニが公開済みですから、EUS・WOSは全部判明したみたいです。

 ATLEはあと2枚?

 JTの新カードだと酒井高・高橋秀・水本を確認。再登場で細貝確認。

 酒井高 12/12/12/14/15/15 80
 高橋秀 11/14/14/14/12/15 80
 水本  09/16/11/14/14/15 79


 このATLEで大丈夫なのかVer2.0・・・。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )