群馬でWCCFを
「World Club ChampionFootball」を群馬でプレイした視点から綴る考察日記




 Ver2.0の稼働が5月16日と公式にアナウンスされました。

 ロケテ再開で稼働時期延期か?とも思われましたが、当初の予想通りの日程になったようですね。

 電撃アーケードの表紙で既にWOSドログバ・WOSカッシオ・EUSアザール・EUSコンパニがネタバレしているようですが、目新しい追加カード情報はそのあたりぐらいでしょうね。追加チームの選手があと何名か公開されるかもしれませんが。

 WCCFのモニターでも告知されていますが、今回はバージョンアップがこれまでのそれと大きく違うのは、WCCFで初めて「排出停止」があるという点ですね。
 JT27枚が一新され、本田・酒井高・酒井宏・清武が登場するようですね。枚数的には17枚程度になるとか。

 JTは全くコンプしてませんが、プラボ太田階下のリサイクルショップで200円程度で販売されてるのでいざとなったらそちらで調達しときます。

 おそらく追加されるであろうATLEについては情報が出てこないですが、こちらはお楽しみと言ったところでしょうか。
 去年は背番号7を前面に出して目玉のカントナをアピールしていましたが、今回もそんな感じでしょうかね。

 今回のテーマはドイツですが、必ずしもドイツ人とは限らないんですよね。カントナがそうだったように。
 「9」だったらバティストゥータ、「10」だったらバッジョといったところでしょうかね。でも一番ありそうなのは「13」でミュラーかしら。ドイツ人だけど。

 追加選手全体で見るとドイツ人多めでしょうかね。出ていない有名どころだと、

・ミュラー
・ルンメニゲ
・ザマー
・シューマッハー
・ネッツァー
・シュスター
・メラー

 02・06頃のドイツ代表から排出だとノヴォトニーとかか。フリンクスは11-12じゃ現役なんですよね。

 ドイツ以外の選手だと見当もつかないので予想の仕様がない。ただ、ウィンターバーンを出してフェイマス4を完成させるんだろうなとはなんとなく予想がつく。どんな選手かよく知りませんが。



WCCF 11-12Ver2.0追加リフィル

 バージョンアップ稼働日確定でバインダーの追加リフィルの予約も始まったみたいです。


WCCF IC 2011-2012 Ver.2.0 オフィシャルカードバインダー用追加リフィル|アルカディ屋
http://ebten.jp/ar/p/4974365703509/


 恒例のエクストラカードも付属するようですね。





 髪型と身長などのシルエットや「古巣復帰のレジェンド」といった謳い文句からするとMLS在籍のアンリで間違いなさそうですね。

 遂にアンリも漂白ですかそうですか。全白フランスが益々捗って胸熱。

 数値的には17/5/17/14/16/12 81ぐらいですかね。
 使用感次第では廃人様の控え選手の一角を埋めるぐらいにはなりそうですが、F・トーレスのように「スピードが落ちると微妙な選手」という評価になりそうな気がしなくもない。

 そういえば10-11の追加リフィルのEXだったWGKバイデンフェラーさんですが、リサイクルショップで6Kとかべらぼうな値段がついてたんですが、これは希少価値のお値段?

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 一度食べてみたいと思っていたガリガリ君コンポタ味を食べましたが、一度食べれば十分でした。コーンがヤバイ。


 なんかとんでもない雑誌に稼働時期のネタバレがされたみたいですね。

ケロケロエース | 角川書店・角川グループ

 実物は見ていませんが5月中旬と書いてあるみたいです。
 ケロケロエースなんて雑誌があること自体知りませんでしたが、角川系列の雑誌でエースが付くってことは少年エースの姉妹誌ってことでいいんでしょうか。表紙を見る限り小学生向けの雑誌と言う解釈でおk?

 サッカー雑誌とかゲーム雑誌とかならまだしも、こういう雑誌にまで最速の告知が載りだすと、一体どこまでチェックすればいいのかわからなくなりますね。ケロケロエース掲載でWCCFが小学生もターゲットにしていると正式に認めたわけですから、「小学○年生」シリーズとかに掲載されても全然不思議じゃない。
 それにケロケロエースってTCGの付録カードが付いているみたいですね。いずれこの雑誌からも光ったあの選手や若手のあの選手・・・が出たりするんだろうか。


 ・・・・とここまで下書きして何日か放置していたら、Ver.2.0ロケテが再開したそうで。
 その上、隔月発刊になったアルカディアの最新号に「今夏稼働」という記述があったとか。

 なんだか5月中旬稼働が怪しいみたいですね。久々に告知した稼働スケジュールが遅れるのは「俺達のセガが帰ってきた」ぐらいで笑って済ませられるレベルですが、ケロケロエースは掛けた梯子を外された感じでちょっと気の毒。チビッコユーザーからの信用ガタ落ちじゃないですかセガさん。


エクストラ

 普段スルーしているWSKを購入。カンビアッソが光る日が遂にきたんですね。胸熱。
 あくまでエクストラですが、これまでのセガの冷遇査定から考えれば十分か。アンブロジーニは完全にタイミング逃しちゃったよなぁ。


 カンビアッソとは別に、先週末はエクストラカードを1枚購入。

 プラボ太田の帰り道はほぼ毎回、階下のガラクタ鑑定館へ立ち寄るわけですが、この日も第9弾エクストラの値段を確認するため立ち寄る。

 ショーケースのエル・シャーラウィは相変わらず並みのカードの10倍ぐらいの値段が付いているわけですが、それでも初値の9k台から6K台まで値下がり。全然お安い感じはしませんがね。

 コラロフとかイスラとかざっと確認し、その隣にもカードが追加されているのに気づく。






 EXTRA エンリケ・イラーリオ \1680



 速攻で確保。

 見逃すとこの先いつ店頭に並ぶか分からないカードなので、値段はある程度度外視。翌日オクなどを調べましたが、底値でも2000円は下らないようだったので、それなりにお買い得だったようです。

 今回のエクストラでもっとも需要と希少価値が出そうなのがこの人。
 イスラ、アドリアーノのレアはコレクションの域を出ないカード。コラロフは、まあマンC選抜でもしない限り必須選手でもない。シャヒンもフェイエ版ながら白が存在するカード。レアルユニは無視できない要素ですが、トルコ国籍縛りでもしない限り需要があるわけでもなさそう。
 今エクストラの目玉であるエル・シャラーウィも次のバージョンで確実に排出が見込めるカード。黒化する可能性は十分ありますが、この先も唯一無二のカードではなさそう。

 イラーリオは言い方は悪いですが、チェルシーにいる限り再度カード化される可能性がほぼない選手。
 そして唯一のチェルシーの白GKでポルトガル人の白GK。この先同様の経歴の選手が排出されないとも限りませんが、現在のところオンリーワンの選手。確保しといて損はないですね。

 今のところ起用するとしたら、

・チェルシー(全白・チェフ抜きU5)
・全白ポルトガル国籍

ぐらいでしょうか。チェルシーは白になったあの人がいますけど、ポルトガル人の白FWって本当に少ないのね。ナニのFW起用とかしないと足りないじゃん。


惡の華

 前にもちらっと書きましたが、地元がモデルのアニメが今夜から放送されます。
 最速がアニマックスで、群馬テレビでも月曜24:30から。佐伯役が日笠陽子で仲村役が伊瀬茉莉也とか俺得。

 先月地元で第1話の先行上映会があったそうで、監督がトークショーで2期も考えたいとか言ったとか。あの原作どこまで放送すんだよ。

 説明に「ロトスコープ」で制作とかありましたが、何年か前に「魔法遣いに~」でやったあれですかね。実写トレスはあんまりいいイメージがないですが、原作が背景実写トレスなんでそういう感じなのかしら。


 で、今さっき1話観終わったところですが、なんかすごいものになっとりますね。人の好き嫌いがはっきり出ますねこれ。原作のイメージで入ると大ダメージ。

コミックナタリー - [Power Push] アニメ「惡の華」原作者・押見修造と監督・長濱博史が対談 (1/3)
http://natalie.mu/comic/pp/akunohana

 原作者の対談にもありますが、確実に視聴者を殺しにかかってますから。


 地元だし、せっかくだからそのうち聖地巡礼的なことでもやりますかね。


 近所すぎて市内周回レベルですが。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )